【世界遺産】ドラケンスバーグをトレッキングしてみた【写真大量解説】

【世界遺産】ドラケンスバーグをトレッキングしてみた【写真大量解説】

南アフリカ在住のきたむ(wakajps)です。

休日を利用して、世界遺産ドラケンスバーグにドライブがてら、トレッキング(ハイキング)してきましたので、その様子を綴っていきます。

南アフリカの観光地といえば、ケープタウンが有名ですが、トレッキング好きにはドラケンスバーグがおすすめですね。壮大な景色を眺めることができます。

【ドラケンスバーグ】ガーデンキャッスルでトレッキングしてみた

オフィスで料金の支払い

トレッキングスタートポイントまでは車で向かいます。

【ドラケンスバーグ】トレッキングスタートポイント

途中、世界遺産ということがわかる看板やゲートの開閉時間が書かれた看板があります。

ここを通過していくと、トレッキングスタートポイントに到着。オフィスで利用料金R70の支払いとレジストレーションを済ませ、スタッフからルートの説明を受けました。簡単なルートマップももらえました。

いよいよトレッキング開始!

ドラケンスバーグでトレッキング

ひさしぶりのトレッキングということ、それから、日本で新しく購入したカメラα7IIIを使うのもあり、気持ちはワクテカ状態。

秋の終わりのドラケンスバーグ

自分が登った時期は5月。季節でいえば、ほぼ秋の終わりです。それでも周りには緑が広がっていて、きれいな景色を見ながらトレッキングすることができます。

何度も川を渡るトレッキングコース

何度も川を渡るトレッキングコース

川沿いをハイキングしていくコースなのですが、何度も川を横断します。

「もっと効率よくコースを作れたんじゃ…!?」と若干頭をよぎりますが、まぁ仕方なしでトレッキング続行。川には渡りやすいように石が並べてあるので、道を見失わないようにある程度整えられています。

後半は森を抜けるルート

後半は森を抜けるルート

一時間半ほど歩いたところで、深い森林に突入してきます。

やや獣道のような場所も通りますが、木の階段が設置してあるので、なんとか道を見つけながら進んでいきます。階段といっても日本より大雑把に作られているので、ちょっと歩きづらいですね。でも、それぐらいのほうが登ってる感があって良き、ですが。

ゴール目前の滝

ドラケンスバーグのトレッキングルート

森林を抜けると今度はゴツゴツした岩肌を登っていきます。

そして、しばらく歩き続けていくとおそらくこのルートの目玉であろう、滝が現れます。

写真だけではなかなか伝わりにくい部分もありますが、ほんとに迫力がすごい!

滝自体、というよりも両サイドの大きな岩の迫力がすごく、「今までみたことがない景色」を観るというなんとも不思議な気持ちに包まれました。

山を越えると視界いっぱいの草原

ドラケンスバーグ山を越えると視界いっぱいの草原

まさに「山のさらに上に山がある」という表現が合うと思うのですが、一つの山を乗り越えると草原が広がり、さらに向こうにはまた別の山がみえてきます。

今回挑んだコースは、ここで終了。まだ先に進めそうな気もしましたが、生い茂った草で道を見つけることが難しく、ここで切り上げました(近くにいたスウェーデン人もおなじく)。

【ドラケンスバーグ】トレッキングした場所は?

ドラケンスバーグ、今回トレッキングした場所は

ドラケンスバーグの麓の町、アンダーバーグ(Underberg)から、約1時間半ほど車で移動したところに位置する、ガーデンキャッスル(Garden Castle)という場所。

レソトの南側に位置しているので、ヨハネスブルグからはかなり遠いですね。私はダーバンから向かいました。

観光でこられる方はレンタカーがおすすめかと。下の記事では、レンタカーを借りる際の注意点や車を借りる方法をまとめています。

 関連記事  【南アフリカ】レンタカー&運転で気を付けるべき点を解説【ドライブ】

ドラケンスバーグは、1,000kmにもわたって伸びているので、ハイキングするポイントが数多く存在。最高標高は3,482m。日本の富士山とほぼ同じくらいです。

今回私がトレッキングしたのはそのうちの一つのルートです。

アンダーバーグからガーデンキャッスルまでは、景色が良く、それなりに名の知れたドライブルートになっていますので、こちらもお見逃しなく!

アンダーバーグからガーデンキャッスルまでは、景色が良いドライブルート

以下、立ち寄れたら寄りたいおすすめのスポット。

Naverone Lake

ドラケンスバーグの麓にあるNaverone Lake

とあるロッジの敷地内にありますが、宿泊者でなくても入場できます。

ドラケンスバーグに麓に位置し、湖に反射するドラケンスバーグや木々がとても綺麗で心が現れる気分になります。空気もとても澄み渡っています。

撮影に使用したカメラ・レンズ

カメラ(ボディ)

 関連記事  【レビュー】α7IIIユーザーによる設定・レンズのブログ記事まとめ【作例付】

レンズ

 関連記事  【α7III】タムロン28-75mm F/2.8 Di III RXDは買い?【作例付レビュー】

 関連記事  【α7III】SAMYANG単焦点広角レンズ14mm F2.8は相性OK【レビュー】

 

以上、きたむ(wakajps)でした。

 関連記事  【ケープタウン】ライオンズヘッドで絶景を!ハイキング初心者もOK!

ABOUT ME
きたむ
アフリカではたらくフリースタイルジャパニーズ |三度の飯と写真|87年生の伊豆下田育ち→大学職員人事→ 南ア現地NGOでICT・マイクロファイナンスを軸に活動中|キリマンジャロ登頂|スマホ歴12年|旅行14カ国|仕事7カ国|<プロフィール詳細>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です