【青年海外協力隊】退職して参加する男の心境と覚悟。そして最後の仕事

岩手県奥中山の大草原

きたむ(wakajps)です。

なんだかんだ仕事をしているうちに、こんなに日が経ってしまっていました。

青年海外協力隊の合格通知をいただき、退職までの残りの仕事を全うして日々過ごしています。

青年海外協力隊の合格通知受領と手続き。そしてこれからー

青年海外協力隊の参加意思確認のための書類を書き終えました。

本当に参加するのだなぁと思いましたが、正直なところまだあまり実感が湧かない。どのタイミングで実感が湧くのだろうか。派遣前訓練に参加したりしたら少しは変わるかな。

明日、課長と面談をして、最終的に参加意思表明をする予定です。

退職時期は、技術補完研修がはじまる12月にあわせて、退職時期は11月末日で相談するつもりです。

この記事を書いたのは、8月なので退職の約三か月前に職場に相談することになります。

心に残るほっこりした前職での最後のお仕事。

そんな中、仕事の関係で、岩手県の社会福祉法人で学生と一緒にワークをしてきました。

 

IMG_20160906_103749

よく考えたら学校ではたらいているけど、学生と密に接するのはこれがはじめてでした。しかも、8泊9日の日程を寝食ともに過ごす。

どう接したらいいか…なんて考えながら出発の日。学生のほうから気さくに話しかけてくれて、だいぶ救われました。

奥中山についてからは、利用者の方々とじゃがいも掘りやお弁当作り、砕石敷き、プレハブの解体などのワークに従事しました。

1473079298781

宿舎は、学生とスタッフと過ごし、みんなで協力して自炊をしました。

利用者の方々は、障害の度合いにもよりますが、ほとんどの方がコミュニケーションが困難な状態。時折見せてくれる表情の変化や発せられる声などから、利用者の方々の気持ちを汲み取ります。

1473172865884

スキもキライもシンプルにストレートに表現してくれる。偽りのない笑顔はとてもすてきだった。

何もないけれど、全てある。人の温かさで溢れる奥中山で、他者と向き合い、自分と向き合うことについて、深く考えた。このタイミングでここにこれたことに心から感謝しています。

IMG_20160906_103657

いつかまた帰ってきたい。

きたむ(wakajps)。

 

青年海外協力隊のあれこれ

青年海外協力隊に関する情報(選考~派遣前訓練~活動中のこと)を以下にみやすくまとめてみました。

Twitterやインスタグラムからお問い合わせていただいてもOKです!

TwitterInstagram

ABOUT ME
きたむ
アフリカではたらくフリースタイルジャパニーズ |三度の飯と写真|87年生の伊豆下田育ち→大学職員人事→ 南ア現地NGOでICT・マイクロファイナンスを軸に活動中|キリマンジャロ登頂|スマホ歴12年|旅行14カ国|仕事7カ国|<プロフィール詳細>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です