【まとめ】ソニー「α7RIV」の目玉機能、スペック・特徴|発売中!

【SONY】新型カメラ「α7R IV」を発表!世界初の61MP搭載へ【動画】

2019年7月16日、ソニー公式から新型フルサイズミラーレス一眼カメラ「α7RIV(ILCE-7RM4)」の発売が発表されました。

α7RIV(ILCE-7RM4)」は、前モデル「α7RIII(ILCE-7RM3)」の後継にあたる新型のカメラ。

今回発表された「α7RIV」は、世界初有効約6100万画素の新開発35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサーExmor R®(エクスモアアール)を搭載するα(Alpha)レンズ交換式デジタル一眼カメラです。

本記事では、スペックや特徴、予約購入方法などをまとめていきます。

予約注文開始!

カメラのキタムラで予約注文可能になりました!

「α7RIV 」外観・スペック・特徴

α7R IV:機能説明ビデオ【ソニー公式】(日本語)

キーポイント

  • 最新世代のBIONZ X™イメージプロセッサを搭載した世界初の35mmフルフレーム6,100万画素の背面照射型Exmor R™CMOSイメージセンサー搭載
  • ボディ内蔵の5軸手ブレ補正機能
  • 低感度で15段(3)のダイナミックレンジ
  • 74%の画像領域をカバーする567の焦点面位相差AFフレームと425のコントラストAFフレーム
  • 26.2MP(2)の高解像度に対応したAPS-Cクロップモード
  • 優れたディテール、明るさ、コントラストを備えた566万ドットUXGA(Ultra-XGA)OLED Tru-Finder™電子ビューファインダー
  • 高速Wi-Fiサポート、ワイヤレスPCリモートコネクティビティ、FTPワイヤレス転送、USB経由の高速データ転送など、アップグレードされた接続性と操作性
  • スーパー35mmモードでのピクセルビニングなしのフルピクセル読み出し、S-Log3、HDRワークフローサポートを含む、プロフェッショナル4K動画録画機能
  • デジタルオーディオインターフェースを備えたMulti Interface Shoe™は、ソニーの新しいマイクとXLRマイクアダプターを使用して高品質の録音を実現
  • UHS-IIに対応したデュアルスロットを搭載(前モデルのα7RIIIは片方のみUHS-IIに対応)

世界初有効約6100万画素により、高精細な被写体を圧倒的な臨場感で写し出す

世界初有効約6100万画素により、高精細な被写体を圧倒的な臨場感で写し出す

35mmフルサイズ初の有効約6100万画素裏面照射型CMOSセンサーを新開発し、圧倒的な描写力をフルサイズミラーレスで実現。

新規シャッターユニット、衝撃吸収ダンパーや進化した手ブレ補正など、微細な振動も許されない高解像撮影を支えるために細部にわたって見直しました。

ソニーは、新しいセンサーの裏面照射型構造と効果的なノイズリダクション技術を組み合わせることで、極めて低いノイズと高感度の性能を提供し、絶対的な最高の画質を保証すると発表。

有効約6100万画素の高解像で、AF/AE追随。最高約10コマ/秒の高速連写

有効約6100万画素の高解像で、AF/AE追随。最高約10コマ/秒の高速連写

連写シーケンスを見直し、有効約6100万画素の高解像でありながら、最高約10コマ/秒のAF/AE追随高速連写を実現。

さらに従来の1.5倍にバッファーメモリーを大容量化し、JPEG時・RAW時(圧縮)に約68枚、APS-C撮影時には約2620万画素でフルサイズ時より約3倍の連写持続性能を実現しています。

人物にも動物にも動画にも対応する、進化した「リアルタイム瞳AF」搭載

人物にも動物にも動画にも対応する、進化した「リアルタイム瞳AF」搭載

AIを用いてリアルタイムに瞳情報を検出し続ける、「リアルタイム瞳AF」を搭載。

動きのあるポートレートを撮影する際も、シャッターボタンを半押しの状態で高精度に瞳を追随し続け、そのままシャッターを切ることができます。

さらに、新たに動物に対応したアルゴリズムを追加。これにより動物の瞳を高速・高精度に自動検出、追随します。

また、動画撮影時にも人物のリアルタイム瞳AFを使用可能。リアルタイムトラッキングにより、カメラまかせの被写体追尾にも対応しています。

プロフェッショナルの道具として、信頼性・堅牢性・接続性をより高次元に研ぎ澄ます

人物にも動物にも動画にも対応する、進化した「リアルタイム瞳AF」搭載

UXGA OLED Tru-Finderを新たに搭載することで、α7R IIIに比べて約1.6倍の約576万ドットの圧倒的な解像度を実現。

また、大容量Zバッテリー採用やグリップのホールド性向上、より防塵・防滴(*1)に配慮した設計など、さまざまなフィールドでの使用に耐える信頼性・堅牢性も実現。

さらに、カメラ本体の無線LAN機能が進化し、従来の2.4GHz帯域に加え、新たに5GHz帯域での転送が可能な「11ac」規格もサポート。

電波の干渉が少なくつながりやすいため、安定した高速データ通信が可能で、プロフェッショナルの現場でワークフローを効率化します。

2,600万画素を維持したままAPS-Cクロップが可能

解像度2,600万画素を維持したままAPS-Cクロップが可能。

動画性能

α7RIVはSLog2、SLog3、およびHDRに4K UHDの保存形式に対応。

大きな特徴は、カメラがリアルタイムのフォーカストラッキング対応したこと。静止画を撮影するときにこれまで可能だった瞳AF機能が、動画撮影時にも使用できるように。

より速く、より滑らかで、より安定したオートフォーカスを実現する洗練されたFast Hybrid AFシステムを採用。タッチトラッキング機能も含まれているため、タッチパネル上でユーザーの被写体に触れるだけですぐにトラッキング可能。

「α7RIV 」の作例・サンプル写真

「α7RIV 」で撮影された写真のサンプル(ソニー公式)

「α7RIV 」の作例・サンプル写真 「α7RIV 」の作例・サンプル写真 「α7RIV 」の作例・サンプル写真 「α7RIV 」の作例・サンプル写真 「α7RIV 」の作例・サンプル写真 「α7RIV 」の作例・サンプル写真 「α7RIV 」の作例・サンプル写真 「α7RIV 」の作例・サンプル写真

「α7RIV 」で撮影された写真のサンプル(非公式?)

海外サイトで「α7RIV 」で撮影した写真のRAWデータが公開されており、ダウンロードそて現像してみることが可能です。

詳しくは下の記事で紹介しています。

 関連記事  【α7RIV】生データ(RAWファイル)が公開|現像して遊んでみよう!

「α7RIV」「α7RIII」「α9」のスペック比較

商品名ソニー α7R IV ボディソニー α7R III ボディソニー α9 ボディ
発売日2019年9月6日発売2017年11月25日発売2017年5月26日発売
価格¥387,828(税込)¥320,643(税込)¥387,711(税込)
有効画素数約6100万画素約4240万画素約2420万画素
撮像素子35mmフルサイズ裏面照射型CMOS35mmフルサイズ裏面照射型CMOS35mmフルサイズ積層型CMOS
連続撮影速度最高 約10コマ/秒最高 約10コマ/秒最高 約20コマ/秒
連続撮影可能枚数RAW(非圧縮):約30枚
JPEG:約68枚
RAW(非圧縮):約28枚
JPEG:約76枚
RAW(非圧縮):約128枚
JPEG:約362枚
シャッタースピード1/8000-30秒、バルブ1/8000-30秒、バルブ1/8000-30秒、バルブ
ISO感度50~10240050~10240050~204800
測距点位相差検出方式:567点
コントラスト検出方式:425点
位相差検出方式:399点
コントラスト検出方式:425点
位相差検出方式:693点
コントラスト検出方式:425点
撮影可能枚数ファインダー使用時:約530枚
モニター使用時:約670枚
ファインダー使用時:約530枚
モニター使用時:約650枚
ファインダー使用時:約480枚
モニター使用時:約650枚
外形寸法約128.9×96.4×67.3mm約126.9×95.6×62.7mm約126.9×95.6×63.0mm
手ブレ補正5軸補正 最大5.5段5軸補正 最大5.5段5軸補正 最大5.0段
視野率約100% / 約0.78倍約100% / 約0.78倍約100% / 約0.78倍
質量(本体のみ)約580g約572g約588g
カードスロットデュアルスロット
slot1/slot12:UHS-II support
デュアルスロット
slot1:UHS-II support
デュアルスロット
slot1:UHS-II support
動画記録方式4K/フルHD/HD4K/フルHD/HD4K/フルHD/HD

 

それぞれの項目で比較してしまうとそれほど差がないように見えてしまいますが、「有効画素数約6100万画素で」というインパクトは大きいですね。

他にもピクセルシフトマルチシューティングなど、「α7RIV」ならでは特徴・機能もあります。

「α7RIV」ピクセルシフトマルチシューティング機能紹介

ボディ内手ブレ補正機能を高精度に制御しながら、複数画像を撮影し、PC上で合成することで極めて高い解像感を持つ画像を生成するピクセルシフトマルチ撮影が進化しました。

4枚に加え、本機では『α7R III』の4倍となる計16枚の画像の持つ約9億6320万画素分※12の情報から、約2億4080万画素(19008×12672)の画像生成が可能です。

※12:記録画素数約6020万画素×16枚。

「α7RIV」4K動画:作例

「α7RIV」周辺機器・アクセサリー紹介

縦位置グリップ『VG-C4EM』

縦位置グリップ『VG-C4EM』

縦位置撮影時も、横位置と同様のホールド性と操作性を実現する『α7R IV』専用縦位置グリップです。

高容量Zシリーズバッテリーを2個まで装着可能で、自動的に次のバッテリーに切り替えて連続撮影ができるため、長時間の撮影でもバッテリー残容量を気にせず撮影できます。

『α7R IV』と同等のグリップ形状に、測距点をすばやく選択できるマルチセレクター、前後ダイヤル、AF ONボタン、シャッターボタンなどを配置し、横位置撮影と同じ感覚で縦位置撮影が行えます。

グリップの外装には、『α7R IV』と同様に軽量化と高剛性を両立させるマグネシウム合金を採用。各部操作ボタンやダイヤル部には防塵防滴※22に配慮した設計を施しています。

さらに本体のUSB端子を経由して、縦位置グリップ内の2つのバッテリーに充電が可能です。

対応機種:『α7R IV』
発売日:9月6日 メーカー希望小売価格:38,000円+税

ショットガンマイクロホン『ECM-B1M』

ショットガンマイクロホン『ECM-B1M』

高性能な8つのマイクユニットとデジタルシグナルプロセッサ(DSP)を内蔵した新開発システムにより、全長99.3mmのコンパクトな筐体と鋭指向性の両立および、3つの指向性(全指向性、単一指向性、鋭指向性)の切り替えを実現するショットガンマイクロホンです。

デジタルオーディオインターフェースの採用により、音声をデジタル信号のままダイレクトに伝送できるため、ノイズを徹底的に抑制した高音質伝送が可能です。

また、低域の振動ノイズを抑制する防振構造を採用しています。カメラとの接続はMIシューを使用するため、ケーブル接続やマイク単体での電源供給が不要です。

XLRアダプターキット『XLR-K3M』

XLRアダプターキット『XLR-K3M』

既存のXLRマイク製品をMIシュー搭載のカメラに組み合わせることが可能なXLRアダプターキットです。

高音質な業務用XLRマイク用入力端子とデジタルオーディオインターフェース対応により、音声をデジタル信号のままダイレクトに伝送できるため、ノイズを徹底的に抑制した高音質伝送が可能です。

付属のオーディオ延長ケーブル(約30cm)により、プロ向けリグ/ケージ/ブラケットなどMIシュー以外への固定も可能となり、撮影セッティングの自由度が高まります。

また、低域の振動ノイズを抑制する防振構造を採用しています。入力端子は、XLR/TRSコンボ端子×2、直径3.5?ステレオミニマイク端子×1の3系統を搭載し、LINE/MIC/MIC(ファンタム+48V)入力に対応します。

「α7RIV」の発売(予定)日は9月6日に決定!

α7RIVの発売日は、2019年9月6日(金)です。

オンラインストアでは、すでに予約注文を受け付けています。詳細は下の通り。

カメラのキタムラで好評発売中

追記:カメラのキタムラで「α7RIV」の予約注文開始!

カメラのキタムラで、ソニー α7R IV ボディ [ILCE-7RM4] の商品ページが更新され、注文予約ができるようになりました!

価格は、¥387,828 (税込)です。

 

キタムラなら最大48回まで分割金利手数料0円!

分割払いなら一度にかかるご負担を軽減する事ができます。

ショッピングクレジットの分割払いなら、最大48回分割払いまで分割金利手数料をカメラのキタムラが負担。

分割回数月々のお支払額分割金利手数料
488,0790

 

Amazonで「α7RIV」を購入する

ボディのみ(レンズなし)

※レンズが付属するキットレンズでは、発売されていません。

 

 

 人気記事   【収益報告有】初心者カメラマンが写真で稼ぐ方法を解説【ネット販売】

ABOUT ME
きたむ
アフリカではたらくフリースタイルジャパニーズ |三度の飯と写真|87年生の伊豆下田育ち→大学職員人事→ 南ア現地NGOでICT・マイクロファイナンスを軸に活動中|キリマンジャロ登頂|スマホ歴12年|旅行14カ国|仕事7カ国|<プロフィール詳細>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です