【両替不要】タンザニアのクレジットカード事情を徹底解説【ATM最強】

【両替不要】タンザニアのクレジットカード事情を徹底解説【ATM最強】

きたむ(wakajps)です。

 

タンザニアにいくんだけど、クレジットカードは使える?

タンザニアシリングへの両替はどうしたらいい?

 

こういった疑問にお答えします。

南アフリカ滞在中にクレジットカードを使う癖がしっかりとしみついた私が、タンザニアのクレジットカード事情を解説します。

タンザニアへの観光・旅行、出張、ボランティア(青年海外協力隊など)の際に、役立てていただける内容だと思います。

先に結論
  • 通貨はアメリカ(US)ドル、タンザニアシリング
  • グレードの高いホテル、レストランではクレジットカード使用可(VISAが最強)
  • 日本→USドル→タンザニアシリングの現金両替は二度手数料を取られる
  • クレジットカードを使って現地ATMで現金引き出し(キャッシング)が可能(おすすめ)
  • 少なくとも二枚、できれば三枚以上のクレジットカードを持っていく
  • 海外保険が付帯しているとさらに◎(エポスカード三井住友VISAカードなど)

それぞれの理由を深堀りして解説していきます。

私が実際に滞在した、タンザニアのモシ、ダルエスサラーム、ザンジバルの情報です。それより、田舎の地域ではあてはまらないケースもありますので、あらかじめご了承ください。

【タンザニア】クレジットカードが使えるお店は少ない

  • グレードの高いホテル、レストランではクレジットカード使用可(VISAが最強)
  • 海外保険が付帯しているとさらに◎(エポスカード三井住友VISAカードがおすすめ)

クレジットカード決済できるお店はそこまで多くないのが実態ですが、外国人が訪れるレストラン、お土産屋さんでは、クレジットカード決済可能なお店もありました。

マスターカード、アメリカンエクスプレス(アメックス)よりも、VISAカードがベストです。

というわけで、タンザニアでは現金(キャッシュ)を持っていた方が良いのは間違いないですが、どのように両替するのがベターか解説していきます。

【タンザニア】両替はどうしたらよい?

ダルエスサラーム国際空港内。外に出るとATMがある。ダルエスサラーム国際空港内。外に出るとATMがある。
  • 通貨はアメリカ(US)ドル、タンザニアシリング
  • 日本→USドル→タンザニアシリングの両替は二度手数料を取られる
  • クレジットカードでキャッシング可能なATMがある【おすすめ】

多くの人が日本でUSドルに両替、タンザニアに持参し、現地でタンザニアシリングに両替する人が多いのではないでしょうか。

USドルを持参して現地でシリングに両替する方法は、確実ではあります。ですが、二度両替をおこなうことになるので、二度も両替手数料を取られてしまいます。

間違いではないですが、知らずに両替をしていると手元に残る現金が思っていたより少ない!なんてことも。

タンザニア旅行ではクレジットカードでキャッシングがベター

南アフリカ在住者が教える『南アフリカのクレジットカード事情』

タンザニアをはじめとする海外では、日本と比較すると治安のリスクがあります。持ち歩く貴重品をできる限り減らす努力をすることをおすすめします。

クレジットカードを使うことで、盗難のリスクを減らす、万が一、盗難されても被害を最小限に抑えることができます。

カードを盗難されても、一時的に使用ストップをかけることにより、被害を抑えることができます。

国際キャッシュカード付きのクレジットカード、デビットカードであれば、現地ATMで現金を引き出すことができます。

タンザニアのATMで国際キャッシングできた場所(確認済)

ザンジバル・ストーンタウンのマーケットザンジバル・ストーンタウンのマーケット

国際キャッシュカードに対応しているATMも見受けられ、日本のクレジットカードでタンザニアシリングをキャッシング可能です。

ダルエスサラーム

街中、ダルエスサラーム国際空港

ザンジバル

フェリー発着場付近、ストーンタウン中心部

モシ(キリマンジャロ付近)

モシ市内、キリマンジャロ国際空港

ATMの場所を調べるには?

タンザニア・ザンジバルのATM場所

GoogleマップでATMの位置を特定可能。

Googleマップで「場所名+ATM」を検索すると、ATMの位置を調べることができます。(要:英語で検索)

>>例:Googleマップ「Zanzibar ATM」

 

都市部、観光地であれば、それなりの数のATMがあるので、国際キャッシングは便利ですね。(滞在中は私も頻繁に利用しました)

少なくとも二枚、できれば三枚以上のクレジットカードを持っていこう

たくさんの現金を持ち歩く必要がないメリットがあるクレジットカード。

一方で、ATMにクレジットカードが吸い込まれる、盗難されるなどのリスクもなくはないです。

なので、リスクヘッジのためにするために、少なくとも二枚、できれば三枚以上のクレジットカードを作ることをおすすめします。

二枚目や三枚目に作るクレジットカードとして、おすすめなカードを紹介します。

海外旅行保険が付帯したクレジットカードがおすすめ

南アフリカで使用できるクレジットカード/デビットカードの種類は?

観光・旅行目的の渡航であっても海外旅行保険にはいることを強くおすすめします。

とはいっても海外保険に単体に申し込みと、滞在日数にもよりますが、数千円の料金がかかります。

費用を抑えて節約して渡航したい場合は、海外旅行保険が付帯したクレジットカードを使用するのがよいです。新規入会することにより、ポイント還元やキャッシュバックによってオトクに観光することも可能。

カードの会社(種類)は、Visa一択です。タンザニアでは、Mastercardだけ使えるというお店は、経験上見たことがありません。

予備を含め最低二枚のVisaクレジットカードを持参することをおすすめします。

海外旅行保険が付帯したおすすめのクレジットカードは下の二つ。

エポスカード(Visa)

  • マルイはもちろんVisa加盟店でポイントが貯まる
  • 年会費永久無料で、学生や若い人が初めて持つカードとしても人気
  • 年会費無料で海外旅行保険が自動付帯

インターネット経由の新規入会で最大5,000ポイントのポイント還元があるのもうれしいですね。

エポスカードの詳細

三井住友VISAカード

  • 国内最大手の三井住友カードなので信頼と実績あり
  • WEB申込は初年度年会費無料(※翌年度以降も割引特典あり)
  • 海外旅行傷害保険(最高2,000万円)ショッピング補償(最高100万円)あり

こちらはなんと、新規入会で最大10,000円のキャッシュバックつき。これでおトクに旅行ができてしまいます。

三井住友VISAカード詳細

さいごに

治安が心配される地域では、できる限り現金の両替は少なめにして、持ち歩く現金も少額にしたほうが◎です。万が一、盗まれてしまったら精神的なダメージが大きいです。

タンザニアで心配な要素を減らして快適に観光・旅行を楽しみたいのなら、やはりクレジットカードは必須

海外旅行保険が付帯したクレジットカードでおトクに賢くショッピングを楽しみましょう!

ABOUT ME
きたむ
アフリカではたらくフリースタイルジャパニーズ |三度の飯と写真|87年生の伊豆下田育ち→大学職員人事→ 南ア現地NGOでICT・マイクロファイナンスを軸に活動中|キリマンジャロ登頂|スマホ歴12年|旅行14カ国|仕事7カ国|<プロフィール詳細>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です