500 配属先活動

南アフリカに赴任して3か月経ったので活動と生活を振り返ってみる

南アフリカに赴任して3か月経ったので活動と生活を振り返ってみる

青年海外協力隊として南アフリカ共和国で活動している、きたむ(@wakajps)です。

活動は手探り状態ですが、順調といえると思います。南アフリカでの生活にもだいぶ慣れてきました!

南アに赴任し早いもので三か月が経ちました。月単位でこれまでの活動・生活を振り返りたいと思います。

1か月目

南アフリカ共和国に到着!

赴任後の数日間は、JICA事務所でオリエンテーション、携帯電話の購入・SIMカードの登録など諸々の手続きがありました。

フライト時間は長ったけれども、幸いにも時差ぼけはありませんでした。

ヨハネスブルグ空港からプレトリアへ向かう途中の道路
南アフリカ到着。時差・SIMカード・気候は?意外にも標高が高い!?南アフリカ共和国にやってきた、きたむ(@wakajps)です。この記事では、南アフリカ共和国の基本情報(時差、携帯電話・SIMカード事情、気候、標高)についてまとめています。20時間におよぶフライト。そして、南アフリカ到着。3月27日の17:05に羽田空港を出発し、翌28日の朝6時にヨハネスブルグ国際空港...

南アフリカ共和国の携帯・SIMカード事情

SIMカードについての情報はこちらにまとめています。MTNの料金プランについても、把握できてきたので、おって更新したいと思います。

【南アフリカ】SIMカードの購入方法とキャリア・プラン【徹底解説】滞在する期間やプランにもよりますが、プリペイドSIMカードを使うことで、レンタルWiFiより料金を安く抑えることができます。SIMカードは、ケープタウン、ヨハネスブルグ、ダーバン等の空港のカウンターで購入することができます。市街のスーパーでも購入可です。...

先輩隊員との週末のアクティビティ

一週間が経ったところで、週末に先輩隊員がアクティビティに連れていってくれました。南アは隊員の数が少なく、25年度1次隊が直近の先輩隊員にあたります。しかしその先輩方も、この7月で日本に帰国されてしましました。

南アフリカ・ヨハネスブルグの道路
【一週間】南アフリカ共和国で生活・活動して感じたこと思ったこと青年海外協力隊として南アフリカ共和国に派遣されているきたむ(wakajps)です。 任国である南アフリカに到着して一週間が経ちまし...

Hazel Food Market@グルメスポット

Pretoriaの数少ない?観光スポットであるHazel Food Marketにもこの時期に行きました。平日は、語学学校通い詰めだったので、良い気晴らしになりました。パエリア美味しかったなあー。また行きたい。

プレトリアのヘーゼルフードマーケット
アフリカで巨大パエリアを食らう!?南ア休日のおすすめ観光スポット!きたむ(wakajps)です。 滞在先のPretoriaにあるHazel Food Marketと、そのすぐ横にあるHazel F...

任地変更

語学学校に通いつつ、2週間目にして急きょ任地変更がありました。調整員の方から聞かされたときは、少しびっくりしましたが、「場所や内容が変わっても、配属先のためになるようであればそこでベストを尽くします。」と伝えました。その気持ちに今も変わりはありません。

南アフリカ・プレトリア
【二週間】南アフリカ共和国で生活・活動して感じたこと思ったこと青年海外協力隊として南アフリカ共和国で活動しているきたむ(wakajps)です。 南アフリカ共和国に赴任して二週間が経ちました。 ...

2か月目

語学学校(英語)

語学学校が終わったころですね。アフリカーンス語おぼえたほうが良いのかな?と思って、先生に少し教えてもらったけれども、私の活動する地域では殆どアフリカーンス語は使われていません。ズールー語をもっと教えてもらっておけば良かった。

語学学校で南アフリカ英語を勉強
青年海外協力隊 南アフリカでの現地語学学校と配属先への仮赴任を経て最終日は、語学学校のクラスメートを対象に、折り紙講座をしました。作ったものは、手裏剣、鶴です。クラスメートたちは、NARUTOが好きらしく、手裏剣を作ったら喜んでくれました。やはり漫画は日本の大事な文化の一つです! 学校では、英語の他にも、南アの歴史、アフリカーンス語やズールー語も教えてくれたので有意義でした。...

配属先への本赴任

この時期から本赴任となりました。私の場合、すぐに任地に行くわけではなく、Johannesburgにある本部でホテル滞在し2週間程度の勤務がありました。組織や仕事の内容について、はじめのころは何のこっちゃ全然わかりませんでしたが、各ブランチ、組織全体の事柄について、理解を深める良い機会であったと今振り返って思います。

南アフリカのド田舎の風景
【一か月目】南アフリカ共和国で生活・活動して感じたこと思ったこと青年海外協力隊として南アフリカ共和国で活動しているきたむ(wakajps)です。 南アフリカ共和国に到着して約一か月が経ちました。...

ヨハネスブルグへの滞在

Johannesburgでの滞在期間が少し長めだったので、その時に気付いたことも少しまとめています。ヨハネスブルグは治安が悪い場所で、世界最恐都市?として有名ということもあり、基本外出禁止でした。

ハウトレインの駅のホーム
世界最恐都市と呼ばれるヨハネスブルグで日本人が一週間過ごした結果南アフリカ共和国に到着し、約一か月半が経ちました。世界最恐都市?と呼ばれるヨハネスブルグでの滞在を通して気づいたことをまとめていきます。まず街が発展している。ほとんど日本と変わらない。物価が日本とそんなに変わらない。一日に4回ぐらいは、サイレン鳴らして走っているパトカーを見かける。...

3か月目

配属先での活動

任地で活動した当初は、マイクロファイナンス事業の取り組みとして、同僚に農村知識に連れて行ってもらっていました。これまでマイクロファイナンスについて、触れる機会はありませんでしたが、ここぞとばかりに調べ、同僚に聞いたりしながら、少しずつ知識を増やしていきました。

金銭的な援助だけでなく、連帯責任制、能力開発援助の機会を提供する等、マイクロファイナンスで有名なグラミン銀行の手法も多く取り入れられています。

最近は活動が忙しくなってきはじめ、現場をあまり見せてもらえていないので、少し落ち着いたらまた同行させていただこうと思います。

ヨハネスブルグ ヒルブロウ地区の街並み
【最新】現在の南アフリカ・ヨハネスブルグの治安・危険度を徹底考察世界最恐都市と揶揄されている南アフリカ共和国の最大の都市、ヨハネスブルグ。世界最恐都市と揶揄される所以は、その治安の悪さにあります。 「ヨハネスブルグの凶悪伝説」「世界一治安が悪い」「犯罪者の巣窟」など治安の悪さを物語る記事が検索に引っかかってきます。本記事では2019年現在の治安について、まとめていきます。...

マイクロファイナンスを軸とした活動

私が赴任したときには、マイクロファイナンスの新しいアプリケーションの導入が進んでおり、それに向けてエンドユーザー向けのベーシックなトレーニングを実施してほしいと本部から指令がありました。

「来週からやって!」というようなタイトなスケジュールの中決行しましたが、各ブランチへの訪問を通して多くのスタッフとコミュニケーションをとることができたので、そのあたりは収穫だったのではと思います。

総移動距離は、約1,500kmと長いみちのりでしたが、移動中に綺麗な風景を見ることができたのは良かったです。下の記事で自己紹介でやった内容等も書いているので、良かったら見てみてください。

ITワークショップの次第
【青年海外協力隊】アフリカでITワークショップをやってみたらこうなった!(あるある付き)赴任してから一か月が経ち、ITに関するワークショップをおこないましたので、本記事では、その内容や感想などをまとめていきます。ワークショップの内容は、コンピュータの構成、インターネット、マイクロソフトオフィスの使い方。冒頭で私の自己紹介、日本の文化紹介をおこない、JICAの事業についても説明しました。...

サファリにいってみた!

三連休を利用して、観光地として有名なセントルシア、イムフォロジにいってきました。サファリにあまり興味はなかったのですが、その迫力にまた行きたいと考えています。セントルシアまでは約20kmなので、自転車を手に入れたら週末を利用して遊びに行きたいと思っています。

南アフリカのサファリで出会った象
【南アフリカ】BIG5を追ってサファリツアーに参加したら象に追いかけられた南アフリカ共和国の田舎で生活している、きたむ(@wakajps)です。セントルシア(St.Lucia)に滞在しつつ、イムフォロジ=シュシュルウェ(iMfolozi=Hluhluwe)にある国立公園に滞在してきました。今回は主にサファリ目的の滞在だったため、イムフォロジについて書いていきます。...

まとめ

生活面

ルームメイトの体臭に困りつつもあまり大きなトラブルなく過ごせています。三か月経ったあたりで、他国の同期がばたばたと体調を崩しはじめています。適度に力を抜きながら、健康第一で過ごしていきたいと思います。

活動面

では、はじめの6か月は情報収集・調査にあてる期間かなぁと考えていましたが、想定以上に早く「実行」する場面がありました。このあたりは、JICAに提出する第1号報告書に書いています。興味がありましたら、下のリンクからどうぞ。

青年海外協力隊第一号報告書
青年海外協力隊 - 赴任して三か月。第1号活動報告書を公開します青年海外協力隊として南アフリカ共和国で活動している、きたむ(wakajps)です。 赴任してから三か月が経ち、第1号報告書が完成し...

同期の様子は?

私の同期を見ると必ずしも『みんながみんな元気だった』わけではありませんでした。

特に、訓練所の中で講義で言われていた、『節目となる三か月に体調を崩しやすい』という話は、まさにその通りだったと思います。

青年海外協力隊の三か月目の体調不良
青年海外協力隊が赴任して三か月目に体調を崩しやすいその原因とは?この約半年、私の同期を見ると必ずしも『みんながみんな元気だった』わけではありませんでした。特に、訓練所の中で講義で言われていた、『節目となる三か月に体調を崩しやすい』という話は、まさにその通りだったと思います。同期の状況等を踏まえて、体調を崩した事例の紹介と解消法について考えてみたいと思います。...

青年海外協力隊のあれこれ

青年海外協力隊に関する情報(選考~派遣前訓練~活動中のこと)を以下にみやすくまとめてみました。

Twitterやインスタグラムからお問い合わせていただいてもOKです!

TwitterInstagram

ABOUT ME
きたむ
アフリカではたらくフリースタイルジャパニーズ |三度の飯と写真|87年生の伊豆下田育ち→大学職員人事→ 南ア現地NGOでICT・マイクロファイナンスを軸に活動中|キリマンジャロ登頂|スマホ歴12年|旅行14カ国|仕事7カ国|<プロフィール詳細>




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です