【便利】SONY α7IIIにぴったりのアクセサリー周辺機器一覧【おすすめ】

【レビュー】α7IIIは初心者向き?購入する前に知っておくべき4つのこと

きたむ(wakajps)です。

今回の記事では、ミラーレス一眼フルサイズ機SONY α7III(7M3)用のアクセサリー、周辺機器を紹介していきます。

SONY純正だけでなく、他社(サードパーティ)製品も網羅してみます!

【α7III】液晶保護フィルム

ほぼ必須ともいえるアイテムですね。

傷がつきにくくなるのはもちろん、「傷の心配をしなくていい」心境になれるので精神が安定します。

いずれ中古として売る可能性があるとしたら、傷があるだけで数千円、数万円も買い取り価格が変わってしまいます。私自身、今のところ売り出すつもりはありませんが、可能性を踏まえて購入してすぐに貼り付けました。

【α7III】電池・バッテリー関連

予備バッテリー

α6000シリーズやα7IIと比較すると、α7IIIのバッテリー容量は大きく、長時間の撮影が可能に。

使い方にもよりますが、私の場合、一日中撮影していても途中でバッテリーがなくなることはありませんでした。

旅行など遠出して何日間も撮影する予定がある場合は、予備バッテリーがあると便利かもしれません。

バッテリー充電器(チャージャー)

α7IIIは購入したときにバッテリーの充電器が付属しないのが少々難点。

サードパーティー製のバッテリー充電器が安く入手でき、二つのバッテリーを同時に充電できるのでこれがかなり便利。

カメラ本体に直接つないで充電すると、端子の接触部分を痛めそうで不安なので、私も普段はこの充電器を使用しています。

【α7III】microSDカード

α7IIIはデュアルスロットに対応しており、microSDカードを二枚挿入することが可能。

大容量にこしたことはないですが、撮影したデータを喪失しないリスクヘッジのためにも、容量の小さめのものでもよいので、常時二枚挿入しておくことをおすすめします。

【α7III】グリップ

グリップを取り付けると、グリップ(ホールド)感が増し安定して撮影できるようになります。

このグリップ内にバッテリーを追加挿入することが可能で、撮影時間を延ばすことが可能。2つの電池の中で、まず残電量が小さい方を優先的に使用し、そのバッテリーが尽きた後、自動的に別の電池に切り替えられます。

【α7III】ホットシューロック

カメラに外部ディスプレイを設置する場合など、効果を発揮してくれます。

カメラがしっかり固定され、カメラの揺れや滑ったり揺れたりするのを防ぎます。

【α7III】スクリーンマットボックス

入光を防いでディスプレイを見やすくするためのアクセサリー。

陽が強い日など、ディスプレイが見にくいときに活躍してくれます。

【α7III】ブラケット(カメラケージ)

バッテリーの出し入れやモニターの開閉等カメラ自体の機能を妨げることなく、カメラ本体の保護をしてくれます。

底部、側面ともArca Swiss規格のベースプレートが採用されており、Arca-Swiss規格の三脚への着脱が容易に行えます。

【α7III】カメラケース

Amazonでも売れ筋のカメラケースで、クッション性があり、α7IIIにぴったりのサイズなので重宝しています。

GMの長いレンズを装着したままでは、しまりきらない可能性が高いので、収納するときはコンパクトなレンズに交換してあげる必要があります。SEL85F18やTAMRON A036のレンズサイズであれば、ほぼぴったり収納できます。

下はSONY純正のショルダーバッグ。

【α7III】ストロボ(フラッシュ)

サードパーティー製のフラッシュですがα7IIIでも問題なく使用できます。

純製品と比較して価格が圧倒的に安いのがメリット。とりあえずフラッシュを使った撮影にトライしてみたい人におすすめのアイテムです。

【α7III】三脚

特にこだわりがなければ、Amazonで安く購入できる上の商品がおすすめ。

私自身も使用しており、使用感などは下の記事で紹介しています。

 関連記事  【レビュー】α7IIIにぴったりのおすすめの三脚を紹介【格安×丈夫×軽い】

【α7III】無線レリーズリモコン

SONY純正のものは価格が高いのがネックですが、上のサードパーティーの商品は手の届きやすい価格です。

スマホアプリのPlay memoriesでもレリーズ機能を使うことができるようなので、まずはそちらを試してみて、購入を判断すると良いと思います。

以上、きたむ(wakajps)でした!

 関連記事  【レビュー】α7IIIユーザーによる設定・レンズのブログ記事まとめ【作例付】

ABOUT ME
きたむ
アフリカではたらくフリースタイルジャパニーズ |三度の飯と写真|87年生の伊豆下田育ち→大学職員人事→ 南ア現地NGOでICT・マイクロファイナンスを軸に活動中|キリマンジャロ登頂|スマホ歴12年|旅行14カ国|仕事7カ国|<プロフィール詳細>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!