【二週間】南アフリカ共和国で生活・活動して感じたこと思ったこと




 

青年海外協力隊として南アフリカ共和国で活動しているきたむ(@wakajps)です。

 

南アフリカ共和国に赴任して二週間が経ちました。一週間目の様子はこちら。

本赴任までのスケジュールを踏まえつつ、これまで南アフリカで過ごした内容を書いていきます。

髪が伸びてきたので、はじめて海外の美容室にも行ってみました!

 

任地変更

 

南ア到着2週間目にして、急きょ任地変更になりました。

 

青年海外協力隊にとって、任地変更が起こることは決して珍しいことではありません。

任地変更が起こる理由としては、『配属先の状況の変化』によることが多いです。

 

調整員の方から聞かされたときは、少しびっくりしましたが、「場所や内容が変わっても、配属先のためになるようであればそこでベストを尽くします。」と伝えました。その気持ちに今も変わりはありません。

配属されるNGO自体に変更はありませんが、他のブランチ(Acornhoek→Mtubatuba)で活動することになりました。

 

活動内容も変更になり、マイクロファイナンス(小規模ローン)のシステムに関わる活動内容が主になっていきます。システムはインドの会社に委託しているため、インド人と深く関わって活動することになりそうです。

 

 

 

きたむ
インドについは、ナマステとカレーしかわからない。とりあえず語学学校の先生が素敵なので、頑張れそう。

 

 

本赴任までの今後のスケジュール

 

大幅に予定が変わり、、、いきなり長距離出張ラッシュです。

 

日程 移動 目的
4/10~4/13 Pretoria→Acornhoek 村落の住民の生活向上支援視察
4/14~4/22 Acornhoek→Pretoria 語学学校
4/23~4/27 Pretoria→Pietermaritzburg PC研修
4/28~5/6 Pietermaritzburg→Santon(Johannesburg) メインオフィス勤務
5/7~ Santon→Mtubatuba マイクロファイナンス事業支援

 


日本の都市ので例えると、『東京→岩手→東京→広島→神奈川→兵庫』の位置関係、距離に近いです。

 

ざっくり、飛行機3回、バス移動30時間の移動になりそうです。長時間のバス移動、腰が爆発しないか心配です。ケツパット持ってくればよかった。

 

きたむ
いいマッサージ屋があったら教えてください。

 

その治安の悪さから『世界最恐都市』と呼ばれていたヨハネスブルグにも滞在することになるので、安全第一でいきたいと思います。原則、通勤以外外出禁止とのこと。

 

 

 

南アフリカ共和国の首都『プレトリア』の雰囲気

 

南アは、レインボーネーションと呼ばれていて様々な人種の方が生活しています。行政首都のプレトリアは、人口の約7割を白人が占めていて、街並みを見てもヨーロッパと思わせるような雰囲気が漂っています。

 

きたむ
THEアフリカ感があまりありません。任地に行くのがたのしみです。

 

 

 

アフリカの美容室にいってみた!

 

髪が伸びるのが異常に早い私。

赴任前に日本でカットしてきたものの、既に伸びきってしまっていたので、美容室にいってみることに決めました。

 

 

おしゃれな美容室にいったので、完全におまかせにしていてもオシャレな髪型にしてくれるだろう。

そう思っていた私は甘かったです。

 

カットしたらウド鈴木になりました。1,500円也。たぶん白人の方なら似合うんだろうなぁ。。

 

きたむ
しばらく帽子を被って過ごします!

 

 

プレトリアにあるオシャレなバー『Hudson’s Burger Joint Hazelwood』

 

滞在先のゲストハウスの近くにある、Hudson’s Burger Joint Hazelwoodというオシャレなバーに行きました。

周辺は、住宅街で治安が悪そうな雰囲気はありませんでした。

プレトリアの市内から近い位置にあるので、Uberを使って気軽に訪れることができます。

 

 

写真の通りとてもオシャレなバーで、ハンバーガーやクラフトビールを楽しむことができます。

 

 

さいごに

 

2週間経ったところで、だんだんと海外旅行気分は抜けてきました。

これから、自分がどのように南アフリカ共和国で活動していきたいか、ベースを築くこの時期が大事です。

 

しばらくは、語学学校で英語の訓練が続きます。

語学は、海外で働く上で、その成果の良し悪しを決める一つの要素となります。

 

きたむ
楽しみながら吸収していきます!

 

 







ABOUTこの記事をかいた人

87年生まれのアフリカで働くフリースタイルジャパニーズ。伊豆下田で育ち都内私大職員を経て青年海外協力隊として南アフリカ共和国へ。ICT、コミュニティ開発、マイクロファイナンスを軸に活動中。趣味は、サッカー、サーフィン、スノボ、バックパック、ガジェット集め。