500 配属先活動

青年海外協力隊 南アフリカでの現地語学学校と配属先への仮赴任を経て

語学学校で南アフリカ英語を勉強

青年海外協力隊として南アフリカ共和国で活動しているきたむ(wakajps)です。

首都プレトリアでの4週間にわたる語学研修(英語)が終わりました!

南アフリカ・プレトリア
【二週間】南アフリカ共和国で生活・活動して感じたこと思ったこと青年海外協力隊として南アフリカ共和国で活動しているきたむ(wakajps)です。 南アフリカ共和国に赴任して二週間が経ちました。 ...

語学訓練(英語)

最終日は、語学学校のクラスメートを対象に、折り紙講座をしました。作ったものは、手裏剣、鶴です。クラスメートたちは、NARUTOが好きらしく、手裏剣を作ったら喜んでくれました。

きたむ
きたむ
やはり漫画は日本の大事な文化の一つです!

学校では、英語の他にも、南アの歴史、アフリカーンス語やズールー語も教えてくれました。ストライキで、学校が休校になったり若干恐怖でしたが南アらしい雰囲気も感じ取ることができました。

南アフリカの部族ズールー族
ズールー族とは?同棲経験者が南部アフリカ最大勢力ズールーを徹底考察南アフリカ共和国は、複数の民族で成り立つ国家であり、私の活動拠点となっているクワズールーナタール州は古くからズールー族(ズールー人)が暮らしている地域です。本記事では、日本の人々にあまり知られていない、そんなズールーの人々の言語や文化、祭事について紹介していきたいと思います。...

覚えておきたい南アフリカ英語

南アフリカで使われている英語は、基本的に『ブリティッシュ英語』です。

一方で、南アフリカで使われている独特の英語があります。

きたむ
きたむ
Nowが『あとで』という感覚は、日本人の感覚からするとびっくりですね。笑

任地訪問(仮赴任)

語学訓練中のうち一週間は、Acornhoekという田舎のほうにあるコミュニティ開発支援を行っている事務所に視察にいってきました。

これまで首都での滞在だったので、いわゆるTHEアフリカ感はほとんどなかったのですが、Acornhoekに到着してアフリカ感を感じることができました。

Acornhoekのあるムプムランガ州では、主にツォンガ語が使われており、現地の方の会話を聞き取ることはできない状況でした。

近くの私道で子供たちがサッカーをしていたので混ぜてもらいました。

滞在先の事務所兼、住居の敷地に知らない人が車を置いてしまったことをきっかけに、同僚が下の張り紙を貼ってくれました。が、色々と突っ込みどころ満載です。笑

今後の予定

明日からは首都プレトリアを離れてピーターマリッツバーグ(Pietermaritzburg)にある事務所に飛行機で向かいます。

そこで早速マイクロファイナンス事業のシステムに関する研修を従業員向けにおこなうことが決まりました。

きたむ
きたむ
パートナーは、インド人。

いよいよ本格稼働です。まだシステムに触っていないので何も準備できない状況ですが…飛び込んでいきます…!

青年海外協力隊のあれこれ

青年海外協力隊に関する情報(選考~派遣前訓練~活動中のこと)を以下にみやすくまとめてみました。

Twitterやインスタグラムからお問い合わせていただいてもOKです!

TwitterInstagram

ABOUT ME
きたむ
アフリカではたらくフリースタイルジャパニーズ |三度の飯と写真|87年生の伊豆下田育ち→大学職員人事→ 南ア現地NGOでICT・マイクロファイナンスを軸に活動中|キリマンジャロ登頂|スマホ歴12年|旅行14カ国|仕事7カ国|<プロフィール詳細>




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です