Tanzania

【3/6日目】世界七大陸最高峰!アフリカ・キリマンジャロ登山に挑戦

きたむ(@wakajps)です。

2日目(【2/6日目】世界七大陸最高峰!アフリカ・キリマンジャロ登山に挑戦を終え、キリマンジャロ登山、3日目。

3日目は、Shira2キャンプサイト (3,840m) →Lava Tower (4,630m) →Barancoキャンプサイト (3,950 m)と約6時間かけて移動。一気に標高が上がるので少しドキドキ。

起床~出発

この日も、ポーターに声をかけられ目を覚ます。用意されたぬるま湯で顔を洗い朝食を済ませる。

元気はあるものの段々と食欲が減ってきた。

高所や寒さが原因と思われるが、エネルギーを摂取するため、がんばって胃袋に詰め込む。メンバーの口数も減ってきてはいるが、話せばそれなりに元気がでた。こういうときに笑って話せるメンバーが一緒にいるのは心強いと思う。物理的な暖をとることができても、心まで暖まるためには人が必要、と常々思う。

高山病対策として、水分補給がとても大事だった。キリマンジャロ登山中は、一日2リットルの水を飲むことが推奨されていた。朝食後に、水筒に水を補給しておくのがルーティンになっていた。ガイドたちも丁寧に「水は必要か?」と何度も確認してくれた。

この日は昼食として、ランチボックスを持たせてくれた。どうやらお昼に通過するところは、調理不可な場所らしい。

3日目。出発!

この日は、午前中で約1km近く標高が上がるため、高山病や体力の不安から、メンバーはやや緊張気味に出発。

この日は大きめの岩が転がっている道を避けながら歩いて行った。歩く場所は粒の細かい砂利道なので歩きやすかった。

天気にも恵まれ、歩いていて気持ちが良い。

標高4,600mのLava Towerに近づいてくると、キボハット(キリマンジャロ山頂)が雲間から見え始めていることに気が付いた。目標地点に段々と近づいてきている。

ただし、見えている部分は山頂を目指すルートではないため、一度下る必要があり、一日かけて別の地点に回り込む必要があった。目的地はすぐそこに見えるのに、まだまだ歩く必要があるということを知り、やや気が重くなった。

Lava Towerに到着、そしてハプニング発生

と、思いきやハプニングが発生。

メンバーのうちの一人のトレッキングシューズの底がベロベロに剥がれてしまっていた。ガイドたちが裁縫道具で直そうとするもなかなか修復できない。結局、他のポーターのシューズと交換使用することになった。靴ズレのリスクなどを考えると望ましくないけれど、やむを得ない判断だったように思う。

ポーターたちが、先に到着し、テントを用意してくれていたため、到着後スムーズに昼食をとることができた。体温をあげるためか、このあたりの食事からジンジャークッキーが頻繁に出てくるようになる。

あまり時間はないため、1時間程度休んだところで出発。

 

午後は下り道だけと思いきや….!

標高を1,000m近く下がるため、基本的に下り坂。

が、目的地のキャンプサイトの手前が谷のようになっていて、急な坂を下りつつ、そのあと心臓破りの坂とも言える急傾斜な坂を登る。これが予想以上に体力を消耗させた。

そして、目的地であるキャンプサイトに到着。

昼寝をしてゆっくり過ごし、夕食を食べてすぐに就寝。

あわせて読みたい
【4/6日目】世界七大陸最高峰!アフリカ・キリマンジャロ登山に挑戦きたむ(@wakajps)です。 キリマンジャロ登山、4日目に突入。この日は、Baranco キャンプ(3,950m) → Bar...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!