000 協力隊選考応募

青年海外協力隊「体育」の活動内容/給料/合格倍率!(動画付き)

運動できない人

青年海外協力隊「体育」の職種では、小学校や中高校などの学校現場へ配属されることが多く、その学校の一教員として、体育の授業を担当します。同時に、現地の先生たちに手軽に実施することのできる体育教授法を紹介したり、一緒に指導法を考える活動が期待されています。

なお、青年海外協力隊「体育」になるためには、英語力等の選考(書類、面接)に合格する必要があります。

青年海外協力隊 職種「体育」とは

青年海外協力隊「体育」の活動(仕事)内容

グラウンドや体育館、ボールなどの用具が整備されていない事が多いので、隊員はモノや場所がないところで工夫して体育の授業を展開することが求められます。また、日本の学校同様に放課後の課外活動の指導も期待されています。サッカー、陸上競技、バレーボール等、得意な種目があると、現地の生徒たちとのコミュニケーションも一気に深まります。

 

体育隊員に必要な資格や経験

保健体育科教員免許があると望ましいですが、次のような経験資格を持つかたも歓迎です。
・アルバイトやボランティア等で体育・スポーツの指導経験のあるかた
・日本体育協会等の各種スポーツ指導者資格等を有するかた「体育」は、スポーツを通じて人を育てる教育活動です。将来、教員になりたいかたや、子どもと共にスポーツ活動することが好きなかたに向いています。

 

「体育」の要請(仕事)内容の例

【配属先概要】

1)受入省庁名(日本語)
教育青年スポーツ省

2)配属先名(日本語)
プレアシハヌーク州教育青年スポーツ局

3)任地( プレアシハヌーク ) JICA事務所の所在地( プノンペン )
任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( バス で 約 4.5 時間 )

4)配属先の規模・事業内容
配属先である教育青年スポーツ局青年スポーツ課は、州内の学校の体育授業の改善、スポーツ・イベントの運営、体育・スポーツ振興等の業務を担う州の教育行政機関である。局の職員数は58名、年間予算は約9,000ドル。青年スポーツ課には担当職員7名が在籍、管轄する学校を定期的に巡回し授業実施状況等の調査・報告を行う。2016年11月より2代目の体育の青年海外協力隊(JV)が同課に配属され活動中。


【要請概要】

1)要請理由・背景
同国の教育現場では、単に教科書の記載内容を暗記するだけの授業が主流となっており、体育などの情操教育分野においても、実技指導が十分にできる教員は少ない。JICAは、これまで草の根技術協力事業を行うNGOとの連携やJV派遣を通じ、多面的に情操教育分野の指導力強化を支援してきた。配属先においては、これまで2代の体育隊員が派遣され、小学校や小学校教員養成校を巡回しながら体育授業の質の向上に向け活動してきたが、未だに授業レベルは各学校教員によってまちまちであり、各学校・教員のレベルを一定水準に引き上げるには少なくともあと1代の支援が必要であることから本要請に至った。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)
1. 小学校を巡回し、体育の指導レベルが十分でない教員とともに体育授業を実践する。
2. 小学校の体育授業における陸上・球技・体操等の基本動作確認や指導ポイントを確認し、必要に応じ教員に
助言する。
3. 小学校教員養成校において、教員および学生に対し指導技術や指導法について助言する。
4. 各小学校の体育指導レベルを一定の水準引き上げるため、必要に応じワークショップ等を企画・開催する。

3)ボランティアが使用する機材の機種名・型式、設備等
特に無し(局内に執務スペースと机はある)。巡回先には、ボール等の用具を持っている学校もある。

4)配属先同僚及び活動対象者
青年スポーツ課職員;7名(30-50代 男性)

体育担当課長 50代男性
体育担当副課長 2名 (30代・40代 男性)
*カウンターパートは体育担当課長の予定。

5)活動使用言語
クメール語

6)生活使用言語
クメール語

JICAホームページ要請・職種情報(体育)から現在募集中の要請の一覧を見ることができます。

 

「体育」の活動(仕事)内容の動画

 

青年海外協力隊「体育」職種の合格倍率の推移

 2016秋2016春2016秋2017春平均
体育1,882,041,911,561,84

人気職種の体育の近年の合格倍率の平均は1.84でした。

平均1.84人に一人が合格しているという結果ですね。

 

「体育」の給料と待遇

青年海外協力隊は、『ボランティア=無償で働くの?』といったイメージから、私もよく友達からその給料や待遇のことについてよく聞かれます。

厳密には、『給料』としてではなく『手当』として、派遣前から任期終了の期間について一定の金額が支給されることになります。

なお、職種には関係なく、派遣される国によって支給される額が異なります。

以下の記事で、『青年海外協力隊の給料と保険 / その他待遇と諸制度』について、詳しく紹介しています。

青年海外協力隊の給料と待遇
【網羅します】青年海外協力隊の給料と保険/待遇と旅行制度【まとめ】JICA(国際協力機構)がおこなう青年海外協力隊=海外ボランティア事業。『ボランティア=無償で働くの?』といったイメージから、私もよく友達からその給料や待遇のことについてよく聞かれます。派遣期間中と派遣前訓中は、『給料』としてではなく『手当』として、一定の金額が支給されることになります。...
ABOUT ME
きたむ
アフリカではたらくフリースタイルジャパニーズ |三度の飯と写真|87年生の伊豆下田育ち→大学職員人事→ 南ア現地NGOでICT・マイクロファイナンスを軸に活動中|キリマンジャロ登頂|スマホ歴12年|旅行14カ国|仕事7カ国|<プロフィール詳細>




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です