ライセンス版からOffice 365に移行(導入)するメリットとデメリット

ライセンス版からOffice 365に移行(導入)するメリットとデメリット

きたむ(wakajps)です。

ライセンス版などからOffice 365を導入するときに考えたいのが「切り替えたらどんな恩恵・メリットがあるのか」ということ。

メリットだけではなくデメリットになる部分もあるので、これもしっかり確認しておくとよいです。

Office 365を導入する(切り替える)メリット

Office 365を導入する(切り替える)メリット
  • どこでも仕事ができるようになる
  • コラボレーション(同時編集)が容易
  • いつでも最新バージョンを使用可能
  • セキュリティ機能

どこでも仕事ができるようになる

Office 365はインターネット上で動作するので、場所を問わず作業することが可能になります。リモートワーク、支店がわかれていたり、業務出張が多い場合に効果を発揮。

コラボレーション(同時編集)が容易

みんなで共有したいスプレッドシート、プレゼンテーションを同時に編集することができます。リアルタイムで変更箇所が反映されるので、プロジェクト業務にも向いています。

ファイル共有も容易なので、いちいちメールでファイルを送る手間が省けそうです。

いつでも最新バージョンを使用可能

組織に置かれているソフトウェアのバージョンが異なると互換性があわずトラブルになるケースもあります。Office 365では常に最新のバージョンが提供されます。

セキュリティ機能

機密情報等のファイルを保護するため、セキュリティコントロールすることが可能。許可なく情報にアクセスされるのを防ぎます。

Office 365を導入する(切り替える)デメリット

Office 365を導入する(切り替える)デメリット
  • インターネットが使えない場合、不都合が出る可能性
  • サブスクリプションベース(定額固定料金)
  • ラインビジネスアプリケーションとの互換性
  • 機能の変更に対応する必要性

インターネットが使えない場合、不都合が出る可能性

インターネットを使うことでメリットがある一方で、インターネットが使えない状況に陥ると満足に機能を使うことができなくなる恐れがあります。

特に、Web版のワード、エクセル、そして、クラウドで稼働しているExchange、OneDrive、Lyncに影響がでるとのことです。

サブスクリプションベース(定額固定料金)

新しいバージョンがリリースされたかどうかや、実際にユーザーがどれくらい使用したかに関わらず、コストが発生します(有料版の場合)

ラインビジネスアプリケーションとの互換性

常に最新のバージョンのOfficeプログラムにアクセスできるというメリットの一方、基幹業務アプリケーションが常に互換性があるとは限りません。

アップグレードする前に、重要なアプリケーションとの互換性を確認しておく必要があります。

機能の変更に対応する必要性

常に最新のバージョンにアクセスできるメリットがありつつ、Office 365の機能は頻繁に変更されるため、操作を覚えたりするのに苦労する可能性があります。

まとめ

ライセンス版からOffice 365に移行(導入)するメリットとデメリット

以上、ライセンス版からOffice 365に移行(導入)するメリットとデメリットをまとめました。

メリット
  • どこでも仕事ができるようになる
  • コラボレーション(同時編集)が容易
  • いつでも最新バージョンを使用可能
  • セキュリティ機能
デメリット
  • インターネットが使えない場合、不都合が出る可能性
  • サブスクリプションベース(定額固定料金)
  • ラインビジネスアプリケーションとの互換性
  • 機能の変更に対応する必要性

コストだけではなく、現行の運用、課題を洗い出して検討するのがポイントだと思います。

 

以上、きたむ(wakajps)でした。

ABOUT ME
きたむ
アフリカではたらくフリースタイルジャパニーズ |三度の飯と写真|87年生の伊豆下田育ち→大学職員人事→ 南ア現地NGOでICT・マイクロファイナンスを軸に活動中|キリマンジャロ登頂|スマホ歴12年|旅行14カ国|仕事7カ国|<プロフィール詳細>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!