南アフリカのコンセント・変換プラグは「B3Lタイプ」!変圧器は必要?

南アフリカのコンセント・プラグ形状B3

南アフリカにいます、きたむ(wakajps)です。

南アフリカに旅行・観光するときに気になるのが、コンセント・変換プラグの形状。そして、変圧器は必要なのか、という心配。

実は、南アフリカ共和国のプラグ・コンセントは特殊な形で、他の海外のプラグとは互換性がないので注意が必要です。

結論からいえば、「B3Lタイプ」のコンセントがあれば大丈夫です。

ただし、一般的な変換プラグには対応していない形状のため、対応したプラグをきちんと用意してあげる必要があります。(滞在中に電源が使えないのは痛いですよね、、)

きたむ
きたむ
南アフリカ在住に長期間住んでいる筆者が深堀していきます。

南アフリカで使われているプラグ・コンセントの形状は二種類

南アフリカのプラグ・コンセントの形状は二種類。

この二種類のうち、B3Lタイプの方が使われていることが多いです。

電圧220ボルト、230ボルト
周波数50ヘルツ
プラグ形状B3Lタイプ、Bタイプ

丸型3ピン(B3L)タイプ

南アフリカのコンセント・プラグ形状B3 日本で入手できるB3タイプとは別物。

変換プラグを持っていても、このB3Lタイプには対応していない場合があるので、注意が必要です。 現地のパソコンやテレビなど大型電子機器の電源は、B3Lタイプです。

南アフリカの現地でも購入が可能で、空港で1,000円前後、ショッピングセンターで200~300円程度で購入することができます。

空港は、ヨハネスブルグ、ケープタウン、ダーバンのどの国際空港でも販売されています。

きたむ
きたむ
一番安く済ませられるのは、現地のショッピングセンター!

このB3Lタイプのプラグは、隣国ボツワナでも使われています。

2ピン(C)タイプ

南アフリカのコンセント・プラグ形状C 新しいホテルや空港では、この形状のプラグを見かけます。

現地のスマホの充電器、バリカンといった小型の電子機器はこのCタイプが多いです。

きたむ
きたむ
ですが、壁のプラグはB3Lタイプがほとんど。

基本的には、うえで紹介したB3Lタイプのプラグがあれば十分です。

どうしてもCタイプのプラグを使いたい場合は、現地で売っているマルチ変換プラグを使えばOKです。

南アフリカの電圧は?変圧器は必要?

電圧は、日本の100ボルトに対して、南アフリカは220/230ボルト。

電圧が異なるので、基本的な考え方としては、変圧器が必要です。

ただし、スマホや携帯電話、パソコンは、変圧機能が内臓されているので、その場合、変圧器は必要ありません。

電子機器の対応電圧確認 機器の電源ACアダプターが240ボルトまで対応していれば問題ないので、持っていく機器を確認してみましょう!

どうしても変圧器が必要な場合は、日本で売っている変圧器を持っていきましょう。

上で紹介したプラグと組み合わせて使えばOKです。

南アフリカ旅行で必要な持ち物ものは?

南アフリカへの旅行を控えていて、「持ち物はこれで足りるかな・・・?」「アフリカ特有の持ち物はある・・?」「便利&おすすめの持ち物は?」など疑問に思っている方はいるはず。

コンセントやプラグのほかにも、南アフリカ旅行に必要、便利な持ち物があります。

 

例えば、スーツケース。

スーツケースの開口部がジッパータイプのものだとナイフなどで開けられてしまう恐れがあり、できる限り、開口部がステンレスのタイプのスーツケースを使うことをおすすめします。

南アフリカ旅行・観光で必要な持ち物については、下の記事でまとめています。

 関連記事  全て網羅!南アフリカ旅行の持ち物チェックリスト【便利&おすすめ】

南アフリカ情報のあれこれ

観光・旅行の基本情報、よくいただくご質問をまとめました。

南アフリカ行き格安航空券

エクスペディア

JTB

Skyticket  

南アフリカの格安ホテル

エクスペディア

agoda

Booking.com

 

Twitterやインスタグラムでも日々発信中です!

TwitterInstagram

ABOUT ME
きたむ
アフリカではたらくフリースタイルジャパニーズ |三度の飯と写真|87年生の伊豆下田育ち→大学職員人事→ 南ア現地NGOでICT・マイクロファイナンスを軸に活動中|キリマンジャロ登頂|スマホ歴12年|旅行14カ国|仕事7カ国|<プロフィール詳細>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です