WordPressテーマをJIN(ジン)に変更!デザインのテンプレートが豊富!

WordPressテーマ「JIN」に変更

きたむ(@wakajps)です。

新しくWordPress(ワードプレス)テーマを購入しました!そして、移行作業を終え、このページはすでに新しいテーマに切り替わっています。

今回、購入したのは『JIN(ジン)』という有料のテーマ。

きたむ
きたむ
デザインと機能性に一目ぼれしたのが、購入にいたった理由です。

謳い文句に”真の使いやすさを追求したWordPressテーマ”とだけあってかなり使い勝手が良いです。それでもっておしゃれかつシンプル。レスポンシブ対応なので、パソコンからだけでなく、スマホ・タブレットユーザーにも見やすい設計。

ちなみに、以前は『ハミングバード』というテーマを使っていました。ハミングバードの使い勝手はもの凄く良かったのですが、流行っているテーマ『ストーク(STORK)』とデザインが似たり寄ったりになってしまっていました。

購入してまだ数日しか経っていませんが、このデザイン性、機能性からして、おすすめのワードプレステーマと言えるでしょう…!

きたむ
きたむ
CSSをいじる必要がないので、特に初心者の方に!

ハミングバードは、内部的にはストークとほぼ同じコード的が組まれているので、本記事の内容は、ストークユーザーにも当てはまるかと思います。

WordPress有料テーマ『JIN(ジン』とは?

「JIN(ジン)」はアフィリエイトのためのノウハウが凝縮されたWordPressテーマです。

ひつじ(@hituji_1234)がこれまで培ってきた「アフィリエイト」と「SEO対策」の知識を集約して、売れるサイト作りを後押しできるテーマに仕上げました。

テーマ制作(プログラミング)はATLASの開発者でもある赤石カズヤさん(@cps_kazuya)の協力を得ています。

引用:「JIN(ジン)」の特徴|アフィリエイトのノウハウが凝縮されたWordPressテーマ

きたむ
きたむ
ひつじさんというのは、どうやらアフィリエイト業界で有名な人物らしい。そんなひとが作ったテーマなのなら、きっといいものに違いない!

WordPressテーマ『JIN(ジン)』の良い点・メリット

記事のピックアップ機能が斬新!

まず目につくのが、記事のピックアップ機能。これまでのWordPressテーマではほとんど見ることがなかった機能です。

本Webサイトのトップページからも見ることができますが、ざーっと見た時にぱっと目につきますよね。注目してもらいたい記事を見てもらいたい!というときに、特に効果的かなと思います。

JINはテンプレートではいっている見出しのデザインが豊富!

H2~H4の見出しをワードプレス上の『カスタマイズ』から選ぶだけで、デザインを変更することができます。

ハミングバード時代は、自分でCSSをいじる必要がありましたが、JINの場合は、テンプレートでH2(8種)、H3(5種)、H4(4種)からデザインを選ぶことができます。数クリックで見出しをチェンジできるのでこれはとても便利。

不要なプラグインを削除できた

これまで、人気の記事ウィジェットを用意するのに『Popular Posts』のプラグインを使用するなど、増えていったプラグインでひっちゃかめっちゃかになっていました。

基本的な機能はプラグインいらずで実装可能なので、必要最低限のプラグインだけで運用が可能なテーマ。サイトの表示速度向上にも期待できるかも…!

『JIN(ジン)』をつかっていて気が付いた点

画像の中央寄せができない?

Ver1.51(5月14日更新)のアップデートで修正されました。

ビジュアルエディタ上で、中央寄せを選んだはずがなぜか中央寄せにならない…?試行錯誤してみましたが、キャプションを入れたときにどうしても左寄せになってしまうようです。

よろめき

 

記事を2カラム、3カラムに対応させるショートタグ

写真をいくつかまとめて掲載することがあるので、並べて表示できるショートコードがあると便利そうだなぁと思ったり。

と思いましたが、2列表示の表で対応できてしまうことがわかったので、もはやモーマンタイ(問題無)です!

ワードプレステーマ「ハミングバード(ストーク)」から「JIN」の乗り換え

コード置き換えプラグイン『Search Ragex』が機能しない?

テーマの移行にあたって、ハミングバード時代に使用していたショートタグを置き換える必要がありました。おもに、吹き出しやコメントボックス。

コードを置き換えるためのプラグイン『Search Ragex』で一発置き換えしたろう!と、思っていましたが実際にやってみると置き換えできず…。

結局、時間をかけて手作業ですべて置き換えました。これは私のやり方がまずかったのかもしれません。たくさんの記事を書いている方で、ハミングバード(ストーク)から乗り換える方にとってはほんのちょっと試練かもしれませんね…。これは「JIN」への移行に限らずと思いますが!

「JIN」のSEO対策はどのようにすれば?

ハミングバード時代は、SEO対策プラグイン『Yoast SEO』を使用していました。引き続き、JINでも『Yoast SEO』を使用していますが、おそらくこれで大丈夫そう?最適な方法はまだ模索中。

ワードプレステーマ『JIN(ジン)』の購入方法

JINの公式Webサイトから購入可能です。

JINの公式サイト

SNSシェアボタンのJINカスタマイズCSSを公開しました!

JINに標準で搭載されているSNSシェアボタンのカスタマイズCSSを公開しています。これによりSNSシェアボタンのサイズを少しだけ大きくすることができます。

きたむ
きたむ
コピペでデザイン変更できます!
あわせて読みたい
WordPressテーマ「JIN」に変更
WordPressテーマをJIN(ジン)に変更!デザインのテンプレートが豊富!新しくWordPress(ワードプレス)テーマを購入しました!そして、移行作業を終え、このページはすでに新しいテーマに切り替わっております。 今回、購入したのは『JIN(ジン)』という有料のテーマ。 デザインと機能性に一目ぼれしたのが、購入にいたった理由です。 仮に他に理由を挙げるとしたら、以下の理由。ちなみに、以前は『ハミングバード』というテーマを使っていました。 ハミングバード、使い勝手はもの凄く良かったのですが、デザインが流行っているテーマ『ストーク(STORK)』と酷似しているため、そのぶん他のサイトと似たり寄ったりなデザイン・構造になってしまっいたこと。 自分でCSS弄れよ.....

さいごに

気が付いた点もちょこっとありましたが、全体的にみてめちゃくちゃ使いやすい!

書き手にやさしいつくりになっていて、ストレスフリーで記事の執筆が進みます。デザイン、テンプレートのバリエーションが豊富なのも嬉しい点。

まとめ
  • ピックアップ記事が斬新!
  • 見出しのデザインが豊富!
  • 不要なプラグインを削除できた!
きたむ
きたむ
数あるテンプレートからクリックしていくだけで、オリジナルティの高いデザインが完成します。初心者だけでなく、デザインに四苦八苦されている上級者のかたにもオススメできそう!
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!