雑記

【先行レビュー】映画『ブレードランナー2049』のあらすじと感想

日本で2017年10月27日公開予定の映画、『ブレードランナー2049』を南アフリカで先行して観賞しました。

きたむ
きたむ
あらすじを踏まえつつ、レビューしていきたいと思います。

『ブレードランナー2049』のあらすじ・ストーリー

革新的SF映画『ブレードランナー』が、新たなる<奇跡>を起こす。

今、人間と人造人間<レプリカント>その境界線が崩れ去ろうとしている。

2049年、貧困と病気が蔓延するカリフォルニア。人間と見分けのつかない《レプリカント》が労働力として製造され、人間社会と危うい共存関係を保っていた。

危険な《レプリカント》を取り締まる捜査官は《ブレードランナー》と呼ばれ、2つの社会の均衡と秩序を守っていた―。

 

LA市警のブレードランナー“K”(R・ゴズリング)は、ある事件の捜査中に、《レプリカント》開発に力を注ぐウォレス社の【巨大な陰謀】を知ると共に、その闇を暴く鍵となる男にたどり着く。

彼は、かつて優秀なブレードランナーとして活躍していたが、ある女性レプリカントと共に忽然と姿を消し、30年間行方不明になっていた男、デッカード(H・フォード)だった。

いったい彼は何を知ってしまったのか?デッカードが命をかけて守り続けてきた〈秘密〉―
人間と《レプリカント》、2つの世界の秩序を崩壊させ、人類存亡に関わる〈真実〉が今、明かされようとしている。

引用:『ブレードランナー2049』公式HP

 

『ブレードランナー2049』の予告編(動画)

 

『ブレードランナー2049』の出演者(キャスト)

 

  • K / ジョー – ライアン・ゴズリング
  • リック・デッカード – ハリソン・フォード
  • 中尉 – ロビン・ライト
  • ネアンデル・ウォレス – ジャレッド・レト
  • ジョイ- アナ・デ・アルマス
  • ルヴ – シルヴィア・フークス(英語版)
  • アナ・ステライン – カーラ・ジュリ(英語版)
  • マリエッテ – マッケンジー・デイヴィス(英語版)
  • ドク・バジャー – バーカッド・アブディ
  • サッパー・モートン – デビッド・バウティスタ
  • ココ – デヴィッド・ダストマルチャン
  • フレイサ – ヒアム・アッバス
  • ミスター・コットン-レニー・ジェームズ
  • ナンデズ – ウッド・ハリス
  • フィル・クラーク – トーマス・レマルキス
  • 記者 – マーク・アーノルド
  • レイチェル – ショーン・ヤング
  • ガフ – エドワード・ジェームズ・オルモス

 

『ブレードランナー2049』の監督

  • ドゥニ・ビルヌーブ

 

『ブレードランナー2049』の原題

原題は、『Blade Runner 2049』です。

 

『ブレードランナー2049』の日本公開日

日本公開予定日は、2017年10月27日(金)です。

 

上映時間

上映時間は、約2時間43分でした。

少し長めに設定されていますが、話の展開がテンポ良く進んでいったので、長さはあまり気になりませんでした。

 

『ブレードランナー2049』のレビュー・見どころ

『ブレードランナー2049』は、SF映画の金字塔『ブレードランナー』の続編。1982年公開のオリジナル作品の舞台は 2019年でしたが、今回の『ブレードランナー2049』は、30年後の2049年の世界が描かれています。

なんといっても見どころは、テンポよく展開されていくストーリー・アクションと、近未来を表現するコンピューターグラフィックスでした。

前作からの続編ではありますが、続編を見ていなくても十分に楽しめる内容でした。

見どころ①『アクションシーン』

序盤から、アクションシーンでスタートしていきます。細かい描写はありませんが、銃殺後、”K”が相手の目ん玉をくり抜きます。

あまり書いてしまうとネタバレになってしまうのですが、前作の主人公デッカードを演じたハリソン・フォードが、後半で登場でします。砂丘を超えた先にデッカードが潜む館があり、そこでの暗闇での登場の仕方は余りに格好よく鳥肌が立ちました。

きたむ
きたむ
今作の主人公である”K”を演じる、ライアン・ゴズリングとのアクションシーン(格闘・銃・爆弾)は必見です!

クライマックスは、シルヴィア・フークス演じるルヴとKの格闘シーン。

暗い夜の海で闘います。

そして、海水の浸水が迫る車内に取り残されるデッカード。ハラハラドキドキが止まりません。デッカードがあまりに苦しそうなので、私も思わず呼吸を止めてしまいました。笑

見どころ②『CGのクオリティ』

世界観が鮮明なCG(コンピュータグラフィックス)によって綺麗に描かれています。

近代的な街並みのグラフィックもですが、ヴァーチャルで映し出されるジョイがとてもリアル。そのジョイが可愛すぎて、恋をしそうになりましたね。笑

デッカードの館には、ホールがあり、舞台上にコンサートの映像を立体的に映す映写機?が設置されています。”K”との格闘中に、映像が映し出されるのですが、そこでエルビス・プレスリーやマリリン・モンローのライブと思わしき映像が。

見どころ③『ちょこちょこ登場する変な?日本語』

前作でもあった変な日本語が、今作でも登場します。

確認できたのは、Kが住むアパートの屋上の『ア』と『ス』、Kの車内の書類、終盤の大型電光掲示板でした。途中から探すことに少し必死になってしまいますね。笑

見どころ④『3Dの表現力の高さ』

3D眼鏡を装着して観賞しましたが、3Dの迫力が凄い!

飛行する車で建物を潜り抜けていくシーンもですが、個人的には、デッカードの館に向かう前に砂地にいる大量の蜂。

この大量の蜂が3Dで描かれているのですが、これがかなり気持ちが悪い!気分が悪くなって一時退場している方もいました。

きたむ
きたむ
ここで3Dに力入れるんか!と、正直思いましたね。笑

見どころ⑤『ジョイが可愛い』

バーチャル上に存在するジョイがめちゃくちゃ可愛いです!本気で恋をしそうになります、ご注意を!衣装も度々変わるので、ジョイちゃんのコスプレを楽しむことができます。

きたむ
きたむ
個人的なお勧めは、ジョイのチャイナドレス姿。

そして、”K”を愛するジョイの純粋な気持ちが、ジョイの可愛さ、切なさを際立たせます。

見どころ⑥『SONY製品が登場!』

いくつか近代的な機器が登場するのですが、よく見てみるとSONYの文字が!よく見てみるといくつか発見することができるので、ぜひ注目してみてください!

掲載した写真は、IMDbから引用しています。

南アフリカの映画館に潜入
南アフリカ・ヨハネスブルグの映画館に潜入してみたら快適だった話アフリカの映画館と聞いてどんなイメージを持つでしょうか?『治安が悪そう』『なんとなくクオリティが低そう』『最新の映画やってるの?』などと思う方もいらっしゃるかもしれません。チケット購入の流れや料金を踏まえながら、本記事では南アフリカ・ヨハネスブルグ(ローズバンク)の映画館を紹介していきます。...
ABOUT ME
きたむ
アフリカではたらくフリースタイルジャパニーズ |三度の飯と写真|87年生の伊豆下田育ち→大学職員人事→ 南ア現地NGOでICT・マイクロファイナンスを軸に活動中|キリマンジャロ登頂|スマホ歴12年|旅行14カ国|仕事7カ国|<プロフィール詳細>




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です