南アフリカ共和国

【南アフリカ】タクシーで移動するならUberとBoltが圧倒的おすすめ!

【南アフリカ】タクシーで移動するならUberとTaxifyがおすすめ!

南アフリカ在住のきたむ(wakajps)です。

南アフリカではタクシー配車アプリ、Uber(ウーバー)とBolt(ボルト)を使うことができます!

UBERとBoltを使うことは、観光や出張、在住者問わず、治安だけでなく運賃の面でもほぼ必須のアプリ、といいえるのではと思っています。

本記事では、「そもそもUBERとBoltってなに?」「UBERとBoltがおすすめな理由」を詳しく解説していきます。

Taxify(タクシファイ)は、Boltに名称変更となりました。

南アフリカではタクシーが一般的な移動手段?

ハウトレインの駅のホーム

南アフリカ共和国では、公共の交通手段が発達していません。

ヨハネスブルグ空港周辺にはハウトレインと呼ばれるクオリティの高い電車もあります。

 関連記事  【南アフリカの電車】ヨハネスブルグ国際空港から市内までの行き方

 

ですが、路線や駅が少ないため駅で降りそこからタクシーで移動するのが現実的です。

例えば、ケープタウンでは空港から市内への移動、市内から観光地へ移動する際にUberやBoltを使用するととても便利です。

 関連記事  南アフリカ・ケープタウン国際空港から市内までの行き方・アクセス

そもそもタクシー配車アプリUBERやBoltってなに?

UBER(ウーバー)

かんたんにいえば、「スマホ上で目的地を指定、現在地までの迎えを簡単にお願いできるサービス」です。

スマホのアプリをインストールして利用することができます。インストールは無料です。

南アフリカでタクシー配車アプリがおすすめな理由

サファリカーツアーの車

UBERとBoltがおすすめな理由は以下の通り。

  • 早く安く移動できる
  • 事前に乗車料金がわかる
  • 安心・安全に移動できる
  • 言葉(英語や現地語)ができなくても問題ない
  • クレジットカードで決済が可能(キャッシュでも可)

南アフリカ共和国は治安の心配がある国の一つとして知られています。

できる限り犯罪に巻き込まれるリスクを減らすことが大事です。

https://wakajps.com/blog/recommend-uber/

南アフリカでUBERとBoltを使用できるエリアは?

南アフリカ共和国ケープタウンのボカープ地区

主要都市であるヨハネスブルグ、ケープタウン、プレトリア、ダーバンで使用できます。

中都市でも一部使用できます。

https://wakajps.com/blog/durban-from-airport-to-city/

南アフリカでUBERを使用するときに注意すること

南アフリカでは「メータータクシーのドライバーが、UBERのドライバーに対して暴動」を起きることがあります。

メータータクシーとは、日本のように流しで走っているタクシー。メータータクシーのドライバーは、UBERのことをよく思っていません。

UBERを使用するときに気を付けるべきことは「人目、メータータクシーが多いところでUBERを使用しないこと」

攻撃に巻き込まれてしまう可能性があるかもしれません。UBERを使う際は、メータータクシーがいないところに移動して使うと吉です。

https://wakajps.com/blog/cape-town-safety-matome/

プロモーションコードを使ってオトクに移動しよう!

プロモーションコードで初回は無料で乗車できる!?

UBER、Boltは紹介によるプロモーションコードが用意されています。

このコードを使うことで、初回利用料金を抑えて乗車が可!

以下のリンクから登録するだけで割引が適用されます。詳しい割引料金、条件は、クリックすると確認できます。

なお、登録は無料です。

UBERTaxify

もし違うリンクから登録してしまっても、以下のプロモーションコードを適用することで割引の対象になります。

  • UBER : ryok162ue
  • Taxify : VUP3D
きたむ
きたむ
両方登録すれば、それなりに大きな割引になりますね!

 

きたむ(wakajps)でした。

南アフリカ情報のあれこれ

観光・旅行の基本情報、よくいただくご質問をまとめました。

南アフリカ行き格安航空券

エクスペディア
JTB
Skyticket

 

南アフリカの格安ホテル

エクスペディア
agoda
Booking.com

Twitterやインスタグラムでも日々発信中です!

TwitterInstagram

ABOUT ME
きたむ
アフリカではたらくフリースタイルジャパニーズ |三度の飯と写真|87年生の伊豆下田育ち→大学職員人事→ 南ア現地NGOでICT・マイクロファイナンスを軸に活動中|キリマンジャロ登頂|スマホ歴12年|旅行14カ国|仕事7カ国|<プロフィール詳細>




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です