【料金】南アフリカのインターネット事情を解説【プロバイダISP】

【料金】南アフリカのインターネット事情を解説【プロバイダISP】

\7月16日まで!/

南アフリカ共和国在住のきたむ(wakajps)です。

アフリカでインターネットって使えるの?と思う方もいるかもしれませんが、自分が住んでいる南アフリカでいえば、ほとんど日本と変わらないレベルで使用することができます。

この記事では、南アフリカのインターネット事情、特に光ファイバーのプロバイダ(ISP)・価格を紹介していきます。

南アフリカのファイバーサービスと価格(料金順)

ISP 速度 FUP 導入設置期間 月額料金
Frogfoot 100/100Mbps None 3週間 R1,017
Mitsol 100/100Mbps None 7週間 R1,017
Century City Connect 100/50Mbps None 2週間 R1,017
Maboneng Broadband 100/50Mbps None 2週間 R1,017
Openserve 100/50Mbps 300GB 1週間 R1,117
TT Connect 100/100Mbps None 1週間 R1,117
Vumatel 100/100Mbps None 1週間 R1,197
Vumatel (Aerial) 100/100Mbps None 1週間 R1,197
Evotel 100/100Mbps None 1週間 R1,217
Purple Forest 100/100Mbps None 1週間 R1,247
SADV (Complexes) 100/100Mbps None 1週間 R1,217
SADV (Suburbia) 100/100Mbps None 7週間 R1,217
Netstream 100/50Mbps None 2日間 R1,277
MetroFibre 100/100Mbps None 2週間 R1,349
MetroFibre (Complexes) 100/100Mbps None 1週間 R1,349
Clear Access 100/100Mbps None 1週間 R1,397
Octotel 100/100Mbps None 1週間 R1,417
Blitz Fibre 100/100Mbps None 1週間 R1,417
Balwin Fibre 100/100Mbps None 1週間 R1,417
Teralink Networks 100/100Mbps None 2週間 R1,477
Connectivity Services (Steyn City) 100/100Mbps None 2週間 R1,717

R1=7,71円(2019年7月4日現在)なので、最安値で7,814円。

南アフリカの物価で考えればやや高めの金額設定ですが、日本円換算では日本とほぼ同等。

安定したインターネット環境が整ってくることで、アプリや動画配信などWebサービス、コンテンツが普及しはじめてきます。実際に南アフリカではIT系スタートアップ企業への投資が活発におこなわれている現状で、続々と新しいサービスが打ち出されています。

こうした新しい技術、サービスによって、雇用が創出される見込みがたてられており、南アフリカの教育としてプログラミング、ロボティクスなど、ITや工学に関したカリキュラム整備もおこなわれています。

 関連記事  【南アフリカ】2020年の教育改革でスワヒリ語やプログラミングが追加

都市部はカバーされているが、地方部は現在進行形で拡大中

都市部はカバーされているが、地方部は現在進行形で拡大中

各ISPからファイバーネットワークのカバー範囲マップが提供されています。

これにより、自分の家やオフィスなどファイバー導入の対象エリアかどうかチェックすることができます。

日本と同じように、まずは需要の高い都市部が集中的に開発され、順次地方部のエリアが拡大中。ヨハネスブルグ、プレトリア、ケープタウン、ダーバンといった大都市はもちろんエリア対象です。

アフリカで先駆けて次世代通信規格5Gの導入

【アフリカ】世界初?5Gが南アフリカ主要都市で2019年9月ローンチ

南アフリカの通信キャリアから2019年中に5G導入をすると現地各メディアから発表されています。

通信キャリアの一つ、Rain。Rainの会長Michael Jordaanは、最初の5Gルーターが南アフリカに2019年中頃に到着すると発表し、5Gサービスの公開は9月から、としています。

 関連記事  【アフリカ】世界初?5Gが南アフリカ主要都市で2019年9月ローンチ

このRainは、私が普段使用している通信キャリアであるので、何か動きがあれば、当ブログで紹介していきたいと思います。

以上、きたむ(wakajps)でした。

 関連記事  【アフリカ】南アフリカ共和国の注目すべきテック系スタートアップ10社

ABOUT ME
きたむ
アフリカではたらくフリースタイルジャパニーズ |三度の飯と写真|87年生の伊豆下田育ち→大学職員人事→ 南ア現地NGOでICT・マイクロファイナンスを軸に活動中|キリマンジャロ登頂|スマホ歴12年|旅行14カ国|仕事7カ国|<プロフィール詳細>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!