アフリカで一番背の高い「カールトン・センター」に潜入【ヨハネスブルグ】

大都会ヨハネスブルグの写真

南アフリカ共和国在住のきたむ(@wakajps)です!

アフリカの最高峰といえばタンザニアのキリマンジャロ(5,895m)。

一方で『一番背の高い建物』は、南アフリカ共和国ヨハネスブルグのカールトン・センター(Carlton Centre)。

カールトン・センターの最上階は、『Top of Africa』として知られていて、ヨハネスブルグの観光のスポットの一つとなっています。建物の高さは、223m(50階)。

きたむ
きたむ
ヨハネスブルグのパノラマビューを満喫できるスポット!

東京タワーやスカイツリーと比べてしまうと、高さ223m?そんなものか。。。と少し思ってしまいますが、アフリカの都市を一望することができる貴重なスポットなのです。

そんなカールトン・センターから眺めた、ヨハネスブルグの街並みをお届けしていきます。

カールトン・センターから眺める大都市ヨハネスブルグの街並み

夕方ラッシュアワー時のヨハネスブルグ
アフリカ最大の都市、ヨハネスブルグを一望できる
夕陽が差すヨハネスブルグの街並み
徐々に渋滞し始める道路
ヨハネスブルグのとある交差点
奥の方まで高層ビルが立ち並ぶ
右側に南アフリカ国旗柄の建物を発見
反対側では背の低い建物が並ぶ景色を見ることできた
きれいに区画された街並み
かつて「犯罪者の巣窟」と言われたポンテ・タワー
夕方は人や車が頻繁に行き交う

夕方6時まで営業をしているので、陽が落ちるまで滞在していれば夜景を撮影することができるかもしれません。大都市ヨハネスブルグの夜景、一度は撮影してみたいですね。

カールトン・センターの内観

コイン式の望遠鏡が設置されていた
どこか寂しい雰囲気を感じさせた

築40年以上経っていることもあり、廊下や壁はところどころひび割れていました。レストランらしきスペースもありましたが、しばらく使われていない様子。自動販売機は稼働していました。

私が滞在していた夕方は、他の観光客は3名程度。東京タワーやスカイツリーと比べると閑散した感じは否めません。

カールトン・センター(トップ・オブ・アフリカ)へのアクセス・行き方

カールトン・センターは、ヨハネスブルグのヒルブロウ地区のすぐ南に位置しています。

北側の入り口からセンターに入り、一階くだったあと東側に進んでいくと左側に『Top Of Africa』の表示が見えます。受付で入場料を支払うと奥のエレベーターを案内してもらえます。

公共の交通手段がないので、Uberを使って移動されることをオススメします。

UBER(ウーバー)
【割引コード有】海外在住者が旅行出張でUberをおすすめする5つの理由日本でも使用できるUber(ウーバー)ですが、特に以下の3つの理由から、海外旅行のときに使用をおすすめしたいです。海外旅行だけではなく、海外出張の際にもおすすめです! 早く安く移動できる ウーバーの一つの特徴は、これです。特に比較的近い距離(半径25km範囲内)の移動が必要な時に効果を発揮します。...

トップ・オブ・アフリカの入場料金

大人は15ランド。10才以下の子供は10ランドです。

トップ・オブ・アフリカの営業時間

平日9~18時
土曜9~17時
日曜9~14時

カールトン・センターに訪れるなら『ヒルブロウ地区』の街の様子も見てみよう

治安が悪い、危険度が高いと言われるヨハネスブルグ・ヒルブロウ地区の街の様子

ヒルブロウ地区は、治安が悪く危険な場所、犯罪が多い危険地帯として、インターネット上で取り上げられているエリア。出歩くことはおすすめしませんが、車で通過する場合、街の様子を見てみることができます。

私が実際にヒルブロウ地区に訪れたときの様子、現状については、以下の記事でまとめています。

治安が悪い、危険度が高いと言われるヨハネスブルグ・ヒルブロウ地区の写真
ヨハネスブルグで最も危険?ヒルブロウ地区の現状・街並みを解説|写真同じようにヨハネスブルグのヒルブロウ地区は、治安が悪く危険な場所、犯罪が多い場所として、インターネット上で取り上げられています。実際のところどのような街並み、雰囲気なのか、個人的に気になっていました。実際にヨハネスブルグのヒルブロウ地区に訪れる機会がありましたので、その街の様子を写真つきで紹介していきます。...

南アフリカ情報のあれこれ

観光・旅行の基本情報、よくいただくご質問をまとめました。

南アフリカ行き格安航空券

エクスペディア
JTB
Skyticket

 

南アフリカの格安ホテル

エクスペディア
agoda
Booking.com

Twitterやインスタグラムでも日々発信中です!

TwitterInstagram

ABOUT ME
きたむ
アフリカではたらくフリースタイルジャパニーズ |三度の飯と写真|87年生の伊豆下田育ち→大学職員人事→ 南ア現地NGOでICT・マイクロファイナンスを軸に活動中|キリマンジャロ登頂|スマホ歴12年|旅行14カ国|仕事7カ国|<プロフィール詳細>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です