南アフリカ共和国の白人たちの生活の現状・実態は?~中都市編~

プレトリアのヘーゼルフードマーケット

南アフリカ共和国在住のきたむ(wakajps)です。

南アフリカは、アフリカ大陸の中で最も白人の割合が多い国として知られています。

アパルトヘイト時代があった背景がありますが、現在の南アフリカの人口の9.2%を白人が占めています。

なぜこんなに白人が多いのか?』は、アパルトヘイト(人種隔離政策)の歴史を調べてみるとわかります。

ケープタウンやプレトリアの大都市に旅行、滞在したことがある方は気づいたかもしれませんが、大都市で見かける人の多くは白人。

建物や通りの街並みからも、「あれ?ここはヨーロッパか?」と思うような雰囲気が漂っています。

一見華やかそうに見える白人たちの生活、白人=富裕層というイメージが強いですが、南アフリカでは住む地域によって生活環境が大きく異なります。

この記事ではピーターマリッツバーグというとある中都市に焦点を当てて、現在の白人たちの生活の現状を考察してみたいと思います。

南アフリカ共和国の人種別人口の割合は?

南アフリカ共和国の国旗

南アフリカ共和国の総人口は、約5,700万人(2018年)。

南アフリカ共和国の人口は、黒人、白人、インド系、インディアン、アジア系、その他の人種で構成されています。

南アフリカ共和国の人種別の人口割合は、以下のとおりです。

黒人79.4%
白人9.2%
カラード8.8%
インディアン/アジア系2.6%

8割占める黒人が圧倒的に多いですが、次いで白人の9.2%。

9.2%という数字だけ見ると少ないように見えますが、『500万人以上の白人が南アフリカで暮らしている』という計算です。

ちなみに、体感で白人比率が高いと感じたケープタウン市の人口割合は15.7%。総人口の割と比較とすると白人の割合が高いことがわかります。

ケープタウンはアパルトヘイト時代の名残(人種別居住区)が強く残っている場所のひとつ。観光客が訪れるような場所では、この数字以上に白人の割合が多いな、と感じます。(観光客として来ている白人も多いと思いますが….)

ピーターマリッツバーグ(中都市)の白人の割合

南アフリカではマラソン大会が盛んに開催

ピーターマリッツバーグという街はクワズールナタール州の州都で、大都市のダーバンの近くに位置しています。

南アフリカの中では、中都市として位置づけられています。ピーターマリッツバーグは、現在、私が暮らしている街でもあります。

ピーターマリッツバーグの人種別の人口割合(2011年)は、以下のとおりです。

黒人70.0%
白人14.2%
インディアン/アジア系8.4%
カラード6.9%
その他0.5%

ケープタウンの15.7%には及びませんが、南アフリカ全体の9.2%と比べると、ピーターマリッツバーグに住む白人の割合は比較的多いことがわかります。

ピーターマリッツバーグ(中都市)の白人の現状は?

クワズールナタール州の州都ピーターマリッツバーグ

私はピーターマリッツバーグの中心部で暮らしています。ただ近所に住む白人はひとりもいません。白人の多くは郊外の”丘の上”に住んでいます。

私が職場と家を往復する生活の中で見かける白人たちは、街に出歩いておらずほぼ車の中で運転している姿を見かけるだけです。夕方になると近所のマクドナルドやピザ屋にたむろっている白人たちを様子を見かけることがあります。

私はこのマクドナルドを頻繁に利用しているのですが、カウンターの向こう側の店員は100%黒人。

白人も従業員として働いていますが、白人は外で駐車場の整理をおこなう係としてはたらいています

カウンターとして働いた方が賃金が良いのは見て分かる通りで、駐車場の整理として働く彼らは、たまにもらえる少額のチップで生計を立てています。

白人がオーナーで、黒人がその下で仕えている、といった印象が強いですが、必ずしもその構図だけではなく、貧困と向き合っている白人もいる、というのが南アフリカの現状といえると思います。

ピーターマリッツバーグ(中都市)にいる黒人・白人のホームレス

ピーターマリッツバーグのガンジー像

通りを歩いていると、ホームレスから、『昼飯を買うお金をくれ、10ランドでいい』と声をかけられることがあります。

路上でホームレスを見かけることが多く、そのほとんどは黒人。そして、一部、白人もいます。体感としては、ホームレスのうち約10%が白人。

先ほどの黒人70%、白人14.2%という人口割合からみると、このうちのホームレスの割合は、ほぼ同等といえるかもしれません。

きっと日本人からみてもイメージしにくい人が多いと思いますが、南アフリカでは、他の国から見た固定概念のようなものはあまり通用しません。南アフリカ国内だけでもその差は地域、年代、出身(イギリス系、オランダ系)等によってわかれます。

政府の制度・措置によって南アフリカの白人は生活しにくくなってきている?

南アフリカケープタウンのタウンシップ

人種間の教育・就労の機会が平等になるようにと施行されている政府のブラックエンパワメント政策(黒人優遇措置)。これにより、南アフリカでは黒人の社会進出の機会が促されています。

最近では、ラマポーザ南ア大統領が「白人が所有している土地を再分配する」とコメントを残しています。

黒人が優遇されていると捉えることもできる政策がとられています。こういった政策が”人種差別である”と考える白人も少なくありません。

今後さら黒人が優遇される政策がとられていくのか、そうではないのか、今後どのような方針で南アフリカが動いていくのか。南アフリカの制度や措置を知っていくほど、”国全体として動いている最中”であることを感じとるができます。

 

海外のメディアでも、注目を浴びることが増えてきた南アフリカの白人たち。

南アフリカには白人のホームレスがいる。

白人の農家が殺害されている。

などと取り上げられ、最近では南アフリカの白人をめぐるニュースが大きな反響を呼んでいます。

今回の記事では白人にスポットをあてて、南アフリカの中都市に住む彼らの様子を取り上げました。

政府の動向だけではなく、私の周りの南アフリカ人の知り合い、友人たちがどう感じて生活しているのか。

このポイントを大事にして、引き続き南アフリカの現状や様子をブログを通して発信していきたいと思っています。

きたむ(wakajps)でした。

南アフリカ人(白人)にヒアリングをしました

アパルトヘイト(人種隔離)政策が廃止されて23年。

南アフリカ人(白人)が「いまどう感じているのか」、仲の良い友人の声をもとに現在の思いを書き綴りました。

アパルトヘイトが撤廃され25年が経った南アフリカ共和国のいま
アパルトヘイトが廃止され23年が経った、南アフリカ共和国の現在南アフリカ共和国にいます、きたむ(wakajps)です。 南アフリカでは、12月16日は「和解の日/Reconcile day」と...
ABOUT ME
きたむ
アフリカではたらくフリースタイルジャパニーズ |三度の飯と写真|87年生の伊豆下田育ち→大学職員人事→ 南ア現地NGOでICT・マイクロファイナンスを軸に活動中|キリマンジャロ登頂|スマホ歴12年|旅行14カ国|仕事7カ国|<プロフィール詳細>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!