【ケープタウン】ロベン島への行き方・アクセス【ウォーターフロント】

ロベン島の牢屋の鍵穴

きたむ(wakajps)です。

南アフリカ共和国ケープタウンにあるロベン島は、ユネスコの世界遺産にも登録されており、ケープタウンの観光スポットの一つとして多くの観光客が訪れています。

この記事ではロベン島への行き方・アクセスを紹介していきます。

ケープタウン・ロベン島への行き方(アクセス)

ケープタウンから出航するロベン島行きの船

ロベン島にはフェリーで向かうしか方法がありません。

フェリーのチケット購入方法

  • ケープタウン市内にあるインフォメーションセンターで購入
  • インターネット上で購入

インターネットでチケットを購入する場合、こちらのページ(英語)から購入することできます。

フェリーの出発時間帯(時刻表)

フェリーの出発時間は、9時、11時、13時、15時(曜日やシーズンによって選べる時間帯が異なるので、HPを要確認)。

希望の時間帯を選択して、チケットを購入します。

フェリーの料金

大人が340ランド、子供が190ランド。

年末年始のシーズン中は、売り切れとなっていた日もありましたので、早めに予約することをおすすめします。

ロベン島に行くフェリーの発着場

ウォーターフロントの中心部にフェリーの発着場があります。

ウォーターフロントに、『Robben Island Museum』と書かれた看板があるので、それを辿っていけば辿り着くことができます。

ウォーターフロントに行く交通手段は、UBERもしくはTaxifyで行くのがおすすめです。

 関連記事  【ケープタウン】交通手段はUberとTaxifyが圧倒的おすすめ【タクシー×】

きたむ
きたむ
ツアー後、そのままウォーターフロントで食事を楽しんでも良いですね!

ロベン島に観光してみた様子

ネルソンマンデラが収容されていたロベン島刑務所の入り口

実際にロベン島を観光してみた様子を写真つきで紹介しています。

刑務所内を案内してくれるのは、当時、犯罪者として扱われ実際にこの刑務所にはいっていた元囚人。

ゆっくり丁寧な語り口で、食事、生活の内容、仕事の内容など当時の様子をお話してくれました。

 関連記事  【ケープタウン】世界遺産ロベン島でネルソン・マンデラの歴史を辿る

 

以上、きたむ(wakajps)でした。

ABOUT ME
きたむ
アフリカではたらくフリースタイルジャパニーズ |三度の飯と写真|87年生の伊豆下田育ち→大学職員人事→ 南ア現地NGOでICT・マイクロファイナンスを軸に活動中|キリマンジャロ登頂|スマホ歴12年|旅行14カ国|仕事7カ国|<プロフィール詳細>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!