南アフリカへの旅行で使える!ズールー語の基本的な挨拶とフレーズを紹介!

アフリカの田舎の男の子

南アフリカ在住のきたむ(wakajps)です。

南アフリカ共和国といえば、英語、コサ語、ズールー語、アフリカーンス語など、合計11言語の公用語を持つ国として知られています(別記事:南アフリカ共和国の公用語とは?世界で最も多い11言語を持つ彩の国)。

ズールー語話者かどうかを判別するのは難しいですが、南アフリカではズールー出身の人々の割合が多いことから、第一言語でなくてもズールー語を話せる人が多いです。

本記事では、「せっかく南アフリカに旅行に来たのなら現地語を使って見たい!」という方のために、ズールー語の挨拶やフレーズを紹介していきます。

ズールー語の基本的な挨拶を習得しよう!

ズールー族のナンパの様子

おはよう/こんにちは/こんばんは

時間帯関係なく一つのフレーズOKです。ただし、相手が単数か複数人かで言い方が異なります。

単数

Sawubona(サゥボゥナ)

複数人

Sanibonani(サニボゥナァニ)

親しい関係性の場合は、「Yebo!(Hi!)」で済まされることもあります。

お元気ですか?

英語と同じように「こんにちは」を言ったあとは、「お元気ですか?」と聞きます。

単数

Unjani?(ウンジャアニ)

複数人

Ninjani?(ニンジャアニ)

元気です(元気ですか?と聞かれた後)

「元気ですか?」と聞かれ「元気です」と答えるときのフレーズです。

単数

Ngiyaphila(ンギィヤピーラ)

複数人

Siyaphila(シヤピーラ)

おやすみなさい

おやすみなさいの場合も、相手が単数か複数人かで表現が異なります。

単数

Lala kahle(ララカヘ)

複数人

Lalani kahle(ララニカヘ)

語尾の”ヘ”は、thの発音に似ています。上下の歯で舌をはさみ、空気を吐き出すように発音します。

さようなら

ズールー語のさようならの表現は独特で、「自分が去る場合」「相手が去る場合」で表現が異なります。

単数

Sala Kahle(サラカヘ)※自分が去る場合

Hamba Kahle(ハンバカヘ)※相手が去る場合

複数人

Salani Kahle(サラニカヘ)※自分が去る場合

Hambani Kahle(ハンバニカヘ)※相手が去る場合

ありがとう

単数

Ngiyabonga(ンギヤボンガ)

複数人

Siyabonga(シアボンガ)

それぞれ語尾にkhulu(クール)とつけると、「ありがとうございました」と丁寧な表現になります。

ズールー語の発音を確認できる動画を紹介!

ズールー族男性の伝統的な衣装

ズールー語の発音のほとんどはローマ字読みで対応することができますが、クリック音(c,x,qなど)、hleの発音など、独特の発音を持っています。

上でカタカタ付きで紹介しましたが、カタカナ表記では表現しずらいのが正直なところ。動画を参考にして”音”で覚えることをおすすめします。

 

ズールー語はGoogle翻訳にも対応!

ズールー族の闘い方は槍投げ

ズールー語はGoogle翻訳にも対応しているので、フレーズに困ったときは、Google翻訳を使ってみるのもアリです。

「日本語からズールー語」ではなく、「英語からズールー語」のほうが精度が高いです。

南アフリカに旅行にきたらズールー語を使ってみよう!

ズールー族のスティックファイティング

ケープタウンやヨハネスブルグに来たら、ぜひズールー語で挨拶をしてみましょう!

実はそのあたりの地域出身の方の母語は、それぞれコサ語、ソト語だったりするのですが、基本的にズールー語も通じます。

経験上、Uberに乗ったときに「Niyabonga!(ありがとう)」と言ってみるだけで、だいぶ印象がかわりますよ!

Hamba kahle!

ズールー語とは?~クリックサウンドの発音を持つ南アフリカの民族言語~
ズールー語とは?クリックサウンドの発音を持つ南アフリカの民族言語青年海外協力隊として南アフリカ共和国で活動しているきたむ(wakajps)です。 突然ですが、ズールー語と呼ばれるクリックサウンド...
南アフリカ公用語『アフリカーンス語』の勉強方法と便利なツール
南アフリカの公用語『アフリカーンス語』おすすめ勉強・学習方法を紹介南アフリカ共和国の公用語の一つ、アフリカーンス語(Afrikaans)。アパルトヘイトを象徴とする言語としても知られています。本記事では、そのアフリカーンス語の勉強方法、学習で使えるツールを紹介していきます。書籍を使って学習することで、挨拶、単語、文法の基礎を身につけることができます。...
ABOUT ME
きたむ
アフリカではたらくフリースタイルジャパニーズ |三度の飯と写真|87年生の伊豆下田育ち→大学職員人事→ 南ア現地NGOでICT・マイクロファイナンスを軸に活動中|キリマンジャロ登頂|スマホ歴12年|旅行14カ国|仕事7カ国|<プロフィール詳細>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!