在住者が教える南アフリカのクレジットカード事情とおすすめする理由

南アフリカ在住者が教える『南アフリカのクレジットカード事情』

南アフリカで過ごして約一年半が過ぎました、きたむ(wakajps)です。

南アフリカ共和国に訪れるときに心配することは、南アフリカでのお金の決済手段ですよね。

観光・旅行、海外出張など、目的を問わず関わってくることの一つです。

  • 南アフリカでクレジットカードを使えるの?
  • 南アフリカで使えるクレジットカードの種類は?

南アフリカでは、クレジットカード/デビットカード文化が浸透しているので、広い範囲でクレジットカードを使えます

ケープタウン、ヨハネスブルグ、プレトリアの主要都市はもちろんOKで、田舎の方でも主要なスーパーではクレジットカードを使うことができます。

先に結論
  • 主にVisa(ビザ)とMaster Card(マスターカード)の二つ
  • 現金に両替せずクレジットカードを使用してリスクを下げる
  • スキミングの警戒、ATMの設置場所をきちんと選ぶ

南アフリカで使用できるクレジットカード/デビットカードの種類は?

南アフリカで使用できるクレジットカード/デビットカードの種類は?

主にVisa(ビザ)とMaster card(マスターカード)の二つを取り扱っているお店が多いです。

American Express(アメリカンエキスプレス)は、一部の高級店で取り扱っている印象です。

もちろん日本のクレジットカードを使用することもできます。私は、楽天カード、住信SBIネット銀行のクレジットカード、デビットカードを使用しています。

これまで問題があったことは特にありません。

JCBは使えないので持ってこないほうが良いでしょう。

現金に両替せずクレジットカードを使用してリスクを下げる

現金ではなく、クレジットカードを使用してリスクを下げる

南アフリカの通貨は南アフリカランド。

多くの方が日本円から南アフリカランドに両替しようと考えていると思います。

在住者から言えるコツは、多額のお金を持ち歩かないようにすること。

南アフリカでは、日本と比べると治安のリスクが高いです。持ち歩く貴重品をできる限り減らす努力をすることをおすすめします。

クレジットカードを使うことで、盗難のリスクを減らす、万が一、盗難されても被害を最小限に抑えられることができます。

カードを盗難されても、一時的に使用ストップをかけることにより、被害を抑えることができます。

国際キャッシュカード付きのクレジットカード、デビットカードであれば、南アフリカのATMで南アフリカランドを引き出すことができます。

私自身も、必要なときに、必要なぶんだけ現金を引き出すようにしています。

クレジットカードでチップを渡すこともできます。

【南アフリカ】在住者が教えるチップの相場と支払うシチュエーション
【南アフリカ】在住者が教えるチップの相場と支払うシチュエーション南アフリカで過ごして約1年半が経ちました、きたむ(wakajps)です。 南アフリカではチップを渡す文化が根付いており、観光・旅行...

南アフリカでクレジットカードを使用する際の注意点

南アフリカでクレジットカードを使用する際の注意点

クレジットカードを使用することで、現金を持ち歩くよりメリットがあります。

一方で、クレジットカードを使用する際に気をつけるべき点もあります。

注意点
  • スキミングに気を付ける
  • ATM設置場所とセキュリティガードがいるかどうかを確認

スキミングに気を付ける

南アフリカではスキミングに気を付ける

南アフリカのATMで現金を引き出すとき、レストランなどのお店でカード決済をするとき、入力するパスワードが第三者にバレないように工夫する必要があります。

ATMや決済マシンを使用する際は、もう片方の手でパスワードを入力する手を覆っておくことを強くおすすめします。

スキミングをされると多額の不正利用をされてしまう恐れがあります。

ATM設置場所とセキュリティガードがいるかどうかを確認

ATM設置場所とセキュリティガードがいるかどうかを確認

ケープタウン、ヨハネスブルグ、プレトリア、ダーバンなどの都市では、ATMの設置台数がとても多いです。日本とそんなに変わらないレベルです。

設置されている場所は、銀行、コンビニ、ショッピングモール、通り、など。

ATMを使用する際は、セキュリティガード(警備員)がいるATMを使用するように心がけてください。ATMを使用している際に、脅されて恐喝されるケースが増えています。

日本人の被害報告が増えているようなので、あらかじめ治安情報も確認しておくことをおすすめします。

ケープタウンの市役所
【2018】現在の南アフリカ・ケープタウンの治安・危険度を徹底的に考察南アフリカ在住の、きたむ(wakajps)です。 近年、南アフリカ共和国のなかでも、日本人の旅行客が多く訪れる観光地ケープタウン(...
ABOUT ME
きたむ
アフリカではたらくフリースタイルジャパニーズ |三度の飯と写真|87年生の伊豆下田育ち→大学職員人事→ 南ア現地NGOでICT・マイクロファイナンスを軸に活動中|キリマンジャロ登頂|スマホ歴12年|旅行14カ国|仕事7カ国|<プロフィール詳細>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!