【重労働】登山に感動したけどポーターがヤバかった件【キリマンジャロ】

【重労働】登山に感動したけどポーターがヤバかった件【キリマンジャロ】

アフリカ最高峰キリマンジャロ登山で無事に登頂を果たした、きたむ(wakajps)です。

キリマンジャロ登山にあたっては、ツアー会社に申し込んでポーターさんをつけることが必須。ポーターの役割は、荷物運び、コックさん、ガイドなどなど。

日本人の4人に対して16人のタンザニア人が付き添ってくれました。(関連記事:キリマンジャロ登山で必要な事前準備をすべて網羅【まとめ】

そのポーターたちの働きに感動したので、ポーターたちの働きっぷりを見てください。

キリマンジャロ登山中のポーターが働きすぎる件

キリマンジャロ登山中のポーターが働きすぎる件あたかも普通なように見えるが相当大きい荷物を運んでいる
キリマンジャロ登山中のポーターが働きすぎる件すばらしい景色とポーター(過労)
キリマンジャロ登山中のポーターが働きすぎる件運び方は多種多様
キリマンジャロ登山中のポーターが働きすぎる件柔らかいもの(パン)は外に出した方がいいらしい
キリマンジャロ登山中のポーターが働きすぎる件急傾斜でも構わず進んでいく
キリマンジャロ登山中のポーターが働きすぎる件女性のポーターもいた
キリマンジャロ登山中のポーターが働きすぎる件景色と同じかそれ以上にインパクトがある
キリマンジャロ登山中のポーターが働きすぎる件前が見えているのか心配にもなる
キリマンジャロ登山中のポーターが働きすぎる件この笑顔である
キリマンジャロ登山中のポーターが働きすぎる件手の支えなしで歩くにはどれほどの鍛錬が必要なのか
キリマンジャロ登山中のポーターが働きすぎる件ポーターと同じくらいの大きさの荷物を運ぶポーター

ポーターとのエピソード

きたむ
きたむ
控えめに言ってポーターに感謝しています
  • 山へのペットボトル持込は禁じられており、手水(毎朝夕に洗面器半杯のぬるま湯をくれる)や飲食用の水は全てポーター達が汲み沸かして提供してくれた
  • 恐らく5000mあたりからか朦朧としはじめ、たぶん半分寝ていた。周りを見ると泣き出している連れにポーターが優しくしていた
  • 登頂間近で意識が朦朧としていたところポーターから『起きろ!!』と声をかけられ起こされる
  • 寒さで手が凍りはじめる連れに対して、ポーターが素手で手をこすってあげていた
  • 夜は早くに暗くなってしまうせいか、ポーターたちはみんな、時間通りにキビキビ動いていた
  • アフリカ人と言えば、時間にややルーズ(通称アフリカンタイム)な印象があったため、少し見直してしまった。
  • ガイドから「ポレポレ(ゆっくり)」と声をかけられた。その言葉通り、緩やかに登っていった。
  • 休憩をとったあと出発するときに、「イコウ」と声をかけてくれた。これがとてもかわいい。

申し込んだのは現地ツアー会社「キリクライマーズ」

キリマンジャロ登山といったらキリクライマーズのツアー

いくつかの現地ツアー会社に見積もりを取り、費用と信頼感を考慮して、キリクライマーズ(Kili Climbers)というツアー会社を選択しました。

費用は他にも安いところはあったのですが、ブログなどでキリクライマーズの評判が良かったことから、キリクライマーズを選定。

>>関連記事:【キリマンジャロ登山】現地ツアー会社の予約はキリクライマーズでOK

キリマンジャロ登山中の様子(ブログ記事)

【2018】30歳男が挑んだキリマンジャロ登山をブログと写真で振り返る!

以下の記事で、キリマンジャロ登山中(マチャメルート)の様子をハイライトで紹介しています。

>>30歳男が挑んだキリマンジャロ登山をブログと写真で振り返る!

以上、きたむ(wakajps)でした!

ABOUT ME
きたむ
アフリカではたらくフリースタイルジャパニーズ |三度の飯と写真|87年生の伊豆下田育ち→大学職員人事→ 南ア現地NGOでICT・マイクロファイナンスを軸に活動中|キリマンジャロ登頂|スマホ歴12年|旅行14カ国|仕事7カ国|<プロフィール詳細>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です