【高山病とは?】登山するまえに知っておきたい予防方法、症状、予防薬

高山病とは?

キリマンジャロに無事登頂したきたむ(wakajps)です。

富士山やマチュピチュなど、高所に行く際に気を付けなければならないのが『高山病』ですね。

キリマンジャロ登山に際して、高山病の症状、予防方法について調べたので、備忘録がてら綴っていきます。

ちなみに、高山病は英語では、mountain sickness, altitude sicknessと呼ばれています。

登山など標高が高い場所で陥りやすい「高山病」とは?

高山では空気が地上と比べて薄いため、概ね2400メートル以上の高山に登り酸欠状態に陥った場合に、さまざまな症状が現れる。 主な症状は、頭痛、吐き気、嘔吐、眠気(めまい)である。他に、顔や手足のむくみ、眠気やあくびなどの睡眠障害、運動失調、低圧と消化器官の機能低下からくる放屁などが現れることもある。低酸素状態において数時間で発症し、一般には1日後 – 数日後には自然消失する。しかし、重症の場合は高地脳浮腫(High-Altitude Cerebral Edema; HACE)や高地肺水腫(High-Altitude Pulmonary Edema; HAPE)を起こし、死に至ることもある。

引用:Wikipadia(高山病)

死を伴う可能性もある、高山病の症状

急性高山病

新しい高度に到達した際に起こる症状。頭痛と以下の症状のうち少なからず一つを伴う。

消化器症状(食欲不振、嘔気、嘔吐)、倦怠感、虚脱感、めまい、朦朧感、睡眠障害

高地脳浮腫

重症急性高山病の最終段階と考えられる。急性高山病患者に精神状態の変化(すぐに眠くなってしまう、日時や場所がわからなくなってしまう等)、運動失調(まっすぐ歩けない、立っていられない)を認める場合。

高地肺水腫

安静時の呼吸困難、咳、虚脱感または運動能力の低下、胸部圧迫感、充満感

高山病の症状と対策重症度症状対策
軽度息切れ・頭痛・頭重感(睡眠不足)・顔のむくみ・食欲減退・吐き気その高さのところで改善を待つ(それ以上高度を上げない)
中等度呼吸の乱れ・疲労感・下痢・めまい・集中力及び判断力の低下・体温の上昇(37~38℃)前日の高度まで下山する
重度無気力・興奮・脱力感・あくび・手足のむくみ・咳・尿慮減少(色が濃くなる)1,000以上下山
緊急サラサラした単黄色またはピンク色の痰・息苦しい・嘔吐・意識障害(声をかけなければ眠ってしまう)・普通と違った話し方・ふらふらと歩く生命にかかわるので夜であっても直ちに標高3,000m以下にまで担いで下す。緊急援助が必要。

 

高山病のリスクを避けるための予防方法とは?

呼吸法

低酸素を改善すべく、意識して酸素を取り込む呼吸法を実践すると、酸素吸入と同程度の効果。コツは、頻回呼吸ではなく吐くことを意識した腹式呼吸。

リラックス

無駄な酸素消費を抑えるために、歌う、ストレッチをすることで、脈拍の低下・血中酸素飽和度の回復がある。

ゆっくり歩く

高所というだけで、疲労を感じなくても歩数を落とすべき(目安は一分間に40~50歩)。体力に自信のある人が速いペースで登山するのは危険である。

食事の取り方

高所では、炭水化物をメインに(脂肪やたんぱく質は、消化するためにより酸素が必要)。食べ過ぎに注意する。

飲み物の取り方

高所では、食べ物に含まれる水分も含めて一日4リットルの水分が必要(かなり意識して飲まないといけない量)。高所の冷えた空気は乾燥しており、その中で汗をかくような運動をする場合は、体の中で水分を失いやすく、脱水症に対する注意が必要。絹や綿に似た繊維でできたマスクは、湿気を閉じ込め、暖かい空気を鼻や口にとどめる効果がある。

雨、防寒対策

寒いと体がリラックスできず、また、寒さによる震えは酸素の消費を増やすため保温に努める。

連絡方法の確保

登山中は、携帯の電波が入らないところが多いので、緊急時に備え、登山前に連絡手段に関して確認しておく。

その他の注意点

  • マラリア予防薬のメフロキンを服用している場合は、頭痛、眩暈、方向感覚の消失等を感じることがある
  • 消炎、鎮痛剤(セデス、パラセタモールなど)・抗ヒスタミン剤・風邪薬は、副作用で眠気があり、高山病の発見を遅らせる。または、悪化させる。
  • 山での喫煙は血中酸素量が減るため自殺行為に等しい。

高所登山をするまえに飲んでおきたい高山病の予防薬

ダイアモックス(Diamox)

代表的な高山病の予防薬です。軽い高山病の症状を抑えることができます。前日、もしくは高度を上げる日の朝に服用します。(医師の指示に従う)

アゾミッド(Azomid)

ダイアモックスと同じ成分でできており、同等の効用があるようです。私は南アフリカで入手しましたが、日本で入手できるかどうかは不明です。

 

ABOUT ME
きたむ
アフリカではたらくフリースタイルジャパニーズ |三度の飯と写真|87年生の伊豆下田育ち→大学職員人事→ 南ア現地NGOでICT・マイクロファイナンスを軸に活動中|キリマンジャロ登頂|スマホ歴12年|旅行14カ国|仕事7カ国|<プロフィール詳細>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です