南アフリカ共和国

【ケープタウン】ワイナリーツアーで南アフリカ産ワインを嗜む方法

ワイナリーツアーで嗜んだ赤ワイン

南アフリカ在住のきたむ(@wakajps)です!

南アフリカ共和国といえば、南アフリカ産のワインがとても有名ですね。世界的な有名なワインの産地、ステレンボッシュがケープタウンの近くにあり、気軽にワイナリー巡りを楽しむことができます。

ケープタウンの市内から出発できるツアーがありますので、本記事で紹介していきます!

南アフリカ産ワインを満喫する!ワイナリーツアーの流れ

良い雰囲気のワイナリーツアー

私が申し込んだのは、終日のガイド付きツアー。(申し込み方法は後述)

朝早めに出発。ケープタウン市内の中心地であれば、ホテル、宿の前まで迎えにきてくれます。

大きめのワゴン車に乗り込むと他のツアー客も乗っていました。私が参加したときは、ほぼ満席。

ワゴン車は、ケープタウン市内からステレンボッシュへ

農場裏のワイナリー

 

まず、ついたのはワイン農場。広大な土地に農場が広がっている様子を見ることができます。農場を通りながら、ガイドがワインを作るまでの過程を解説してくれます。

そして、庭で待ちに待ったワインの試飲。ここでは、4種類の銘柄を試飲しました。外で飲むワインが美味い~!

なにやら敷地の反対側が騒がしい。。

そこにはアヒルの大群が。。。!

突如現れたアヒルの大群

 

きたむ
きたむ
なぜアヒルがいるのかは、不明です。

ほろ酔いになった後は、別のワイナリーへ

たくさんの樽が並ぶ

 

ここでは、樽に入ったワインを試飲することができます。スポイトのような容器を使って、ワイングラスに移して試飲していきます。なかなか貴重な経験。

樽からワインを抜き出す様子

 

その後は、ツアー客みんなでランチタイム。ランチ代は、ツアー料金に含まれています。ランチは、南アフリカの代表的な料理ブライ。ワインを嗜みつつ、ランチを楽しみました。

ランチの後は、ふたたびワゴン車で移動

棚にきれいにボトルが並べられている

 

お洒落な雰囲気のワイナリーで、担当者がワインを解説してくれます。

チーズ(5種)、チョコレート(5種)、クラッカーと一緒に楽しむワインもすてき。1種ごとにワインを注いでくれるのですが、飲み過ぎないように注意です。

ワインとチョコレートが良く合う

 

最後に、ワインセラーに立ち寄りそちらの庭で最後のテイスティング。もうこのころにはかなり酔っぱらってしまっていました。他のツアー参加者たちはツアーに参加するだけあってかなりの酒豪なのか、特に変化がないように見えました。

チーズと一緒にどうぞ

 

ここでは、ワインのほかにもシャンパンをいただきました。ツアー参加者同士でこれが美味しいだの、あのワインは良かったなど、ワイントークで盛り上がりました。

女性の参加率高め

 

夕方4時が近付くころ、帰りのワゴンに乗り込み、宿の前までおくってもらい解散。

きたむ
きたむ
宿に着いてからひどく酔いがまわったので、飲み過ぎには注意です。。

ワイナリーツアー申し込み方法

WineFiles(ツアー会社)のWebサイトから申し込むことができます。

下のリンクから、参加日、などの情報を入力します。情報送信後、ツアー会社からメールが送られてきますので、ピックアップ場所、集合時間を確認しましょう。

ツアーの公式Webサイトへ

もしくはViatorという、現地ツアー検索サイトでワイナリーツアーを申し込むことができます。気になるツアーがないか一度チェックしてみてもよいかもしれませんね!

Viatorの公式Webサイトへ

ワイナリーツアーの料金

料金は、一人820ランド(2018年2月時点)。

WineFilesの公式Webサイトによると、2018年3月1日から880ランドに値上がりする予定です。

ワイン好きには、おすすめなツアー!ぜひお試しあれ!

ボカープから見えるテーブルマウンテン
【ケープタウン】在住者がおすすめの旅行ルート4泊5日【観光スポット】南アフリカのケープタウンは、自然に恵まれ発展した都市で世界的に有名な観光地。 観光スポットは、テーブルマウンテン、ウォーターフロント、喜望峰、ボルダーズビーチ、ボカープ、ワインナリー巡り、海水浴、ロベン島など。格安でケープタウンの見どころ満載のスポットをまわる観光・旅行ルート(モデルコース)を紹介。...

南アフリカ情報のあれこれ

観光・旅行の基本情報、よくいただくご質問をまとめました。

南アフリカ行き格安航空券

エクスペディア
JTB
Skyticket

 

南アフリカの格安ホテル

エクスペディア
agoda
Booking.com

Twitterやインスタグラムでも日々発信中です!

TwitterInstagram

ABOUT ME
きたむ
アフリカではたらくフリースタイルジャパニーズ |三度の飯と写真|87年生の伊豆下田育ち→大学職員人事→ 南ア現地NGOでICT・マイクロファイナンスを軸に活動中|キリマンジャロ登頂|スマホ歴12年|旅行14カ国|仕事7カ国|<プロフィール詳細>




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です