【フィリピン】セブ・マクタン島からボホール島への行き方・アクセス

【フィリピン】セブ・マクタン島からボホール島への行き方・アクセス

\7月16日まで!/

フィリピン・セブ留学をおえた、きたむ(wakajps)です。

この記事では、フィリピン・セブ島からボホール島へ行き方・アクセスを紹介します。

ボホール島までは、飛行機などいくつか移動手段がありますが、この記事ではフェリー(船)での移動方法を紹介しています。一番格安で移動できる方法です。

セブ市内からフェリー乗り場に向かう

セブ市内からGrabでフェリー乗り場に向かう

まずはセブ市内(または空港)からフェリー乗り場に向かいます。

現地のタクシーを使うか、配車アプリGrabの二択ですが、Grabを使うとよいでしょう。ぼったくりを防ぐ、安全面の観点でGrabがおすすめです。

おトク情報

Grabを登録していない方は初回50ペソ割引クーポン付で登録できます。こちらから

市内からフェリー乗り場までは、車で約15分、193ペソでした。(車でフェリー乗り場に入場する場合、ドライバーから10ペソ前後、請求されることもあります。)

目的地は「Pier 1」で指定すればOK。いくかフェリー乗り場(ターミナル)がありますが、ボホール島に向かうのはこの「Pier1」です。

フェリー乗り場でチケットを購入

フェリー乗り場でチケットを購入

フェリー乗り場の正面に、フェリーのチケット売り場があります。

いくつか行先がわかれていますが、ボホール島は「TAGBILARAN(タグビララン)」を確認すればOK。写真の看板でいうと「CEBU – TAGBILARAN」です。

  • 朝の6時から、夕方18時半まで、約1時間間隔で運行
  • 身分証明書が必要(パスポートなど、日本の運転免許証でも可でした)
  • いくつかあるフェリー会社のうちOCEANJETがおすすめ
  • チケットの料金は「一般」「旅行者」「ビジネス」で選択可
  • コスパの良い「旅行者」の席がおすすめ。料金は500ペソ

なお、土日や連休はフェリーが混みやすい傾向があり、列に並んでから購入まで約1時間かかりました。セブでは車の渋滞リスクもあるため、早めに行動したほうがよいでしょう。

チケットを購入したら、ターミナル(フェリー発着場)に向かいます。

ボホール行きのフェリー乗り場に入場する

ボホール行きのフェリー乗り場に入場する

チケット売り場から上の写真のターミナルまでは徒歩30秒。

ターミナルに入場するときに、先ほど購入したチケットを見せます。ターミナル内ですることは👇

  1. カウンターでターミナル手数料25ペソを支払う
  2. 手荷物検査を通過する
  3. チェックインカウンターで手続きする(荷物を預ける場合はここで依頼)
  4. 出発時間10分前には出発ゲートで待つ

白い紙はチケットです。ターミナル手数料を支払うと、ピンク色の紙をホチキスで止めてくれます。このピンク色の紙がないと先に進めないので注意。

セブ島フェリー乗り場の様子

私が利用したときは、連休前だったためかかなり混雑していました。

セブ島フェリー乗り場のカフェ

待合室には小さなカフェがあったので、出航時間までここで時間を潰しました。

出発時間にゲートをくぐりフェリー出航

出発時間にゲートをくぐりフェリー出航

出発時間が近づくと上の写真のように、出発ゲート前に人が並び始めます。

セブ島からフェリーに乗り込むところ

係員にチケットを確認してもらいつつ、乗船完了!

セブ島からボホール島までのフェリー内部の様子

セブ島からボホール島までは約2時間で到着しました。船内では映画が流れているので、退屈しなくて済みます。

大きく揺れることはなかったので、船酔いが心配な方も特に問題ないと思います!

 

以上、きたむ(wakajps)でした!

 

おトク情報

Grabを登録していない方は初回50ペソ割引クーポン付で登録できます。こちらから

ABOUT ME
きたむ
アフリカではたらくフリースタイルジャパニーズ |三度の飯と写真|87年生の伊豆下田育ち→大学職員人事→ 南ア現地NGOでICT・マイクロファイナンスを軸に活動中|キリマンジャロ登頂|スマホ歴12年|旅行14カ国|仕事7カ国|<プロフィール詳細>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!