南アフリカ共和国

【衝撃】南アと日本の平均寿命を比較!アフリカで老人を見かけない理由

アフリカ人のお年寄り

青年海外協力隊として南アフリカ共和国で活動しているきたむ(wakajps)です。

 

私の任地は、南東のモザンビークの国境の近くなのですが、山あり海ありでとても田舎です。現地人からも「Welcome to rural area!」と言われるくらい田舎です。

私の地元である伊豆と同じくらいか、ほんのちょっと田舎な感じ。

 

きたむ
きたむ

やっぱり田舎ってのどかでいいな~。

田舎の風物詩といったら、じいちゃん、ばあちゃん!
あれ?そういえばアフリカにあまりじいちゃん、ばあちゃん見かけないぞ…
どこにいるんだろう?

 

そこで気になったので、平均寿命を調べてみました。調べていくなかで、色々な気づきがありました。

日本の平均寿命

まず調べてみたのは、日本の平均寿命。

1960年から2015年の推移です。カーソルを折れ線グラフにあわせるとその年の数値を見ることができます。

にしても、順調に少しずつ伸びてきてますねぇ。どこまで伸びるんだろう。

言わずもがな日本は長寿国として有名ですが、1960年の平均寿命は、67.67才、2015年は、83.84才ということがわかりました。

The World Health Organization (2015)の調査によると、日本の平均寿命は世界ナンバーワンです!研究調査を見ると、やはり日本の健康的な食事が背景にあるようですね。

 関連記事  【飯テロ注意】南アフリカで有名な食べ物・グルメまとめ【写真付解説】

南アフリカ共和国の平均寿命

続いて南アは・・・?

1960年の平均寿命は49.04才、2015年は57.44才!

ただ、あくまで平均年齢なので、”南ア=じいちゃん、ばあちゃんがいない”ということにはならないですね。(2005年、どうした・・・?)

というわけで、年齢別の死亡率を調べてみました。

南アフリカ共和国の年齢別の死亡率

抜粋:Statistics South Africa

 

60~64才にピークがあるものの、30才以降の死亡率とそんなに大きく変わらないことがわかります。(乳児の死亡率が異様に高いのも気になる。。)

主な死因を南ア人の同僚に聞いてみると、エイズ、高血圧(薬によるもの)、銃の打ち合いとのことでした。

・・・え!?

銃の打ち合いって!?

 

カルチャーショックすんごいんですが。

南ア恐るべし。でも、いい国です。

 関連記事  南アフリカは本当に治安が悪い?在住者でも一概には語れない理由

それにしても、高齢化社会に拍車がかかっている日本と比べると高齢者の割合は圧倒的に少ないことがわかります。

「高齢者を労わるように」と、聞いて育ってきましたが、南アではさらに意識して高齢者を労わりたいと思いました。

きたむ
きたむ
貴重な南アのじいちゃん、ばあちゃん。

ちなみに、同様の日本のデータを調べたところ、60歳まではほぼ0で、そこからぐいぐいと死亡率が上がっていくグラフでした。

まとめ

老人が少ないアフリカ。

若くして命を落とす割合の高いアフリカ。

生まれてから命を落とすまでサイクルの早いアフリカ。

だからこそ日々みんな楽しそうに生きているのかもしれないなと思いました。

 

長生きできる=幸せとも限らない。

 

そんなことを考えた一日でした。

ABOUT ME
きたむ
アフリカではたらくフリースタイルジャパニーズ |三度の飯と写真|87年生の伊豆下田育ち→大学職員人事→ 南ア現地NGOでICT・マイクロファイナンスを軸に活動中|キリマンジャロ登頂|スマホ歴12年|旅行14カ国|仕事7カ国|<プロフィール詳細>




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です