000 協力隊選考応募

青年海外協力隊『日本語教育』の活動内容/給料/合格倍率(動画付き)

子供たちと先生

現在、アジアだけでなくアフリカや中南米等、世界中に『日本語』や『日本文化』を学びたい学習者がいます。

他方で、教材やカリキュラムの不足、現地教師の支援体制など海外では多くの課題を抱えており、世界各地でJICA日本語教育ボランティアの活躍が期待されています。

青年海外協力隊の職種としては、「日本語教師」ではなく「日本語教育」と呼ばれています。なお、青年海外協力隊「日本語教育」になるためには、英語力等の選考(書類、面接)に合格する必要があります。

青年海外協力隊 職種「日本語教育」とは

「日本語教育」の活動(仕事)内容

アジアだけでなく、アフリカ・中東・大洋州・中南米、世界各地の大学、高校、中学、日系社会の日本語学校等、幅広い分野で「日本語教育」の支援をおこないます。

対象者も大学生から日系人の年少者まで多岐にわたります。現地学習者への日本語教育の実施はもちろんですが、日本文化紹介、現地教師のサポート、教材作成支援やイベント実施支援等、幅広い活動が求められています。

 

「日本語教育」の要請(仕事)内容の例

【配属先概要】

1)受入省庁名(日本語)
トゥアティエンフエ省人民委員会

2)配属先名(日本語)
トゥアティエンフエ省師範短期大学

3)任地( トゥアティエンフエ省フエ市 ) JICA事務所の所在地( ハノイ市 )
任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( 飛行機+バス で 約 2.0 時間 )

4)配属先の規模・事業内容
同短期大学は1976年に設立され、社会学部、経済・自然学部、芸術学部、幼児教育学部、業務経営学部、外国語学部、IT学部の7学部を有し、総学生数は約3300名、教師数は158名、3年制の教員養成のための短期大学である。外国語学部は英語学科、仏語学科、日本語学科からなる。
日本語教育は2007年9月から開始され、同省内の中等教育機関の日本語教師は、同短期大学出身者が多い。また、卒業生の中には、日系企業へ日本語人材として就職している。


【要請概要】

1)要請理由・背景
同省にあるフエの建造物群が世界遺産として認定され、観光促進の機運の高まりとともに日本人観光客も増加してきた。それに伴い、現地での日本語需要も増え、学習者が年々増え続けている。
同短期大学は、同省における中等教育機関の日本語教師を養成する大学である。しかし、日本語学科の教師陣は、海外留学経験者が1名のみであり、同市にあるフエ外国語大学生を卒業後すぐに雇い、経験が浅い新人教師が多い現状にあるため、日本語運用力や教授技術も高いとは言えない。そのため、学生らの日本語運用能力も低い状態が続いている。そこで、教師や学生の日本語運用能力を向上させるため、青年海外協力隊の要請があった。
2017年8月より10ヶ月間、短期シニア海外ボランティアが活動予定である。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)
以下の活動を配属先同僚と協力して行う。
1. ネイティブの強みを生かして、主に会話と作文の授業で学生への直接指導
2. 若手教師に対し、日本語運用能力や日本語教授能力の向上を支援
3. 日本文化理解のため、学生の学外活動を支援
※授業数は、週10-20コマを予定しているが、詳細は配属先と協議し決定する。

3)ボランティアが使用する機材の機種名・型式、設備等
日本語指導教材『みんなの日本語I、II』、『中級へいこう』 コピー機、プロジェクター、文房具などの一般事務機器、会議室、図書館

4)配属先同僚及び活動対象者
日本語学科長(女性/N2/30代/学士/経験9年)
同僚教師(女性:30代/経験9年1名/N2、20代/経験6年2名/N2、20代/経験1-4年3名/N3)
※教師全員、日本での短期研修経験あり
日本語学科学生:約300名

5)活動使用言語
ベトナム語

6)生活使用言語
ベトナム語

JICAホームページ要請・職種情報(日本語教育)から現在募集中の要請の一覧を見ることができます。

 

「日本語教育」の活動(仕事)内容の動画

 

 

青年海外協力隊「日本語教育」の合格倍率の推移

 2016秋2016春2016秋2017春平均
日本語教育3,002,052,462,632,53

人気職種の日本語教育の近年の合格倍率の平均は2.53でした。

平均2.53人に一人が合格しているという結果ですね。

 

「日本語教育」の給料と待遇

青年海外協力隊は、『ボランティア=無償で働くの?』といったイメージから、私もよく友達からその給料や待遇のことについてよく聞かれます。

厳密には、『給料』としてではなく『手当』として、派遣前から任期終了の期間について一定の金額が支給されることになります。

なお、職種には関係なく、派遣される国によって支給される額が異なります。

以下の記事で、『青年海外協力隊の給料と保険 / その他待遇と諸制度』について、詳しく紹介しています。

青年海外協力隊の給料と待遇
【網羅します】青年海外協力隊の給料と保険/待遇と旅行制度【まとめ】JICA(国際協力機構)がおこなう青年海外協力隊=海外ボランティア事業。『ボランティア=無償で働くの?』といったイメージから、私もよく友達からその給料や待遇のことについてよく聞かれます。派遣期間中と派遣前訓中は、『給料』としてではなく『手当』として、一定の金額が支給されることになります。...
ABOUT ME
きたむ
アフリカではたらくフリースタイルジャパニーズ |三度の飯と写真|87年生の伊豆下田育ち→大学職員人事→ 南ア現地NGOでICT・マイクロファイナンスを軸に活動中|キリマンジャロ登頂|スマホ歴12年|旅行14カ国|仕事7カ国|<プロフィール詳細>




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です