南アフリカは先進国?発展途上国?貧困層が人口の半分以上を占める国

南アフリカは発展途上国なのか?貧困層が人口の半分以上を占める国

南アフリカ現地NGOで活動している、きたむ(wakajps)です。

ケープタウンの華やかな街並み、ヨハネスブルグの発展した街の様子を見て、「南アフリカはとても発展した国だなぁ」と感想を持つ方は多いのかなと思います。

自分自身も南アフリカにやってきて、はじめはそういった感想を持ちました。また一方で地方での活動をとおして、現実ともいえる面を体験してきました。

南アフリカは先進国?それとも発展途上国?

無理にカテゴライズする必要もないと思いますが、経済的に発展しているとみえる南アフリカの現実、特に貧困層はどの程度いるのか、をデータを用いてみていきたいと思います。

そもそも発展途上国とは?

そもそも発展途上国とは?

開発途上国ともいい,人口1人あたりの所得水準が特に低く,第1次産業の比重が高いなど,発展の程度を示すいろいろな指標の水準が低い国をいう。

具体的には開発援助委員会 DACの援助対象となっているアジア,アフリカ,ラテンアメリカなどの諸国。

引用:コトバンク

開発援助委員会(DAC)の援助対象リストにはいっているかどうかが、一つの指標になりそうですね。

そして、開発援助委員会(DAC)の援助対象リストによると、「Upper Middle Income Countries」のカテゴリーに南アフリカ共和国は含まれています。

この定義にしたがえば、「南アフリカは開発途上国である」と言うことができます。

人口の半数以上?南アフリカの貧困層の割合

人口の半数以上?南アフリカの貧困層の割合

2006〜2015年の貧困傾向報告書によると、南アフリカの人口の55.5%にあたる3,040万人が貧困状態にあります。

これは、2011年に報告された53.2%(2730万人)から増加。

ここで指す”貧困”とは、992ランド(≒7,936円)未満で生活をしている人を指します。

南アフリカの最低賃金はR16(128円)/時間と言われているので、その水準より低いレベルで生活している人が多いこともわかります。

都市と地方で格差が生まれる、そして広がる

南アフリカでは都市と地方で格差が生まれる、そして広がる

ケープタウンやヨハネスブルグの大都市の給与水準は、(職種にもよりますが)日本とさほどレベルは変わらず、むしろ日本よりも給与水準が高いケースもあります。

ケープタウンのキャンプスベイ
アフリカでITエンジニアに転職して月収50~100万円が夢ではないという話ツイッター上でのとあるツイート受けて、「そういえば南アフリカのIT系職種の人材市場ってどうなっているんだろう?」と思い、南アフリカの大手求人サイトで調べてみました。南アフリカの求人サイト、IT系職種の求人が多めで月収50万円近くのがごろごろ。...

上で述べたとおり、貧困層が増えているにも関わらず、都市部はさらに発展していく。

この傾向をひとことでいうなら、「格差」。

この格差が南アフリカをさらに苦しめているように思います。南アフリカは、犯罪率の高さや失業率が目立ちますが、この格差による要因は大きいのではと感じます。

南アフリカは現実の状態がみえにくい国なのかもしれない

南アフリカは現実の状態がみえにくい国なのかもしれない

だんだんと南アフリカで過ごす年月が経つうちに、行動範囲を広げていくうちに、一つや二つの都市をみただけでは、南アフリカという国を一概に判断することはできないという思いに近づいてきました。

たしかに華やかな一面を持つ南アフリカですが、上であげたとおり、貧困層の割合は人口の半数を超えます。

 

南アフリカに訪れる人は観光やビジネス目的で、ほとんどはケープタウンやヨハネスブルグ。

そういった人から聞くのは、「南アフリカは発展していてアフリカとは思えなかった」という声。

そもそもアフリカに対してどんなイメージを持ってるの?と思わざる得ないコメントですが、南アフリカの一部の都市だけをみて判断されてしまうことが、南アフリカにとって良い面であり、悪い面を持ち合わせてしまっていると思います。

少し田舎に目を向ければ、”多くのひとがイメージするであろうアフリカ”が広がっています。

それでも、「南アフリカは発展していてアフリカとは思えなかった」と言えるのか?

そんなコメントに疑義を持ち、この記事を綴りました。

以上、きたむ(wakajps)でした。

プレトリアのヘーゼルフードマーケット
南アフリカ共和国の白人たちの生活の現状・実態は?~中都市編~南アフリカは、アフリカ大陸の中で最も白人の割合が多い国として知られています。アパルトヘイト時代があった背景がありますが、現在の南アフリカの人口の9.2%を白人が占めています。この記事ではピーターマリッツバーグというとある中都市に焦点を当てて、現在の白人たちの生活の現状を考察してみたいと思います。...
ABOUT ME
きたむ
アフリカではたらくフリースタイルジャパニーズ |三度の飯と写真|87年生の伊豆下田育ち→大学職員人事→ 南ア現地NGOでICT・マイクロファイナンスを軸に活動中|キリマンジャロ登頂|スマホ歴12年|旅行14カ国|仕事7カ国|<プロフィール詳細>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!