【2018】ズールー族伝統のリードダンス!動画で文化的迫力をおすそ分け

【2018】ズールー族伝統のリードダンス!動画で文化的迫力をおすそ分け

南アフリカでズールー族と同居していた、きたむ(wakajps)です。

先日、アップしました記事(【2018】処女ダンスと揶揄される「リードダンス」に潜入!写真つきでレポート)のとおり、ズールー族のリードダンスに潜入してきました。

記事内で写真を紹介しましたが、実際のダンスの動き、独特な音楽、写真だけでは雰囲気が伝わりにくい部分があるなぁ..と。

きたむ
きたむ
動画でその迫力も観ていただきたい!

というわけで、本記事では、YouTube動画つきでズールー族のリードダンスを解説していきます。

周辺の道路を練り歩き、踊るズールーの少女たち

撮影場所は、会場の前の道路です。

ズールーの少女たちがいくつかのグループにわかれて、掛け声をかけながら行進しています。

会場の中ではズールー少女数万人規模の全体ダンス!

 

会場となる大きな敷地にズールー少女たちが集められ、ダンスを踊ります。

映像には映っていませんが、少女たちの視線の先にはズールー王がステージ上に待機しています。ズールー王に向けたダンスであることが読み取れます。

映像の流れている歌は、どこか懐かしさをおぼえるようなメロディ。個人的に気に入っています。

ズールー少女たちによる個人のダンスの見せ場も!

リードダンスというと、集団でのダンスがイメージが強いですが、個人ごとのダンスを披露するシーンもありました。

全員ではないですが、少女が前の方に呼ばれそれぞれダンスを披露。

ズールー族のダンスの特徴は、足を高く上げて勢いよく振り下ろすダンス。足をいきおいよく地面に叩きつけるので、

きたむ
きたむ
足めっちゃ痛そう!

文化祭のよう?ズールー少女たちの退場シーン

一通りの演目を終えると、ズールー少女たちが端のほうから退場していきました。

プログラムがしっかり組まれているようで、大規模な文化祭のようにも見えました。

事実、各学校ごとに衣装やダンスが異なっています。各学校で出し物を決めるように準備しているのかなぁと想像してみました。

近くに寄ってみるとさらに迫力が…!

きたむ
きたむ
独特なリズムの取り方と音楽が良き、です。

相手の文化を知り、自分の文化を再確認

今回のズールー族のリードダンスへの潜入。自分の中でインパクトのある体験でした。

観たこともないような強烈な文化体験は、非日常さを提供してくれるだけではなく、自分の文化へのアイデンディを与えてくれるものだと思います。

きたむ
きたむ
ぜひ機会があれば、現地で感じ取っていただきたい…!

以上、きたむ(wakajps)でした。

【2018】処女ダンスと揶揄される「リードダンス」とは?潜入してきた
【2018】処女ダンスと揶揄される「リードダンス」に潜入!写真つきでレポート南アフリカ共和国にいます、きたむ(wakajps)です。 『処女ダンス』って知っていますか? 「処女ダンス」は正式に...
ABOUT ME
きたむ
アフリカではたらくフリースタイルジャパニーズ |三度の飯と写真|87年生の伊豆下田育ち→大学職員人事→ 南ア現地NGOでICT・マイクロファイナンスを軸に活動中|キリマンジャロ登頂|スマホ歴12年|旅行14カ国|仕事7カ国|<プロフィール詳細>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!