【WordPress】外国語の迷惑スパムメール解決方法【コンタクトフォーム7】

【WordPress】外国語の迷惑メール解決方法【コンタクトフォーム7】

WordPress歴4年のきたむ(wakajps)です。

  • 海外から、外国語で迷惑メールが送られてくるのでブロックしたい
  • どうやらWordPressのプラグイン「Contact form 7(コンタクトフォーム7)」で作成して設置した「お問い合わせ」ページから迷惑メールが送られてきている?

上記の疑問にお答えします。

この記事は、「コンタクトフォーム7」を利用している方向けに、迷惑メールをブロックする方法を書いています。

海外から迷惑メールが送られてきてしまう原因とは?

WordPressでブログやサイトを制作している方で、「お問い合わせ」ページを設置している人は多くいると思います。(このブログにも設置しています)

そして、その「お問い合わせ」ページは、WordPressプラグイン「Contact Form 7」を使用して制作した方が多いのでは。

「Contact Form 7」はとても便利なプラグインなのですが、セキュリティの隙をつかれて、機械的に迷惑メールを送ってくる業者が無差別に迷惑メールを送ることができてしまっている状況なようです。

実際に、私のところにも外国語(英語やロシア語)で書かれた迷惑メールがたくさん届くようになってしまいました。(以下、スクショ)

きたむ
きたむ
一時間に何通も届くので、溜まったものではない、、、

と思っていたので、いろいろと解決方法を試行錯誤しました。

そして、簡単に実現可能な迷惑メール対策方法を発見。以下手順と方法を解説していきます!

コンタクトフォーム7の問い合わせフォーム経由で送られてくる迷惑メール対策

Googleの「reCaptcha」機能が最も効果あり

いくつかの方法を試してみましたが、Googleから提供されている「reCaptcha」機能を利用するのが、ベストな方法でした。

「reCaptcha」とは?

ウェブサイトの制限エリアへのアクセスを試みるボットからサイトを防御する仕組み。

「reCaptcha」を導入したことにより、一切スパムメールが届かなくなりました!

「reCaptcha」で迷惑メール対策をする手順

  1. 「reCaptcha」にアクセスして必要事項を入力して登録&APIキー取得
  2. WordPress上で「reCaptcha」を実装する
  3. プラグイン「Invisible reCaptcha」をインストール・有効化する
  4. プラグイン「Invisible reCaptcha」の設定をする
  5. 完了!

以下、それぞれの手順を解説していきます。

①「reCaptcha」にアクセスして必要事項を入力して登録&APIキー取得

まず、Google reCaptchaのサイトにアクセスして、右上に表示されている「Admin console」をクリックします。

①「reCaptcha」にアクセスして必要事項を入力して登録&APIキー取得

次に、以下に必要な情報を入力していきます。

ラベル任意のものでOK
reCAPTCHAreCAPTCHA v3
ドメイン登録したいサイトのURLを入力(入力例:google.com)

 

必要な情報を入力したら、あとは、「reCAPTCHA利用条件に同意する」にチェックを入れて、画面一番したの「送信する」をクリック。

送信が完了すると、以下スクショのように、「サイトキー」と「シークレットキー」が表示されます。

「サイトキー」と「シークレットキー」が表示されます

この「サイトキー」と「シークレットキー」は、プラグインの設定時に使うことになるので、このページは開いたままにしておきましょう。

②WordPress上で「reCaptcha」を実装する

WordPressの管理画面を開き、次の通り遷移します。

  • メニュー>お問い合わせ>インテグレーション

「reCAPTCHA」の「インテグレーションのセットアップ」をクリックすると、下の画面が表示されます。

「reCAPTCHA」の「インテグレーションのセットアップ」をクリック

先ほど、Google reCAPTCHAのサイトで取得した「サイトキー」と「シークレットキー」をそれぞれフォーム入力して、「変更を保存」をクリック。

③プラグイン「Invisible reCaptcha」をインストール・有効化する

「reCaptcha」をコンタクトフォーム7に適用するためにプラグインをインストールします。

WordPressの管理画面から、「Invisible reCaptcha」というプラグインを新規追加します。

「Invisible reCaptcha」というプラグインを新規追加

「Invisible reCaptcha」で検索すると、「Invisible reCaptcha for WordPress」で結果表示されます。そのプラグインをインストールし、有効化します。

④プラグイン「Invisible reCaptcha」の設定をする

次に、「Invisible reCaptcha」がコンタクトフォーム7で動作するように、設定していきます。

WordPressの管理画面メニューから「Invisible reCaptcha」を選択。

Your Site Key取得したサイトキーを入力
Your secret Key取得したシークレットキーを入力
LanguageJapaneseを選択
Badge PositionInlineを選択

以下の画面が表示されたら、上の項目を入力していきます。

WordPressの管理画面メニューから「Invisible reCaptcha」を選択

次に「Contact Forms」をクリック。

「Enable Protection for Contact Form 7」にチェックします。

「Enable Protection for Contact Form 7」にチェックします

 

これで「reCaptcha」をコンタクトフォーム7に適用することができました。作業は完了です!

「reCaptcha」が正しく適用されているか確認

「reCaptcha」が正しく適用されているか確認

問い合わせページを開き、「送信」ボタンの下に「reCAPTCHAで保護されています」と表示されていればOK!

reCAPTCHAを設置してから迷惑メールは届かなくなりました!おすすめです!

 

以上、きたむ(wakajps)でした。

ABOUT ME
きたむ
アフリカではたらくフリースタイルジャパニーズ |三度の飯と写真|87年生の伊豆下田育ち→大学職員人事→ 南ア現地NGOでICT・マイクロファイナンスを軸に活動中|キリマンジャロ登頂|スマホ歴12年|旅行14カ国|仕事7カ国|<プロフィール詳細>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です