青年海外協力隊 PCインストラクターの活動内容/給料/合格倍率(動画つき)

青年海外協力隊「PCインストラクター」は、発展途上国の小学校や中・高等学校、職業訓練学校でMicrosoft Officeの使い方であったり、基礎的なICT技術・知識を指導することが求められます。

要請によっては社会人経験は問われますが、プログラミングやネットワークの経験がなくても、実は、「事務員として仕事で日常的にパソコンを使っていた」程度でも合格することができます。

教員等のインストラクター経験があれば、なお良いと思いますが決して必須ではありません。

加えて、要請が多い割りに応募件数が少なく合格倍率が低い傾向のため、青年海外協力隊の職種の中でも『合格しやすい職種』といわれています。

なお、青年海外協力隊「PCインストラクター」になるためには、英語力等の選考(書類、面接)に合格する必要があります。

青年海外協力隊 職種「PCインストラクター」とは

「PCインストラクター」の活動(仕事)内容

PC インストラクターは、主に PC 教師として、小中高等学校、教員養成校、職業訓練校等の教育機関をはじめ、官公庁や障がい者支援施設等に派遣され、現地の人と共に活動を行います。授業の内容は、パソコンの基本操作からパワーポイントの作成、写真の加工などが主なものですが、現地の人向けにわかりやすいカリキュラムや教材を作成するなどの創意工夫が求められます。また、要請の中には、PC 授業や同僚教師への指導だけではなく、学校内の手書きの書類のデータ化、コンピュータルーム管理や、簡単な LAN 環境の整備を求められる場合もあります。

 

「PCインストラクター」の要請(仕事)内容の例

【配属先概要】

1)受入省庁名(日本語)
首相府

2)配属先名(日本語)
ラオス労働組合連盟

3)任地( ビエンチャン特別市 ) JICA事務所の所在地( ビエンチャン特別市 )
任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( 自転車 で 約 0.4 時間 )

4)配属先の規模・事業内容
配属先は首相府の管轄下にある労働者のための能力開発訓練センター。首都中心にある本部訓練センターでは、中央省庁職員や県庁職員、国営企業幹部 などを対象に、英語・プレゼンテーションの手法など、事業振興に必要な基本的スキルアップのための訓練を実施している。同訓練センターは、30人が宿泊できる施設を備え、教室6室と会議室を備えている。また2015年には、郊外に新たな職業訓練校が開校した。


【要請概要】

1)要請理由・背景
インターネットやコンピュータの普及に伴い、ラオスの行政機関や国営企業の職員にIT知識の浸透と活用についてのスキルアップが求められているが、一部の人々しかその知識を身につけておらず、IT技術の浸透が進んでいないのが現状である。訓練センターでは、コンピューターネットワークの敷設および協力隊員の派遣に伴いIT分野の講義が2015年より開始された。前任者はMS-OFFICE、画像処理ソフトの使い方、ネットワークの基礎など、公務員や国営企業従業員が職場で活用できる知識・技術を中心に指導を行ってきた。これらの活動を引き継ぎ、より多くの対象者がIT技術を習得できるよう、後任要請が為された。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)
1.表計算、プレゼンテーションソフト、画像処理ソフトの基本的な操作方法、ネットワーク構築、
PCメンテナンスなどの基本技術などについて20-50代の受講者約10-30名に紹介する。
特にAdobe PhotoShop、illustrator、CADに関する技術への需要、関心が非常に高い。
1回あたり約3ヶ月間のコースで、学習時間は平均で163時間/回(2015年実績)。
2. 配属先職員のIT知識を深めるために協力する。
3.年数回の地方在住者向けの集中訓練コースを実施し、受講者がIT知識を深めるために協力する。
※使用アプリはMS-Officeの他、OpenOfficeなどのOSS(オープンソースソフトウェア)もあり。

3)ボランティアが使用する機材の機種名・型式、設備等
教室、Windows7 搭載PC16台、Linux (Ubuntu 14.04) 搭載サーバー1台、スイッチングハブ、LANケーブルなどのネットワーク設備、プロジェクター

4)配属先同僚及び活動対象者
・責任者(男性、40代、経験15年)
・事務系職員(女性3名、20-30代、経験5-7年)
・技術系職員(男性1名、20代、PCレベル中-上級、メンテナンスや
OSインストールが可能)
・受講者(20-50代男女、PC操作レベルは初心者)

5)活動使用言語
ラオ語

6)生活使用言語
ラオ語

JICAホームページ要請・職種情報(PCインストラクター)から現在募集中の要請の一覧を見ることができます。

 

「PCインストラクター」の活動(仕事)内容の動画

 

「PCインストラクター」の合格倍率の推移

  2016秋 2016春 2016秋 2017春 平均
PCインストラクター 1,36 2,11 1,91 1,85 1,81

人気職種のPCインストラクターの近年の合格倍率の平均は1,81でした。

平均1,81人に一人が合格しているという結果ですね。

 

「PCインストラクター」の給料と待遇

青年海外協力隊は、『ボランティア=無償で働くの?』といったイメージから、私もよく友達からその給料や待遇のことについてよく聞かれます。

厳密には、『給料』としてではなく『手当』として、派遣前から任期終了の期間について一定の金額が支給されることになります。

なお、職種には関係なく、派遣される国によって支給される額が異なります。

以下の記事で、『青年海外協力隊の給料と保険 / その他待遇と諸制度』について、詳しく紹介しています。

青年海外協力隊の給料と待遇
【まとめ】青年海外協力隊の給料と保険/待遇と旅行制度JICA(国際協力機構)がおこなう青年海外協力隊=海外ボランティア事業。 『ボランティア=無償で働くの?』といったイメージから、私...
ABOUT ME
きたむ
アフリカではたらくフリースタイルジャパニーズ |三度の飯と写真|87年生の伊豆下田育ち→大学職員人事→ 南ア現地NGOでICT・マイクロファイナンスを軸に活動中|キリマンジャロ登頂|スマホ歴12年|旅行14カ国|仕事7カ国|<プロフィール詳細>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!