アフリカの歯医者ってどんなもん?南アフリカ共和国でお勧めの歯科(プレトリア編)

海外の歯医者

青年海外協力隊として南アフリカ共和国で活動しているきたむ(wakajps)です。

南アフリカ共和国の行政首都、プレトリアにあるお勧めの歯科を紹介します。

私は、詰め物(銀歯)取れてしまったので、歯科にいきましたが、とても信頼のおける歯医者さんでした。海外で安心して歯医者にいけるメリットは大きいですね。

歯科詳細

Smile Dental Careという名前のクリニックです。ホームページは、以下のリンクから。

https://www.brightsmiledental.co.za/

三つの支店があり都合の良い支店を選ぶことができます。支店の所在地・営業時間は「Contact us / Map」のタブから確認することができます。(私はBrooklynで受診しました。)

  • Centurion
  • Brooklyn
  • Pretoria North

受診予約方法

主に二通りあります。

電話で予約

087 803 0581から予約できます。

日本と同じように予約する日時・受診する支店・簡単に症状の説明をします。緊急の場合は、 072 580 6122にかけましょう。

インターネットから予約

ホームページの右上にある「Book an Online Appointment」から、希望するメニューを選択し、予約日時等を入力して予約することができます。Web上で予約できるのはとても便利ですね。

受診の流れ

クリニックの建物は、病院らしさがなく普通の家のような佇まいです。歩いていくと若干わかりにくいかもしれません。

私は、Uberで住所を指定してクリニックに向かいました。

受付で「I had an appointment」等と言いつつ名前を告げると、問診票が渡されるので、席に座って書いていきます。単語等が英語の専門用語なので、一見わかりにくいような内容ですが、日本の問診票と内容は殆ど変わりません。私はスマホでGoogle Translateを使いながら、解読していきました。笑

問診票を書き終え待合室で待っていると、ドクターから声をかけられます。

診療室は、個室となっており入室すると症状について確認があります。私は、銀歯が取れてしまったので、その旨を簡単に伝えました。“詰め物”は、英語でfilling stuffで通じました。

そのあとの治療は、日本と同じように進んでいきます。ドクターの人柄も良く、「口をゆすいでください」「痛かったら手を挙げて教えてください」等、日本と同じように声をかけられるので、安心して受診することができました。

治療前には、これからおこなう治療方法について、丁寧に説明してくれます!専門用語が多く、理解するのが難しかったですが、Google Translateを使ってくれる等、とても親切な対応でした!それでも専門用語はそのままカタカナに翻訳されるので、不明なものはありましたがドクターを信じました。笑

そんなこんなで治療が終わり、トラブルがあったらいつでも来てくださいと電話番号を書いた名刺を渡されました。

最後に、受付で費用を払っておしまいです。領収書や診療明細書の発行にも対応してくれました。費用は、詰め物(白い目立たないやつ)をつけて、800ランド(7000円弱)でした。日本と比較してもそんなに高くないですね。

まとめ

今回はじめて海外での歯科受診でしたが、ドクターや受付の方がとても親切で、心配していた治療も安心して受診することができました。ちなみに、受付、ドクター、歯科助手の方は、白人でした。

クリーニングやホワイトニング等も南アフリカ共和国では、ヨーロッパやアメリカと同じようにかなり普及しているようなので、機会があればクリーニングでまた受診できればと思っています。

南アフリカに赴任して3か月経ったので活動と生活を振り返ってみる
南アフリカに赴任して3か月経ったので活動と生活を振り返ってみる青年海外協力隊として南アフリカ共和国で活動している、きたむ(@wakajps)です。 活動は手探り状態ですが、順調といえると思いま...
ABOUT ME
きたむ
アフリカではたらくフリースタイルジャパニーズ |三度の飯と写真|87年生の伊豆下田育ち→大学職員人事→ 南ア現地NGOでICT・マイクロファイナンスを軸に活動中|キリマンジャロ登頂|スマホ歴12年|旅行14カ国|仕事7カ国|<プロフィール詳細>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!