【南アフリカ】銀行と仮想通貨(ビットコイン)の送金速度、手数料を比較

【南アフリカ】銀行と仮想通貨(ビットコイン)の送金速度、手数料を比較

きたむ(wakajps)です。

南アフリカ共和国ではビットコイン、イーサリウムをはじめとする仮想通貨の普及に注目が集まっています。アフリカの国の中では、随一と言われることも。

 関連記事  南アフリカ・ヨハネスブルグに仮想通貨(ビットコイン)ATMが初上陸

最近では、当局による仮想通貨規制(税制)が発表されるなど、ややネガティブなニュースもありましたが、今回、実用的なニュースが発表されました。

この記事では、現地メディアの記事「South African banks vs Bitcoin and Ethereum – Transfer times and fees」にもとづいて、南アフリカ主要銀行と仮想通貨の送金速度、手数料を比較していきます。

銀行送金の現状と比較検証の背景

銀行送金の現状と仮想通貨との比較検証の背景

国際的な銀行振込は良いとは言えず、海外へ送金するには数営業日かかり、手数料として数百ランドかかる可能性があります(送金額によって異なる)。

これが暗号通貨が登場することで、より早く、そして安く済ませることができるのでは、と仮想通貨を支持する層は期待しています。

この仮説が有効かどうかを確認するために、ビットコインとイーサリウムを使用して、南アフリカランドに対する銀行口座振替をテストしたのが今回のテストの背景です。

銀行と仮想通貨の比較

銀行と仮想通貨の比較

テストの条件設定はシンプル。普通銀行口座からABSAの銀行口座にR50を転送し、それにかかった時間と費用を測定。検証は平日に実施。

また、R50相当のビットコインをBlockchain.comで作成されたウォレットに転送、そして50%相当のイーサリウムをLunoウォレットからMyEtherWalletアカウントに転送します。

Lunoは南アフリカの大手仮想通貨取引所の一つです。

 関連記事  【まとめ】南アフリカ共和国の仮想通貨取引所のうち主要3社を紹介

転送 送金した時間 着金した時間 費用
スタンダードバンク to ABSA 08:56 20:04 R0
ビットコイン 08:52 09:01 R2.21
イーサリウム 08:49 08:50 R0.59

※R1は約8円(2019年2月時点)
※着金時間は、資金が受取人の財布に入っていてアクセス可能であった時間を示していることに注意する必要があります。

銀行振込の送金手数料はR0ですが、これは送金者のスタンダード銀行口座に関連する特典の恩恵を受けていたからです。

口座所有者は銀行口座に毎月の料金を支払い、これに対して送金手数料が無料になるなどのサービスがいくつか含まれています。暗号通貨ウォレットに月額料金はかかりません。

仮想通貨の良さが生きるのは国際送金のケース

仮想通貨の良さが生きるのは国際送金のケース

ビットコインとイーサリウムをはじめとするブロックチェーンの長所は、転送速度テストによって明確に実証されています。

R50相当のビットコイン転送にかかる費用はR2.21。これはほぼ5%の料金なので、一見高いように見えます。

ただし、従来の銀行振込とは異なり、暗号通貨取引は国境によって制限されないことに注意することが重要。

南アフリカまたは他国の取引相手にビットコインを送金しても、その取引の処理のされかた、そして支払う費用は国内取引と違いはありません。

このボーダレスシステムは、暗号通貨を使用した国際送金が、スピードとコストの点で銀行送金に比べてはるかに優れていることを意味します。

各国間でのトークンの転送のしやすさは当局の目から逃れたものではなく、政府と中央銀行は暗号通貨取引を監視してユーザーが法律に従うことを保証する(そして適切な税金を支払う)方法を模索しています。

所感

出稼ぎにきている外国人労働者の間で生きるシステム

出稼ぎにきている外国人労働者の間で生きるシステム、と感じています。

南アフリカでは、近隣のアフリカ諸国から外国人労働者が滞在(出稼ぎ)にきているとされています。これにより、彼らが母国に送金する際には、これまで銀行手数料、または両替手数料が生じていたわけです。

仮想通貨が普及することにより、銀行口座の開設を必要としないで、ボーダーレスな取り引きが可能となれば、よりお金の動きがスムーズに流れていくことが期待できます。

南アフリカでは、都市部と地方部に差はあるものの、仮想通貨以外にもQRコードを介したキャッシュレス決済が流行っています。

 関連記事  【南アフリカ】仮想通貨(ビットコイン)で決済可能な宿、その決済方法とは?

むしろスタートアップ各社がアプリの導入を急ぎ乱立している状態と言え、南ア国内ではクレジットカード決済がまだ主流。これに台頭する有力な決済方法はまだ登場していないと言えます。

 関連記事  【南アフリカ】在住者が教えるクレジットカード事情とその理由【必須】

送金システムと決済方法がリンクするのか、仮想通貨は送金システムとして確立されていくのか、南アフリカではまだ大きな動きの最中、といった印象です。

 

以上、きたむ(wakajps)でした。

ABOUT ME
きたむ
アフリカではたらくフリースタイルジャパニーズ |三度の飯と写真|87年生の伊豆下田育ち→大学職員人事→ 南ア現地NGOでICT・マイクロファイナンスを軸に活動中|キリマンジャロ登頂|スマホ歴12年|旅行14カ国|仕事7カ国|<プロフィール詳細>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!