南アフリカ共和国の公用語とは?世界で最も多い11言語を持つ彩の国

南アフリカの公用語とは?11言語で世界で最も多く公用語を持つ国

南アフリカの公用語のうち9言語を話す、きたむ(wakajps)です。

南アフリカ共和国にやってきて、もっとも驚いたことの一つが公用語の数。

南アフリカの公用語は全部で11言語で、世界で最も多くの公用語を持つ国です。

南アフリカ共和国の公用語とは?

南アフリカ共和国の公用語とは?

公用語は英語、アフリカーンス語、バントゥー諸語(ズールー語、コサ語、北ソト語、ソト語、スワジ語、南ンデベレ語、ツォンガ語、ツワナ語、ヴェンダ語)の11言語。

しかし、実質的には公用語として機能しているのは英語のみと言える。

1994年の現憲法制定以前はアフリカーンス語と英語が公用語であり両言語が政府、国会、経済、教育、標記、メディアにおいてもほぼ平等に使われていた。

1994年の新憲法ではアフリカ諸語の保護育成のための多言語主義を掲げ、バントゥー諸語9言語が公用語に追加されたが、それまで共通語として機能していたアフリカーンス語を含め公用語の地位は形骸化している。

引用:Wikipedia 

きたむ
きたむ
南アフリカ人から、日本の言語の数を聞かれて驚かれるように、私もとても驚きました。

かつて共通語として認識されていた「アフリカーンス語」とは?

アフリカーンス語は、主に南アフリカの白人(アフリカーナー)たちの間で使われている言語。アパルトヘイトを象徴とする言語としても知られています。

勉強方法を以下の記事でまとめています。

南アフリカ公用語『アフリカーンス語』の勉強方法と便利なツール
南アフリカの公用語『アフリカーンス語』の勉強方法とおすすめ学習ツール南アフリカ共和国にいます、きたむ(wakajps)です。 南アフリカ共和国の公用語の一つ、アフリカーンス語(Afrikaans)。...

南アフリカ在住一年半にして公用語9言語を話すようになりました

南アフリカ在住一年半にして公用語9言語を話すようになりました

南アフリカにやってきてから、南アフリカの地方・都会、様々な人と知り合う中で段々と言語を覚えていきました。

その言語とは、英語、アフリカーンス語、ズールー語、コサ語、スワジ語、南ンデベレ語、ツォンガ語、ツワナ語、ヴェンダ語。

とはいっても、ほとんどの言語は、あいさつや基本的な応対のみのレベルです。レベルとしては低いです。

ただし、母語としているひとたちがいる以上、できる限り相手の母語で話しかけるようにしています。

日本にいる外国人がカタコトでも日本語で話しかけてくれたら嬉しいですよね?それと同じです。

南アフリカの公用語にまつわるちょっとおもしろいエピソード

南アフリカの公用語にまつわるちょっとおもしろいエピソード

よくTwitterでツイートしているので、いくつか抜粋して紹介してみます。

ほんのちょっと現地語を使うだけでも、聞いている現地人たちの反応がびっくりするほど、変わります。

 

私の場合、話すことはできても、書くことはまったくできません。音と口の形ですべて覚えています。

現地語をうまく活用して、南アフリカ人を笑わせるための”道具”として現地語を使うことも。

アフリカーンス語だけ公用語の中で難易度が高いです(自分の中で)。

 

見た目(人種)だけで相手の言語を判断してはいけないな、と学びました。

南アフリカで英語を話すときに工夫すること

英語も南アフリカの公用語の一つ。

ですが、第一言語を英語としている南アフリカ人はとても少ないです。おそらく10%ほどではないでしょうか。そして、英語のレベルは人それぞれ。

やりとりする内容にくいちがいがあると良くないので、大事なことは文面でもきちんと確認するようにしています。自分のためにも、相手のためにも。

話はじめるときにも一工夫することで、相手に聞きとってもらいやすくなります。

さいごに

南アフリカの公用語とは?11言語で世界で最も多く公用語を持つ国

日本という一つの言語しか持たない国。逆にこれも世界的には珍しいですよね。

そんな日本人の私が公用語が最も多い国に来てしまった。もちろんはじめはストレスを感じるようなこともありました。

でもわかってきたのは、話すことができれば相手の懐にスポっと入ることができるツールでもあるということ。

”言語はただのツールだ”という話を聞いたことがありますが、”言語は相手との距離を近づける素敵なツール”でもあると、実体験からそう感じています。

クリックサウンドを持つズールー語とは?

独自のクリックサウンドの発音がとても難しいため、世界で一番難しい言語とも言われています。

一口にクリックサウンドと言っても舌打ちのような『チッ』というような音もあれば、『ポコンッ』というような音があり、そのサウンドの種類は15種類にも及びます。

ズールー語とは?~クリックサウンドの発音を持つ南アフリカの民族言語~
ズールー語とは?クリックサウンドの発音を持つ南アフリカの民族言語青年海外協力隊として南アフリカ共和国で活動しているきたむ(wakajps)です。 突然ですが、ズールー語と呼ばれるクリックサウンド...
ABOUT ME
きたむ
アフリカではたらくフリースタイルジャパニーズ |三度の飯と写真|87年生の伊豆下田育ち→大学職員人事→ 南ア現地NGOでICT・マイクロファイナンスを軸に活動中|キリマンジャロ登頂|スマホ歴12年|旅行14カ国|仕事7カ国|<プロフィール詳細>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!