【南アフリカ】生活をより便利にする!話題のライフハックアプリ8選

【南アフリカ】生活をより便利にする!話題のライフハックアプリ8選

南アフリカでICT指導をしている、きたむ(wakajps)です。

南アフリカで使える便利なアプリといえば、一般的にはUberやTaxifyが有名

ですが、UBERに似た便利なアプリが他にも存在します。

そんな南アフリカ発の「より生活を便利にするアプリ」を本記事で紹介していきます。

この記事は以下の現地メディアを参考にしています。

自宅に美容師を派遣する「Prim-U」

Prim-Uは、自分の家にいながら、マニキュア、髪、マッサージ、またはメイクアップをしたい人向けのサービス。

このアプリによって、メイクアップアーティスト、ヘアスタイリスト、ネイルテクニシャン、マッサージ、などなど自分のスケジュールと要望にあった人をマッチングしてくれます。

ネイル予約サービス「Tammy Taylor Nails」

このアプリを通じて南アフリカ国内の10,000店舗のネイルサロンの予約が可能。

Android OS, iOSに対応しています。

ペットのお世話なら「Minderz」

信頼できるペットシッターをマッチングしてくれるサービス。

600名の担当者が在籍していて、必要なときにペットの世話をしてくれます。

ケープタウンが拠点ですが、ヨハネスブルグ、ダーバンとプレトリアにも小さい店舗があるとのこと。

トラックをレンタルする「Droppa」

Droppaでは、トラックとベーキーの予約が可能。大きな荷物を運ぶときに便利。

ローンチされてからわずか8ヶ月で、数十台のトラックが登録されるなど急成長中。

レストランの予約が可能な「Eat Out」

アプリで、レストランを検索、予約、レビューすることが可能。

Eat Outは、レストランの情報を扱うプラットフォームとして南アフリカ最大級。 リアルタイムでレストランを予約し、確認やリマインダーを受け取ることができます。

GPSを使って、近くのレストランを見つけて予約することができます。

部屋の掃除を依頼する「SweepSouth」

南アフリカの富裕層は、家の掃除を依頼するのが一般的。

SweepSouthは、掃除の依頼をしたいときにクリーナーとマッチングしてくれるサービス。数分でクリーナーを見つけてくれるようです。

食材を配達してもらう「Zulzi」

Zulziのアプリでは、食料品、酒類を注文したり、レストランから食物を届けさせたりすること可能。

配達料はR20からR85の範囲です。 無料となるケースもあるようです。

酒類を配達してもらえる「Bottles」

Bottlesは、iOSとAndroidで無料で利用できるオンデマンドアルコールデリバリーアプリ。

このアプリを使用すると、ワイン、ビール、スピリッツを全国で便利に購入できます。

さいごに

ええっ!?アフリカにこんな便利なアプリがあるの!?とおどろいた方もいるのでは。

特に南アフリカでは発展した都市部を中心に、テクノロジーを活用した生活が広がりはじめています。ケープタウンを中心にテック系のスタートアップへの投資も増えています。

きたむ
きたむ
シリコンケープとも呼ばれています!

とはいっても、使用できる範囲は都市部に限られている現状。

中都市に住んでいる私は、上で挙げたほとんどのサービスを利用することができませんでした…。

都市部と地方の格差を実感してしまいますが、これからの発展に期待ですね!

 

以上、きたむ(wakajps)でした。

【アフリカ】南アフリカ共和国の注目すべきテック系スタートアップ10社
【アフリカ】南アフリカ共和国の注目すべきテック系スタートアップ10社ケープタウンやヨハネスブルグを中心にエコシステム、スタートアップが注目される南アフリカ。ベンチャーキャピタルが発達し、投資額もアフリカ随一です。ケープタウンはシリコンケープとも呼ばれています!大手テック系メディアビジネステックから、南アフリカの注目すべきスタートアップ10社が発表されました。...
ABOUT ME
きたむ
アフリカではたらくフリースタイルジャパニーズ |三度の飯と写真|87年生の伊豆下田育ち→大学職員人事→ 南ア現地NGOでICT・マイクロファイナンスを軸に活動中|キリマンジャロ登頂|スマホ歴12年|旅行14カ国|仕事7カ国|<プロフィール詳細>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!