【ミャンマー】ヤンゴン環状線(電車)の乗り方・行き方【観光スポット】

【ミャンマー】ヤンゴン環状線(電車)の乗り方・行き方【観光スポット】

ミャンマーに短期滞在していた、きたむ(wakajps)です。

ミャンマーの経済都市ヤンゴンにある環状線、ヤンゴン環状線(電車)。

雰囲気のある場所と思いふらっと行ったところ、思いのほか良い場所だったので、観光スポットとしておすすめできます。

本記事では、ヤンゴン環状線の乗り方・行き方を写真つきでわかりやすく紹介します。

【行き方】Grabヤンゴン市内からヤンゴン中央駅に向かう

ヤンゴンの中心地にホテル・宿から約5分くらいで到着できます。Grabタクシーを使って向かいました。

ちなみに私が宿泊していたホステルは、The lodge Yangon Hostel。一泊1,000円以下で宿泊できるので、バックパッカーの方におすすめです。

ヤンゴン環状線(電車)の乗り方

電車への乗り方はとてもシンプル。

ざっくりいえば、7番ホームに向かい、チケットを購入して乗車するだけ

写真付きで詳しく乗り方を紹介していきます。

ヤンゴン中央駅のチケット売り場はスルーする

ヤンゴン中央駅のチケット売り場真ん中に見えるのがチケット売り場。だけどここはスルーする

私がネットで調べたときには、「この写真のチケット売り場でチケットを購入する」との情報でしたが、ここでチケットを購入することはできませんでした。

なので、駅構内のチケット売り場は、スルーしてオッケーです。

厳密には、奥の連絡通路に案内され、7番ホームを降りたところでチケットを購入してください」と指示がありました。

チケット売り場の左側にある通路チケット売り場の左側にあるホームに向かう通路

なので、構内真ん中にあるチケット売り場はスルーして、左側にあるこの写真の通路から、ホームに向かいます。

まずは、ホーム(7番)に向かう

ヤンゴン中央駅のホームに向かう連絡通路から撮影連絡用通路から線路と駅を見渡せる

階段を登り連絡通路を通ってホームに向かいます。

この連絡用通路からは、駅と線路が渡せるので、写真好きにはおすすめです。

7番ホームを降りる7番ホームを降りる(6番と共通)

7番ホームを見つけたらホームに降りていきます。

ヤンゴン中央駅の7番ホームヤンゴン中央駅の7番ホーム

7番ホームに降りたらしばらくまっすぐ進んでいきます。

ホームの真ん中に小さな小屋が出てきたら、それがチケット売り場です。

ヤンゴン中央駅でチケット(切符)を購入する

ヤンゴン中央駅のチケット売り場チケット売り場(小屋)

一部英語で書かれている箇所があるので、チケット売り場ということはすぐわかると思います。

このチケット売り場で切符を購入します。

基本的に英語はあまり通じませんが、「Going around Yangon」もしくは、「Going back to Yangon」と伝えればOKです。

英語でやたら話かけてくるミャンマー人がいますが、基本的にはぼったくりです。10倍の金額、2,000キャットでチケットを売ろうとしてきますので注意。

ヤンゴン環状線の切符ヤンゴン環状線の切符

料金(運賃)は、200ミャンマーキャット。

日本円で約16円。めちゃくちゃ安いです。

出発までホーム、もしくは車内で待つ

駅に到着していた電車@ヤンゴン環状線

私が訪れたときには、すでに電車が到着していたので、すぐに乗り込むことができました。ちなみに、時刻表は不明です。笑

もししばらく待つような雰囲気なら、チケット売り場の人に出発時間を聞いてみてもよいと思います。きちっとした時間で運行されているかどうかは不明ですが..

ミャンマー環状線は途中下車も可能

ミャンマー環状線は途中下車も可能

所要時間(一周)は約3時間。それなりに時間がかかります。

私は写真撮影を楽しんでいたのでそれなりに満喫できましたが、途中で飽きて下車してしまう人もいるのだとか。

途中下車した場合の帰り道はタクシー(Grab)でOK。一番遠いところで下車しても1,000円以下程度でヤンゴン・セントラル駅に戻ることができます。

ヤンゴン環状線(鉄道)の乗車中の様子は?

下の記事でまとめています。

【2019】ヤンゴン環状線(鉄道)でのんびり旅!その様子を写真でお届け
【2019】ヤンゴン環状線(鉄道)でのんびり旅!その様子を写真でお届けヤンゴンにあるヤンゴン環状線(Yangon Circular Railway)の旅が、のんびり旅にちょうど良かったので、その様子を写真で紹介していきます。時間のあるバックパッカーには、ぜひ訪れてもらいたい場所。昭和の雰囲気をもう一度味わってみたい、という人にもおすすめできる場所だと思います。...

時間のあるバックパッカーには、ぜひ訪れてもらいたい場所。

昭和の雰囲気をもう一度味わってみたい、ミャンマーのローカルを楽しみたい、という人にもおすすめできる場所だと思います。

ヤンゴン環状線(電車)の写ルンです映え

昭和な車両に、どこか昭和の雰囲気。

写ルンです風スマホアプリで撮影をしたら、想像以上に昭和でした。詳しくは以下の記事から。

【ミャンマー】写ルンです映えがやばいヤンゴン環状線(電車)【写真】
【ミャンマー】写ルンです映えがやばいヤンゴン環状線(電車)【写真】ミャンマー・ヤンゴンを観光しつつ、カフェでもくもくとパソコン作業している、きたむです。ヤンゴンの山手線こと、ヤンゴン環状線(電車)の写ルンです映えがすごかったので、写真をのせてみます。日本の古い電車車両が再利用されているので、昭和の雰囲気が好きな方にはおすすめの観光スポットです。鉄ヲタにもおすすめできるかと。...

 

以上、きたむ(wakajps)でした!

ABOUT ME
きたむ
アフリカではたらくフリースタイルジャパニーズ |三度の飯と写真|87年生の伊豆下田育ち→大学職員人事→ 南ア現地NGOでICT・マイクロファイナンスを軸に活動中|キリマンジャロ登頂|スマホ歴12年|旅行14カ国|仕事7カ国|<プロフィール詳細>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!