Eマウント用レンズ

【α7IIIレビュー】星空撮影のおすすめ設定とレンズ【作例・サンプル付】

α7IIIで星空撮影した作例・サンプル

α7IIIユーザーのきたむ(wakajps)です。

 

α7IIIで星空を撮影したいんだけど、どういう設定にしたら良い? or どのレンズを使ったら良い?

 

こういった疑問にお答えします。

この記事ではα7III(ILCE-7M3)ユーザーの私が星空撮影の方法を作例付きで紹介します。

α7III(ILCE-7M3)で星空撮影するために準備するもの・機材

α7IIIで撮影するために準備するもの

星空撮影用の機材を揃えてあげる必要があります(特にレンズがとても重要)。

α7III(ILCE-7M3)で撮影するための設定

α7III本体の設定

α7III本体の設定
  • マニュアルモードで撮影
  • ISO感度は800~5000の範囲(その時の明るさによって微調整する)
  • シャッタスピードを遅くする(15~30秒)
  • 写真データをRAWで保存する

星空をいくつか撮影してみて、あまり星が映らない場合はISO感度をあげます(あげすぎるとノイズが出てしまうので注意)。

SAMYANG 単焦点広角レンズの設定

SAMYANG 単焦点広角レンズの設定

レンズについている絞りで調整します。

  • 焦点は∞
  • F値は2.8~4.0

α7IIIで星空撮影した作例・サンプル

α7IIIで星空撮影した作例・サンプルISO 5000、シャッタースピード30秒

 

α7IIIで星空撮影した作例・サンプルISO 4000、シャッタースピード30秒

 

α7III(ILCE-7M3)で星空撮影した作例・サンプルISO 2000、シャッタースピード30秒

 

α7III(ILCE-7M3)で星空撮影した作例・サンプルISO 2000、シャッタースピード30秒

 

α7III(ILCE-7M3)で星空撮影した作例・サンプルISO 2000、シャッタースピード30秒

星空を撮影したけど、うまく星が写らない場合

レタッチ(加工)してみる

星空がくっきり撮影できない、もっとはっきり写したいという場合は、加工ソフトで写真をレタッチしてみるのもアリですね。

パソコンの写真レタッチソフト「Photoshop」を使うと星をはっきり表示できます。

星空撮影はレンズが重要

記事で使用したSamyangのレンズは超広角、明るく撮影できるため星空撮影にぴったり。何よりもSONY純正のレンズより数倍も安く入手できます。

星空だけではなく、迫力のある風景も撮影できるのも大きなメリット。

値段の分、SONY純正レンズよりもクオリティは落ちますが、個人で楽しむ分なら、ぜひ一本持っておきたいおすすめのレンズです。

 関連記事  【α7III】SAMYANG単焦点広角レンズ14mm F2.8は相性OK【レビュー】

ピントが合わないとき

暗所では、AF(オートフォーカス)を使ってピントを合わせることは至難の業。

あわせることができても、自動的にフォーカス設定が変わってしまうので、一度ピントをあわせても、すぐにズレてしまうことがあります。

そんなときは、マニュアルフォーカスモードを使用して、星にピントを合わせましょう。

α7III(ILCE-7M3)の関連ブログ記事

α7III(ILCE-7M3)関連のレビュー記事が蓄積されてきたので、以下のブログ記事でわかりやすくまとめました。

レンズやカメラ設定の参考になれば幸いです。

 関連記事  【レビュー】α7IIIユーザーによる設定・レンズのブログ記事まとめ【作例付】

 

以上、きたむ(wakajps)でした!

 

 関連記事  【収益報告有】初心者カメラマンが写真で稼ぐ方法を解説【ネット販売】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です