南アフリカ共和国

南アフリカ・ケープタウンを満喫するおすすめの観光・旅行ルート【4泊5日】

南アフリカ在住のきたむ(@wakajps)です。

南アフリカのケープタウンは、自然に恵まれ発展した都市で、世界的に有名な観光地として知られています。

観光スポットは、テーブルマウンテン、ウォーターフロント、喜望峰、ボルダーズビーチ、ボカープ、ワインナリー巡り、海水浴、ロベン島(ネルソン・マンデラが収容されていた刑務所)など、魅力的な場所がたくさん!

日本からツアーも出ていますが、航空券(チケット)手配から宿の予約まで自分でおこなってしまえば、かなり安く済ませることができます。

今回の記事では、格安でケープタウンの見どころ満載のスポットを4泊5日でまわる観光・旅行ルートを紹介します!

きたむ
きたむ
安く済ませ、かつ効率的にまわれるルートです!
あわせて読みたい
南アフリカ・ケープタウン国際空港から市内までの行き方・アクセス南アフリカにいます、きたむ(@wakajps)です。 南アフリカ共和国のケープタウン国際空港から、ケープタウン(Cape Town...

【1日目】無料のウォーキングツアー(歴史ツアー)

植民地時代や奴隷時代に使われた歴史的な施設を視察するツアー。所要時間、1時間30分。

伝統的な建築物を眺めているだけでも十分楽しめることができますが、歴史的な背景を知りながらまわってみるとより理解が深まると思います。

きたむ
きたむ
解説ガイド付きの無料のツアーがおすすめ!

アフリカの中でも屈指の発展を遂げる南アフリカですが、植民地時代や奴隷時代など困難な時代を経て今を迎えています。ツアーの中では、奴隷の人々が収容されていた施設もまわります。

きたむ
きたむ
歴史、伝統的な建築物に興味があるかたに特にオススメのツアーです。
公園のリス

 

【1日目】無料のウォーキングツアー(ボカープ)

そして、次のおすすめしたいのがカラフルでポップな建物が特徴的なボカープ(Bo-Kaap)。これもガイド付きのツアーでまわることができます。所要時間は、約2時間。

きたむ
きたむ
インスタ映え間違いなしのスポットです!

シグナルヒルの麓にあるボカープは、1760年代にケープ・マレーとして築かれ、奴隷してやってきた人々が賃貸が並ぶエリアでした。これらの人々はマレーシア、インドネシア、アフリカの他の国々からケープにやってきた人々でケープ・マレーシアとして知られていました。

当時の家の色は白で、これは白でなければならないという事実に起因すると言われています。このルールが最終的に解除され、奴隷が物件を購入することが許されたとき、彼らは「自由の象徴」として明るい色彩で家を塗っていったそうです。

こちらも無料のガイド付きツアーがおすすめで、解説してもらいながらボカープの街並みを歩くができます。ツアーでなくても訪れることができますが、治安が心配な方は、ガイドがついていたほうが安心できると思います。

きたむ
きたむ
チップは20ランドほど渡しました。

このツアーに関する詳細は以下の記事にまとめています。

あわせて読みたい
【ボカープ地区】カラフルな家がならぶケープタウン定番の観光スポット南アフリカ在住のきたむ(@wakajps)です。 ケープタウン(Cape Twon)のボカープでフォトジェニックな写真を撮ろう! ...

 

【1日目】夕食(レストラン)

初日は、ボカープからそのまま向かえるレストランでケープ・マレー料理がおすすめ!

このボカープの中心地にBiesmiellah Restaurantというマレー料理を取り扱うレストランがあります。他にもレストランはありますが、高いクオリティで食事を楽しみたいなら歴史あるこのお店をおすすめします。

アフリカというとTheアフリカ!な料理をイメージしてしまいますが、南アフリカは奴隷時代や植民地時代を経験した過去があり、多様性にあふれかえっています。そういった歴史からケープ・マレー料理として親しまれ、南アフリカの代表的な料理の一つとして認知されています。

きたむ
きたむ
伝統的なボボティーや、カレーがおすすめ!

Biesmiellah Restaurantの以下の地図から確認できます。

【2日目】南アフリカ産ワインを嗜む、ワイナリツアー!

次にオススメしたいのが、ステレンボッシュにあるワイナリーをめぐる終日のツアー。

南アフリカ産ワインは、酸化防止剤等の薬品使用が少なく身体にも優しく、フェアトレードワインの割合も世界一な最高のワインなのです。そして、ケープタウン市内を少し離れ、ステレンボッシュというワインの産地の雄大な景色を楽しむことができます。

きたむ
きたむ
南アフリカに来たら南ア産ワインなしで帰っちゃうのは勿体ない!

ワイナリーツアーの申し込み方法、行程などの詳しいことは、以下の記事にまとめています。

あわせて読みたい
【ケープタウン】ワイナリーツアーで南アフリカ産ワインを嗜もう!南アフリカ在住のきたむ(@wakajps)です! 南アフリカ共和国といえば、南アフリカ産のワインがとても有名ですね。世界的な有名な...

【2日目】食事(レストラン)

なぜアフリカまで来て!と思われるかもしれませんが….あえて『ラーメン屋』をおすすめしたいと思います。

ケープタウン市街から少し外れたところにある、Down Town(ダウンタウン)というラーメン屋。

きたむ
きたむ
アフリカでラーメンを食べたというのは、貴重な経験になるのでは!

気になるお味は、ご自身でお試しください….!

きたむ
きたむ
醤油ラーメンがおすすめです。

お店への行きかた・メニューなどの詳細は、以下の記事でまとめています。

あわせて読みたい
醤油ラーメンが美味!南アフリカ・ケープタウンのラーメン屋【DownTown】南アフリカ在住のきたむ(@wakajps)です。 ケープタウンに来たらウォーターフロントやロングストリートにレストラン街があるので...

 

【3日目】ボルダーズビーチ(Boulders Beach)

なんとアフリカで、かわいいアフリカペンギンを見ることができてしまうスポット。

ほとんどのペンギンは、ぼーっとまっすぐに立って日向ぼっこをしています。目を細めた表情が特にかわいい!

私が訪れた1月初旬は、産卵のシーズンなのか卵を温めているペンギンを見ることができました。3月になると小さい子を連れた親子連れのペンギンを見ることができるそうです。

ペンギンを見ることができるボルダーズビーチは、以下の記事で詳しくまとめています。

あわせて読みたい
【南アフリカ】現地ツアーでかわいいケープペンギンに会いに行こう!南アフリカ在住のきたむ(@wakajps)です。 南アフリカ共和国で人気の観光地、ケープタウン(Cape Town)。 ケー...

【3日目】喜望峰(Cape of Good Hope)

喜望峰も世界的に有名な歴史的なスポットの一つですね。大西洋とインド洋の2つの大海が出会う岬、喜望峰。

500年近くも前にヨーロッパから航海士が訪れただなんてロマンがありますよね。

灯台に登るのと、ハイキングコース入り口付近にある対面の崖に行くのも忘れずに!とても風が強いですが、海沿いの綺麗な景色を見ることができます。

きたむ
きたむ
崖を下ったところにアフリカ大陸最南端を示す看板がありますので、記念写真を撮るのを忘れずに!

このボルダーズビーチと喜望峰は市街から約40km以上離れているので、他の観光スポットと比べてやや行きにくい場所に位置しています。

そこでオススメしたいのがBaz busというツアー会社がおこなっている現地のバスツアー。

このボルダーズビーチ、喜望峰の他にも、途中の景色のよい場所でサイクリングを体験できます。食事やガイドもついてお得。出発当日は、宿泊先の前まで迎えに来てくれます!

申し込みはBaz Bus(ツアー会社)のHPから可能で、料金は、790ランド(約7,110円)。

バスツアーを申し込む(Baz Busの公式Webサイト)

 

【3日目】食事(レストラン)

南アフリカをはじめとするアフリカ各国の料理を堪能すぐことができるゴールドレストラン(Gold Restaurant)をおすすめします!

きたむ
きたむ
しかもこのレストラン、アフリカ伝統のダンスショーまでついてるんです….!

南アフリカ共和国(ケープマレー含む)、モロッコ、アルジェリア、ザンビア、ナミビア、ガーナ、タンザニア(ザンジバル含む)、エジプトの料理を楽しむことができます。

食事を楽しんでいるとホールの隅の方から雄たけびが…..!と思ったら、ショーの開始の合図。ホールの端の方からアフリカの伝統的な衣装をまとった人たちが、陽気な音楽に合わせて歌いながら前方のステージにあがっていきます。

ゴールドレストランの予約方法などの詳細はこちらの記事でまとめています。要事前予約です!

あわせて読みたい
【ケープタウン】美味しいアフリカ料理を堪能できるおすすめレストラン南アフリカ在住のきたむ(@wakajps)です。 南アフリカ共和国の観光地ケープタウンで、アフリカ各国の料理を食べることができるお...

【4日目】テーブルマウンテン

ケープタウン(Cape Town)の観光スポットとして有名すぎるテーブルマウンテン。ケープタウンの象徴的な存在でもあります。ケープタウンに来たら絶対に一度は行きたいスポット!

きたむ
きたむ
トリップアドバイザーの人気ランキングでは、登録されている406件のうちテーブルマウンテンは堂々の一位!

テーブルマウンテンとは?

テーブルマウンテン(英語: Table Mountain、アフリカーンス語: Tafelberg)あるいはテーブル山は、南アフリカ共和国西ケープ州のケープ半島北部にある山。約3kmに亘り山頂がほぼ平坦なことから名づけられた。

垂直に切り立った崖が特徴の山で、テーブルマウンテン国立公園を形成している。頂上にはロープウェイやハイキングで上れる。

引用:Wikipedia

テーブルマウンテンに登るには、ロープウェイ、ハイキングの二通りの方法があります。ロープウェイに乗るには、チケットの購入が必要です。

きたむ
きたむ
頂上からはケープタウンの雄大の景色を眺めることができるのでおすすめです。夕方に登り始めて夜景を眺めるのもすてきですね。

 

テーブルマウンテンへの行き方、チケットの購入方法は以下の記事でまとめています。

あわせて読みたい
【ケープタウン】大人気の観光スポット・テーブルマウンテンに登ろう!南アフリカ在住のきたむ(@wakajps)です。 ケープタウン(Cape Town)の観光スポットとして有名すぎるテーブルマウンテ...

 

【4日目】ロベン島

ネルソン・マンデラが27年もの間、収容されていた刑務所の跡地を巡るツアー。ロベン島は、ユネスコの世界遺産にも登録されています。

ロベン島の建物の用途はハンセン病患者の隔離施設や精神病院、国防訓練基地などとして時代と共に変わりましたが、この世界遺産が最も有名なのは、反アパルトヘイト運動の活動家たちが政治犯として収容された刑務所としてです。

ここに何年も投獄されていた人種的抑圧反対運動の指導者たちは、アパルトヘイト後の南アフリカに向けた構想を練っていました。家族や友人と引き離され投獄されたネルソン・マンデラやウォルター・シスル、ターボ・ムベキ、アーメド・カスラダ、ロバート・ソブクウェといった人々は、鋼のように強い意志を持った英雄でした。彼らの新たな時代への希望は決して揺らぐことはありませんでした。ユネスコ世界遺産委員会は、この地を、その「人間精神の勝利」の地として世界遺産に登録しました。

引用:南アフリカ観光局

刑務所内を案内してくれるのは、当時、犯罪者として扱われ実際にこの刑務所にはいっていた元囚人。ゆっくり丁寧な語り口で、食事、生活の内容、仕事の内容など当時の様子をお話してくれます。

きたむ
きたむ
ネルソン・マンデラが実際に収容されていた牢屋を見学することができます!

このロベン島に行くには、ウォーターフロントから出航しているフェリーのチケットが必要です。人気のあるツアーのため、少なくとも3日前にはオンラインで予約しておくことをお勧めします。(一日に数回の出航)

 

ロベン島への行き方、チケットの購入方法、その他の詳細は以下の記事にまとめています。

あわせて読みたい
【ケープタウン】世界遺産ロベン島でネルソン・マンデラの歴史を辿る南アフリカ在住のきたむ(@wakjaps)です。 南アフリカ共和国の著名な人物といえば、アパルトヘイト制度撤廃に全力を注いだネルソ...

 

【4日目】食事(レストラン)

海に囲まれたケープタウンで過ごすなら新鮮な魚介類を!おすすめなのは、Codfather Seafood & Sushiというレストラン。1998年オープンしたレストランでケープタウンでも約20年の歴史を持つ、有名なレストランなのです。

きたむ
きたむ
トリップアドバイザーの評価では、海鮮のカテゴリーで164件中、堂々の一位です!

お店はテーブル席、バーカウンター、店内の奥の方には回転寿司のバーがあります。

クーラーケースに入った新鮮な魚介類を自分でセレクトし、調理してもらうことができるので、気になった魚や貝をオーダーしてみる面白さもありますね!

私が行ったときは満席で30分ほど店内で待たされましたので、あらかじめ公式Webサイトで予約しておくことをおすすめします。

お店はキャンパスベイに位置しており、ケープタウンの中心地からはUberで約15分です。

 

【5日目】グリーンマーケットスクエア(Greenmarket square)

お土産を購入するのであれ、ケープタウン市内の中心に位置するグリーンマーケットスクエアがおすすめです。南アフリカの工芸品を購入できることができます。

きたむ
きたむ
帽子や洋服、布、スプーンや置物など、その品揃えはとても豊富。

 

ケープタウンおすすめの宿(ゲストハウス)

ケープタウンの中心街に位置するおすすめの宿を紹介します。

ホテルは”高級”の扱いで、一般的にはゲストハウスやB&B(ベッドアンドブレックファスト)が主流です。費用を安く抑えたい場合は、ゲストハウスに宿泊されることをおすすめします。

Loop 91(ループナインティナイン)

ロングストリートのすぐ横にある、ループ通りに位置するゲストハウスです。周辺の観光スポットへのアクセスが良く、グリーンマーケットスクエアまで徒歩3分。

朝食付きで、シングルルーム、ドミトリーが用意されています。Booking.comから予約から予約が可能です。

Cat and Moose(キャットアンドムース)

実はこの宿のオーナーは日本人。日本人のバックパッカーが多く滞在するようですが、欧米人の観光客も他のゲストハウス同様、利用している方が多いです。ロングストリートに面していてアクセスもバッチリ。さらに日本人割引があります。

ドミトリー、シングルルーム、ダブルルームから部屋を選べます。キャットアンドムースの公式Webサイトから予約が可能です。

空港から市内に移動する方法

シティバスやタクシーなどの交通機関がありますが、一番おすすめしたいのはUber(ウーバー)を使う方法。

安く早くタクシーを手配し、スムーズに市内まで向かうことができます。安全に移動する方法としてもオススメです。

使い方は、手持ちのスマホでアプリをインストールし、アプリでは目的地を設定して、タクシーをリクエストするだけです。

ウーバーをダウンロードする

ケープタウンのWiFi・SIMカード事情

ケープタウン市内のレストラン、ゲストハウスでは、WIFiを使える場所が多いです。SIMカードが必要な場合は、ケープタウン国際空港や市内で購入することができます。

南アフリカ共和国のSIMカード・料金プランについて、以下の記事でまとめています。

あわせて読みたい
【まとめ】南アフリカの携帯電話・SIMカード(データプラン・通信会社)南アフリカにいます、きたむ(@wakajps)です。 滞在する期間やプランにもよりますが、プリペイドSIMカードを使うことで、レン...

 

さいごに

以上、ケープタウンの見どころをご紹介いたしました!

それぞれの観光スポットの中心に位置する、ご紹介した宿、または付近の宿(ループストリート、ロングストリート付近)を拠点に移動されると効率的に旅行できると思います。

観光客の多いケープタウンですが、治安の関係で夜の外出(徒歩移動)はおすすめできません。食事などで、夜に外出する場合は、ウーバーで移動することはおすすめします。日中に観光スポットに移動する場合にも、手軽に使用できるウーバーが圧倒的におすすめ!

きたむ
きたむ
それでは、良いケープタウン旅行を!
あわせて読みたい
南アフリカ・ケープタウン国際空港から市内までの行き方・アクセス南アフリカにいます、きたむ(@wakajps)です。 南アフリカ共和国のケープタウン国際空港から、ケープタウン(Cape Town...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!