【レシピ紹介】南部アフリカのローカルフード!モパネワームを食べてみた。

南部アフリカで食べられる芋虫モパネワーム

南アフリカにいます、きたむ(wakajps)です。

テレビやインターネットで『芋虫や昆虫を食べる人たちがいる』というのはなんとな~く、聞いたことがありますよね?(世界まる見え!とかでやってそう)

な、なんと、私のいる南アフリカ共和国でも、芋虫を食べる習慣があったのです!(南ア滞在二年目にして知りました。)

この記事では、その芋虫・毛虫の画像を含んでいるので、虫が苦手な方は閲覧注意です。

いざ!実際にいもむし(モパネワーム)を食べてみた

私の目の前にでてきたときには、モパネワームたちは上の状態になってしました。

モパネワームたちは生きたままではなく、乾燥したこの状態で露店で売られているそうです。モパネワームの第一印象は…

きたむ
きたむ
ぜったいに食べたくない…!!

アフリカにきて1年以上経ちますが、実は虫は”大”がつくほど苦手なのです。中でも蛾が苦手。蛾になる幼虫なんて『だ、だれが虫なんて食べるか―!!』と思いましたが、安心してください。

きたむ
きたむ
結果、食べました。

これ絶対苦手なやつ….と思っても、面白そうなこと、楽しそうなことはやってしまう性なのでした。

アフリカで食べられる食用の毛虫、モパネワームの味は?

南アフリカ・リンポポ州にいるyuさん(@ukeytgl)からの事前情報で、『味は、煮干しの味です!』と聞いていました。

煮干しといえば、大学生のとき金欠状態になったらよく煮干しを食べていたことを思いだし、なんとなく食べれそうな気に。

あとは、見た目がやっぱりアレなので、ノールックで食べてしまえば、煮干しを食べたことにできるんじゃないかと自分に暗示をかけはじめる。

きたむ
きたむ
そして、いざ実食っ!!

おそるおそる、食べても差し支えなさそうなモパネワームをセレクトし、ゆっくりとつまみ上げる。モパネワームとご対面の瞬間である。ただし、私はノールック。これですべての準備が整った…!

きたむ
きたむ
いただきます…!

まずは、先端のほうをかじってみた。これまでの経験上、核となる部分は中心に寄せられているはずなので、中心から離れている部分は害が少ないはず、そう察した。

手で触った感触のとおり表面は固い。そして、心配していた”中身”も外側と同じように固い食感だった。そして、心配していた味は、本当に煮干し。

このとき、まだモパニワームをまだ1cmほどしか食べていなかったので、もう少し食べてみよう!と決意。そして、その瞬間、今食べているものは、『芋虫だ!毛虫だ!わー!!』とフラッシュバックし、モパネワームとの闘いはここで終了。

モパネさんはティッシュに包み込まれました。

南部アフリカに生息する食用の芋虫?モパネワームとは?

そもそも自分はどんな毛虫を食べたんだ!?というわけで、モパネワームの基本情報を調べてみました。

モパネワームとは?

モパネワーム(Mopane worm) は南部アフリカに分布する学名 Gonimbrasia belina で知られるヤママユガ科のガの幼虫。南部アフリカではきわめてポピュラーなタンパク源である。

引用:Wikipadia

きたむ
きたむ
ポピュラーなタンパク源である…!

『タンパク質を摂取するなら、肉を食べればいいのでは!?』というツッコミはさておき、成虫となった様子を見てみましょう。(閲覧注意)

きたむ
きたむ
はげしく悶絶。

蛾が苦手な人間としては、この大きくて少しもこもこしていそうな蛾は大の苦手な部類にはいります。幼虫の状態とどちらがいいかって?ん~、どちらも勘弁ですね~…!(白目)

モパネワームの分布・生息地は?

モパネワームは、アフリカ大陸の南部の地域、モザンビーク、マラウイ、ジンバブエ(南部)、南アフリカ共和国(北部)、ボツワナに生息しています。

私が住んでいる南アフリカのクワズールナタール州(南部)では、一年以上住んでいますが、見かけたことはありません。

南アフリカ人(ズールー)の同僚にモパネワームについて聞いてみたところ、ズールーではモパネワームを食べる習慣はないとのこと。むしろ、ズールーの同僚は、気持ち悪がって幼虫の写真を直視しないほどでした。

日本でいうと、イナゴをよく食べる地域があるのと同じような感じかもしれません。

南アフリカでは、北部にあたるリンポポ州、ムプマランガ州(ベンダ族、ツォンガ族)のエリアで食べられているそうです。

きたむ
きたむ
私の住むエリアでは、食べる習慣がなくて本当によかった….

たんぱく質が豊富なモパネワームは、高値で取り引きされる重要な”商売道具”?

もともと、モパネワームは、以前はモパーンの森林の範囲内で発生している農村地域の主な食糧源であったが、現在は南アフリカで広く食べられており、重要な取引商品となっている。 モパネワームが失われた場合、栄養価の高いタンパク質の主要な供給源は、人類や生物多様性にとっても同様に失われる。

貴重な商品を生み出す種があれば、過剰利用の危険がある。 現在、搾取が増えた結果、幼虫の量は減少しています。 将来的には、モパネの木を播種することによってこの種を養殖することが可能であり、収穫のためのより豊富な存在を可能にする。 しかしながら、これを行うための方法を開発し、それに続く環境上の結果を評価するためには、まず研究が必要となるだろう。

引用:SANBI

きたむ
きたむ
栄養価の高いモパネワームは、重要な商売道具になり得ますね。現地の物価での比較的高い値段で売られているようです。

それでは最後に、モパネワームの料理方法を紹介したいと思います!

モパネワームの調理方法を紹介するよ!マドラ~モパネワームのピーナッツバター和え~

マドラは、ジンバブエでよく食べられる料理の一つ。具材の主役はもちろんモパネワームですね!

作り方・レシピ
  1. ピーナッツバター(3さじ)、タマネギ(1/2みじん切り)、モパネワーム(250g)などのを準備。
  2. 沸騰した水(500 ml)、塩(2さじ)、酢(90 ml、白酢)に約2時間、モパネワームを浸す。
  3. 2時間後、排水し、モパネワームをボウルに移す。 少し水を加え、鍋を閉じて5分間煮込む。
  4. 鍋に油を入れて、タマネギと醤油(1 tsp)をくわえ、1分炒める。
  5. モパニワームをポットに戻し、時々かき混ぜながら約3分間炒め、 ピーナッツバターを加えて混ぜる。

引用:ZimboKitchen.com

モパネワームを使った料理、いかがでしょうか。

私が食べたのは、フライパンで焼いて乾燥したモパニワーム。これでも味を気にせず十分に食べることができますが、においや見た目が気になる方は、調理して召し上がってみてもよいかも!?

あの有名ブロガーのイヤダハヤトさんもモパネワームを食べたことがあるようですね…!(イケダハヤトさんnote:ボツワナから食用の毛虫「モパネワーム」が届いたので食べたよ。

 

おしまい

インド文化からやってきたカレー系「バニーチャウ」
【飯テロ注意】南アフリカで有名な食べ物・グルメを写真つきで解説!!南アフリカ共和国の現地NGOで活動しています、きたむ(wakajps)です。 南アフリカの有名な食べ物っていうと何が思いつきま...
ABOUT ME
きたむ
アフリカではたらくフリースタイルジャパニーズ |三度の飯と写真|87年生の伊豆下田育ち→大学職員人事→ 南ア現地NGOでICT・マイクロファイナンスを軸に活動中|キリマンジャロ登頂|スマホ歴12年|旅行14カ国|仕事7カ国|<プロフィール詳細>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!