500 配属先活動

南アフリカ到着。時差・携帯SIM・気候は?そして標高が高いことを知る

青年海外協力隊として南アフリカ共和国に派遣され”た”、きたむ(@wakajps)です。

派遣前訓練、表敬訪問を終え、ついに任国である南アフリカ共和国にやってきました。

この記事では、南アフリカ共和国の基本情報(時差、携帯電話・SIMカード事情、気候)についてまとめています。

20時間におよぶフライト。そして、南アフリカ到着。

3月27日の17:05に羽田空港を出発し、翌28日の朝6時にヨハネスブルグ国際空港(O・R・タンボ国際空港)に到着しました。シンガポールチャンギ空港で乗り継ぎ、合計20時間程のフライトでした。

航空会社は、シンガポール航空。うーん、快適だった。

到着ホールで現地調整員に出迎えられ、そのまま滞在先のゲストハウスへ。

南アフリカ共和国と日本の時差

南アフリカより日本のほうが、7時間先に進んでいます。南アフリカ共和国で13時のときは、日本では20時。

特に深く考えず飛行機の中ではずっと寝ていましたが、幸いにも時差ぼけで苦しむことはありませんでした。

到着後の赴任オリエンテーションや手続き

到着してからの三日間は、JICA事務所で各種オリエンテーションがあり、そのほかには携帯電話・SIMの購入、予防接種(腸チフス)などをおこないました。以後は、仮配属を挟みつつ、語学学校に通っています。

南アフリカで携帯電話をゲット

公務で使用するための、格安携帯(R159)ゲットしました。日本円で、約1,300円です。

南アフリカの通貨は、ランド。基本的には、”R”で表記されます。

Itel製の携帯電話。ちゃっかりカメラ機能、Facebook、Twitter、ブラウザの機能がはいっていますが、データバンドルを購入していないので、データ通信をおこなうことができません。

あわせて読みたい
【まとめ】南アフリカの携帯電話・SIMカード(データプラン・通信会社)南アフリカにいます、きたむ(@wakajps)です。 滞在する期間やプランにもよりますが、プリペイドSIMカードを使うことで、レン...

なんといってもバッテリー持ちが素晴らしい。待機モードで一週間は、普通に持ちます。

南アフリカ共和国の気候

南アフリカ共和国には、四季があります。ただし、南アは南半球に位置しているため、日本と時期は真逆。つまり、4月は秋にあたり、8月は真冬にあたります。

調整員の方のお話を聞くと、段々と寒くなってきているらしいのですが、日中は日差しが強くて暑いです。

でも、乾燥していてカラッとしているので、暑さはそこまで気にならないです。首都のプレトリアは標高が1,800m近くあるので空気の薄さは感じますが、快適に過ごすことができています。

 

おしまい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!