【南アフリカ】プレトリアのジャカランダマラソン大会に出場してみた

ジャカランダマラソン大会に出場

南アフリカ共和国にいます、きたむ(wakajps)です。

先日のマンデラマラソン大会に引き続き、首都プレトリアで開催されたジャカランダマラソン大会に出場してきました。

https://twitter.com/wakajps/status/918838373602811904

マラソン大会に出場する目的は、年末に備えたタンザニアのキリマンジャロ登山に向けた基礎体力作りのためでもあります。

南アフリカには、標高が高い地域があるので高所順応に役立つのは、と。

キリマンジャロ登山の事前準備
【まとめ】キリマンジャロ登山で必要な事前準備をすべて網羅【保存版】今年の年末、2017年12月25日~30日(5泊6日)に、タンザニアのキリマンジャロ登山に挑戦しました!本記事ではキリマンジャロ登山にかかわる、アクセス方法、登山ルート、現地、ツアー会社への申し込み方法、レンタル用品について紹介しています。キリマンジャロ登山の難易度、登頂率、場所(国)などの基本情報を網羅。...

加えて、南アフリカの魅力をさらに発見できたら!と思い参加してみることにしてみました。

ジャカランダマラソンとは?

南アフリカでは、10~11月中旬がジャカランダのシーズン。

南アフリカには四季があり、10月は春にあたります。そして南アフリカでの10月は入学・卒業の時期にあたることから、このジャカランダは出会いや別れの時期を連想させるそう。日本の”桜”の位置づけに近いかもしれませんね。

その時期にジャカランダの綺麗な景色を楽しみながら、木の下を駆け抜けよう!というのが、このジャカランダマラソン。

エントリーの流れ

エントリーは、5km、10km、21km(ハーフ)、42.195km(フル)の中から距離をセレクトすることができます。

申し込み自体は、インターネットからWebサイトで予約します。申し込み締め切りは、開催日の前日までおこなっていた模様。

私は、前回のマンデラマラソン大会に引き続き、21km(ハーフ)を選択することにしました。費用は150R(約1,200円)。クレジットカードで支払いました。

事前にインターネットで申し込んだあとは、大会前日に主催のSABSという会社の敷地が登録会場になっており、そこでゼッケンを受け取る必要がありました。その時に、参加賞のTシャツをもらうこともできました。

ジャカランダマラソン当日の流れ!

スタート地点に近いところに宿をとっていたので、朝はそそくさと着替えて徒歩でスタート地点まで向かいました。コースは、プレトリアの街中をちょうど一周するような仕組みになっていて、スタート地点がゴール地点でもあります。

きたむ
きたむ
当日の朝は、人や車でごったがえすので、スタート地点に近い宿をとっておき徒歩で向かうことをお勧めします。

定刻になりいいよいよスタート!

首都プレトリアの標高は約1,800mとかなり高い!それに加えて急な傾斜がいきなり続き、簡単に息が切れ始めます。

スタート直後は、前が詰まっていてかなりスローペースなので、記録用にカメラをまわしながらゆっくり走りました。

給水ポイント<水かコーラ>

4kmおきぐらいに給水ポイントがあり、水とコーラから飲み物を選ぶことができます。

はじめは『え、コーラ!?』と思いましたが、だんだんと甘いものが飲みたくなってくる不思議。後半は、水だけでなくコーラを選んで飲んでいました。

プレトリアの街中を走る!

この日に限っては、プレトリア市内の幹線道路を一部閉鎖していました。

交差点では参加者が通り過ぎるまでガードマンが道路を閉鎖する…といった場面がありました。車の中で待っている一般の市民ちは相当な時間待っているのか、クラクションを鳴らしたりとかなりイライラしている様子でした。

クラクションが鳴るとランナーからは、ブーイングの嵐。なかなか日本では見られないカオスな状況でした。

ジャカランダの綺麗な景色と良い香り

中盤から終盤にかけて、体力がすり減ってきて走ることが辛くなってきました。それでもジャカランダはとても美しかった。

それに木の下を通るとほんのり甘い良い香りがするんですよね。ジャカランダの魅力を楽しみながら走ることができました。

きたむ
きたむ
ジャカランダに癒されて体力回復!!とは、なりませんでした。笑

そして、いよいよゴールへ…!

体力の限界を迎えつつ、フィニッシュ!

きたむ
きたむ
走り終わったあとはぐったりですが、走り切った達成感はなんとも気持ちが良いものですね。

ゴール後は、ブースが40店ほど並んでいてそこで飲み物や軽食を購入することができました。お腹がすいていたので、ひとまずホットドッグを食らう。

水とコーラはゴール後も無料でもらうことができます。

 

さいごに

マラソン初心者の私が海外でマラソン大会に出場してみましたが、マラソンに見事にハマってしまいました。近い将来、他のハワイでのホノルルマラソンなど、海外のマラソン大会にも挑戦してみたいですね。

きたむ
きたむ
自分の目、自分の足でその土地の風景や風を感じながら走ることができるのは素晴らしい!

南アフリカではマラソンが盛んで毎週のように各地でマラソン大会が開かれています。

キリマンジャロ登山まであと2週間を切ったので、もうしばらく出場する予定はありませんが、また別の大会にもトライしてみたいです。

そして、次回は(別の意味で)無事に完走したい…!

南アフリカ・プレトリアのジャカランダ
【南アフリカ】ジャカランダが「アフリカの桜」だと自分の中で話題に南アフリカで春(10~11月)に咲くジャカランダという木をご存知でしょうか。南アフリカの首都プレトリアでは、通り沿いにジャカランダの木が植えられており、ジャカランダの並木道を眺めることができます!上の並木道は、首都プレトリアのサニーサイド「Sunnyside」という地区で撮影しました。...

南アフリカ共和国の他のマラソン大会の様子

私が出場した南アフリカ共和国のマラソン大会の様子は、以下の記事で紹介しています!

南アフリカ・マンデラマラソン2017に出場したよ
マンデラを称賛して走る!南アフリカ・マンデラデーマラソン2017に出場配属先の同僚に誘われてピーターマリッツバーグというところで開催されたマンデラデーマラソン2017(Mandela Day Marathon)に参加してきました。その名のとおり、かつて大統領であったネルソン・マンデラ氏を称えることを理念として掲げているマラソン大会です。マンデラ氏といえば、アパルトヘイトと呼ばれる...
南アフリカ・コムラッズマラソン2018
【南アフリカ】ウルトラマラソン・コムラッズマラソン2018の写真南アフリカ共和国在住のきたむ(wakajps)です。 世界最古のウルトラマラソンとして知られるコムラッズ・マラソン(Comrade...
ABOUT ME
きたむ
アフリカではたらくフリースタイルジャパニーズ |三度の飯と写真|87年生の伊豆下田育ち→大学職員人事→ 南ア現地NGOでICT・マイクロファイナンスを軸に活動中|キリマンジャロ登頂|スマホ歴12年|旅行14カ国|仕事7カ国|<プロフィール詳細>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です