【ミャンマー】コンセント・変換プラグは「BFタイプ」!変圧器は必要?

【ミャンマー】コンセント・変換プラグは「BFタイプ」!変圧器は必要?

ミャンマー・ヤンゴンに滞在していた、きたむ(wakajps)です。

ミャンマーに旅行・観光するときに気になるのが、コンセント・変換プラグの形状。そして、変圧器は必要なのか、という心配。

ミャンマーのプラグ・コンセントの形状は二種類

頻繁に使われているのは、BF(G)タイプ or 万能タイプのどちらかでした。

いくつかカフェやレストラン、ホテルを訪れましたが、ほぼこのどちらか。

古そうなホテルでも、内装がリニューアルされている場合、万能タイプが使われていることもありました。

基本情報

電圧220~240ボルト(日本より高い)
周波数50ヘルツ
プラグ形状BF(G)タイプ or 万能タイプ(日本のコンセントにも対応)

BF(G)タイプ

ミャンマーのGタイプコンセントGタイプコンセント

Gタイプのコンセントの場合、日本のプラグ・コンセント形状ではそのまま差し入れすることはできません。

ミャンマーで使用した変換プラグ・コンセントミャンマーで使用した変換プラグ・コンセント

上の写真のような、BF(G)タイプの変換プラグが必要です(Amazonで購入可能)。

万能タイプ(日本のコンセント・プラグも使用可)

ミャンマーの万能タイプ(日本のコンセント・プラグも使用可様々なタイプに対応するコンセントもあった(日本のコンセント・プラグも使用可)

Gタイプのコンセントのほかにも、日本のプラグも使える形状がありました。

見慣れない形状ですが、日本のプラグも挿入可能で、他の海外のプラグにも対応しています。

ミャンマーの電圧は?変圧器は必要?

電圧は、日本の100ボルトに対して、南アフリカは220~240ボルト。

電圧が異なるので、基本的な考え方としては、変圧器が必要です。

ただし、スマホや携帯電話、パソコンは、変圧機能が内臓されているので、その場合、変圧器は必要ありません。

電子機器の対応電圧確認

機器の電源ACアダプターが240ボルトまで対応していれば問題ないので、持っていく機器を確認してみましょう!

どうしても変圧器が必要な場合は、日本で売っている変圧器を持っていきましょう。

上で紹介したプラグと組み合わせて使えばOKです。

プラグ・コンセントのほかにクレジットカードもお忘れなく!

たくさんの現金を持ち歩く必要がないメリットがあるクレジットカード。

一方で、ATMにクレジットカードが吸い込まれる、盗難されるなどのリスクもなくはないです。

なので、リスクヘッジのためにするために、少なくとも二枚、できれば三枚以上のクレジットカードを持ち物にいれることをおすすめします。

 

ミャンマーは比較的治安が良いですが、スマホやカメラなどの携行品が盗まれてしまうケースも。

エポスカードなど、クレジットカードに付帯する海外旅行保険を持っていると、万が一、貴重品が盗まれても、20万円など所定の金額が補償されます。

保険会社の海外旅行保険に加入すると数万円の費用がかかってしまいます。

エポスカードであれば、特別な支払いや手続きなしで保険が適用されます。お得ですね。

 

 

 

 関連記事  【ミャンマー】初めて旅行するならおすすめの観光スポット【ヤンゴン】

 関連記事  【チェックリスト】海外旅行で必要・便利な持ち物(45個)の一覧を網羅!

 

ミャンマー行き格安航空券

エクスペディア
JTB
Skyticket

ミャンマーの格安ホテル

エクスペディア
agoda
Booking.com

Twitterやインスタグラムでも日々発信中です!

TwitterInstagram

ABOUT ME
きたむ
アフリカではたらくフリースタイルジャパニーズ |三度の飯と写真|87年生の伊豆下田育ち→大学職員人事→ 南ア現地NGOでICT・マイクロファイナンスを軸に活動中|キリマンジャロ登頂|スマホ歴12年|旅行14カ国|仕事7カ国|<プロフィール詳細>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です