【南アフリカ】大企業上位12社をランキング形式でまとめ【財務状況】

【南アフリカ】大企業上位12社をランキング形式でまとめ【財務状況】

アメリカの雑誌「Fortune」が、2019年度の財務状況に基づき、世界の上位500社の企業リストを発表。

ランク付けには、南アフリカの企業も含まれています。この記事では南アフリカの企業を抜粋して、ランク形式で紹介していきます。

2019年 南アフリカ企業のランクTOP10

2019 2018 企業 売上 利益 保有資産 市場価値
415 376 Standard Bank Group 9.0 2.1 147.9 22.9
418 531 Naspers 6.9 13.5 35.8 111.3
445
470 FirstRand 7.6 2.3 110.0 27.2
530 509 Sasol 14.8 1.3 32.0 21.0
661 Absa Group 9.7 1.1 89.0 9.9
755 Nedbank 7.7 1.0 72.0 9.4
782 Old Mutual 8.2 1.1 60.7 8.3
818 702 Sanlam 5.8 0.88 55.9 12.4
936 1069 MTN Group 10.2 0.66 17.0 13.5
1764 1832 RMB Holdings 4.0 0.74 3.6 8.3
1881 1325 Shoprite Holdings 11.0 0.34 4.7 7.0
1981 1972 Bid Corp 9.4 0.25 4.4 7.2

※単位は、US$ビリオン。(ビリオン=10億)

主にファイナンシャルサービス(保険、銀行)を事業とする企業がランクイン。

Standard Bank(銀行)は、Naspers(通信)とFirstRand(銀行)に先んじて南アフリカ最大の企業ですが、2019年の総合順位は下落しました。

Absa Group、Nedbank、Old Mutualが2019年からランクイン。

以前ランクインしていた、MMI​​ホールディングスは1,559、Remgroは1,808と、それぞれランキングから外れています。

世界、アフリカでみる、中国企業の躍進

同レポートで、Sinopec Group 、China National Petroleum、State Gridの中国企業3社がトップ10に入ったことを示しています。

これにより、ハイテク大手のアリババとテンセントを含め、トップ10企業のうち6社は中国企業がランク入りする結果に。

南アフリカ市場においても、中国企業は無視できない存在。むしろ存在感は大きいです。

中国企業先導のインフラ整備が進められており、現在は、特に5Gをはじめとする通信業に注力。

 関連記事  【アフリカ】世界初?5Gが南アフリカ主要都市で2019年9月ローンチ

 

これまでは、スマートフォン端末など、デバイス端末販売が主流でしたが、インフラそのものを抑えていく傾向にあります。

アフリカ諸国も中国からの投資を積極的に受けている傾向にあるので、実質的に中国の手の内に収まってしまう日は遠くはなさそう?

一方で、AmazonやMicrosoftなど、米国企業も南アにデータセンターを設置するなど、次世代のインフラ主権争いに乗り出しています。

 関連記事  【南アフリカ】マイクロソフトが二つのデータセンターを開設を発表

 

アメリカや中国による恩恵は大きいと理解していますが、個人的には、南アフリカのオリジナル企業が伸びていくことを期待しています。

 

 参考  businesstech

ABOUT ME
きたむ
アフリカではたらくフリースタイルジャパニーズ |三度の飯と写真|87年生の伊豆下田育ち→大学職員人事→ 南ア現地NGOでICT・マイクロファイナンスを軸に活動中|キリマンジャロ登頂|スマホ歴12年|旅行14カ国|仕事7カ国|<プロフィール詳細>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!